大先生のレッスン 

2008年04月22日(火) 18時29分
今日は、3時半から大先生のレッスンでした♪

道が凄く混んでて、間に合わないかと思った…

送ってもらったんだけど、途中から車を降りて、猛ダッシュ!!

ジーパンの上に腹が乗っかって…(ノ_-、) グス

気付かず、スゴイ格好で走ってました…

おかげで、レッスンが始まる前から汗だく&足がガクガク…


すごく緊張したけど、有意義な1時間半でした♪


最後に次に習う曲を、大先生が踊ってくれました

あんなふうに踊れる日がいつかくるのかな…


そして!!

上級者クラスの方に、このブログを発見されました(゜∀゜)アヒャ

「まろちゃんのブログ見つけちゃった( ̄ー ̄)ニヤリッ 」

って(゜∀゜)アヒャ

「この人、フラのこと書いてる〜って思って、だんだん読んでいくうちに、まろちゃん?って思って♪」

ってさわやかに発見報告を受けました(゜∀゜)アヒャ

知ってる人に見られてると思うと、なんだか気恥ずかしいですが…


この記事も読んでるかな??

コメントしてってくださいね〜♪

【道36】日本人の好きな写真 

2008年02月15日(金) 3時26分
Flckrで写真を公開するようになって、ある程度Explore(要はその日の500位以内、Flckrには一日あたり20万以上の写真がアップされているらしい)に入るようになってから、ずっと抱えている悩みがある。

オレの写真は日本人に好まれない

のである。なぜかCommentやfavを付けてくれる日本人は極わずか。外国人は気軽に付けてくれるのに。
ハッキリ言って、さびしい。

この悩みを打ち明けたところ、Flckrs meet-upでお会いしたsato-mi嬢は、「日本人はシャイだから」と言った。一理はある。
だがオレは日本人Flckrsというグループに時々投稿するし、profileにも英語だけれど、ハッキリ大阪生まれであると書いている。

どうやら日本人とわかっていて、commentやfavを付けていないと思われる。当然ながら、日本人だから必ず付けてくれる分けではないが。

Fは外国人に評価されることを前向きに捉えて、「外国に行って写真やったほうがいいかも」と言った。
酔ってはいないだろうが酒が入ってるときの言葉だし、だいいち悩みの解決にはならない。

しぜん、行き着くのは、オレの写真は日本人に好まれないという結果論と、その前提として、『日本人が好きな写真』と『外国人が好きな写真』は異なるのではないか、という仮説がオレの中で頭をもたげるのだ。
で、至極個人的に検証するために、利用者がamanaのフォトログを使ってみた。結果は散々だった。

オレの写真の腕を棚にあげ、宣伝活動をほとんどしていないことを差し引いても、あんまりの結果だ。

自信過剰でもなく、喪失するわけでもない。弱音でもなく、強がりでもなければ、虚言でもない。


ひとつ論を唱えるとすれば、日本人は感情で写真を評価する人が大多数なのではないだろうか。
もっといえば、共感できる、あるいは自己を投影できる写真を好むのではたいだろうか。
写真に添えられた詞が心を揺さぶるのはなぜだろうか。


日本人は写真の良し悪しに好き嫌いを同軸にしていて、評価基準として好き嫌いを優先するのだろうか。

それが悪いと言いたいのではない。ましてや、今までのオレの写真を評価してくれなんて思わない。

ただ、知りたいだけだ。
日本人が好きな写真というものを。

狂人のお部屋・・・ 

2008年02月07日(木) 13時57分
え―――――;;


私の部屋で御座います。笑('д’○)

あなたは 

2008年01月21日(月) 6時18分
あなたは神の深さを見抜くことができようか

全能者の極限を見つけることができようか

それは天よりも高い

あなたに何ができよう

それはよみよりも深い

あなたが何を知りえよう



日本聖書刊行会  新改訳  ヨブ記 11章7節・8節

疲れてしまっている。 

2008年01月15日(火) 8時03分
なんだか疲れてしまっている。

久々に会った友人のテンションが高く見えてしまった。

おもわず、

「テンションたけーなー」

って言ってしまった。

彼のテンションが高いのではなく、

僕のテンションが下がっていた、

その時きづいた。

毎日をこなしている。

バイト、

バイト、

勉強と、

時間をそれなりにだけどちゃんと使ってる。

でも、

時間をちゃんと使っていたとして、

僕はやはり自分を軽く見失いぎみだった。

あれ?僕はどんな感じで彼と話していたのかな?

そんなことすら思ってしまった。

僕は変わってはいないけど、

忘れてしまうのだ。

時々自分自身を。

その忘れた自分に戻そうとした時、

しんどい。

そして、

自分は疲れてるんだなー、

と、

やっときづける余裕ができる。

はあー、

そんな自分が嫌だけど、

ある種「慣れ」というモノは本当に怖い。

環境のせいにしなくはないけど、

前みたく、

遊んだり、楽しんだりする、

時間と体力と気力がない、

と自分の中で思ってしまうのは、

まぎれもない事実であり、

そういう考えは、

僕が自分を忘れることなんかなかった頃、

絶対したくなかった考えである。

まったく…、

自分はたいしたことないと、

つぐつぐ痛感してしまう。

キープな男 〓11 

2008年01月05日(土) 19時52分
打ち合わせが終わり、二人は家へと侵入を開始した。
表玄関と裏口はとても頑丈な扉で出来ていたため、大人1人が通れる通気口から入った。

ミコト:「工場なだけに広いわね、今何処を通ってるのかしら?」
ナツミ:「通気口は全ての部屋に繋がっているからけんを探し出すのは難しいわ」

二人は黙々とけん達がいる部屋を探した。
が、長時間の間通気口の中での捜索は二人の体力を奪っていったのだった。

ナツミ:「この体勢本当にキツイわ!」
ミコト:「一度何処かの部屋に入りましょ?このままじゃこっちがもたないわ…」

ミコトは近くにあった通気口のフタを開け、二人は暗い部屋の中へと降りた。
その部屋は薄暗くドンヨリとした雰囲気を漂わせていた。

ナツミ:「何よこれ?薬品?」
ミコト:「ここにはベットがあるわ!…何の部屋かしら?」
ナツミ:「ちょっとこれ見て!部屋の見取り図よ!!」

見取り図は丁寧に手書きで書かれていた。それは松竹チエコの字だった。

ナツミ:「この部屋は…あった!、ここは手術室って書いてある」
ミコト:「あの先生こんな趣味があったとは…ゾッとするわ…」

ナツミ:「別な作戦でいくわよ!私は変電室に行くからミコトは先生の部屋に向かって!!」
ミコト:「わかった!着いたら連絡する」
ナツミ:「あとトラブルや分かった事があったらそれも連絡して」
ミコト:「うん、ナツミも気をつけて」

二人は部屋を出てそれぞれの向かう場所へ走り出した。

                続く

◇◇爆音響かせてやって来たのは◇◇ 

2007年12月18日(火) 22時30分
昨日昼過ぎ奥さんの不在をいい事に



ビールを飲んでいい気持ちになっていました。



するとブォンブォンと言う音が近づいてきました




やかましいなあと思いながらも、一寸ええ音やなあとも思っていました




家の前でエンジンの音がしなくなりました。



ひょっとしてとおもって出てみると



やっぱりいました元ヤンキーのニーちゃんが2人




1台は先日紹介したCBX400F,もう1台はカワサキZ400GP



どちらも30年近く前の名車やそうです




CBのほうは前回からマフラーとシートを変えてあります



カワサキのほうも錆び錆びの車体を磨き上げてそらもーピカピカ




エンジンカバーのモリワキのロゴがええですな〜〜




炎天下で小1時間バイク談義に熱中しました



へそくりを貯めて私のリトルアメリカンもマフラーとウインカーを



変えてもらおうと思っています。



一寸気になったのは微妙にめくれたナンバープレート



特にCBの方は。。




本人いわくこの角度が一番ダウンフォースを受けるんですと...




ホンマかいなと思いましたが、警察やないしま〜〜ええか。



しかしエエオッサンが無邪気になるモンですな〜〜。。。バイク洗おっと。。。

USBメモリー! 

2007年12月12日(水) 16時10分
みなさん、こんばんは!



以前紹介したカロッツェリアのキャンペーンで応募したUSBメモリーが届きました。







Carrozzeriaのロゴ入りUSBメモリーです。



あまり使いませんが、タダでもらえるのはウレシイものです。







ブログランキングにご協力お願いします。(文字をクリックしてください。)

世界柔道二日目--ランスになるな,王になれ。 

2007年12月07日(金) 11時39分
世界柔道二日目。泉選手,塘内選手,岡選手はメダルなし。谷本選手が銅メダル。

泉選手は肩車にいこうとしたところを上手く身体を合わされた。文句なく技有りの負け。本人は負けた気がしないとのことだったが,負けている。塘内選手については,解説の篠原先生が厳しかった。岡選手は初めての舞台で上手く身体が動かなかったとのこと。巻き返しに期待したい。

さて,谷本選手。言うまでもなく,一本を狙う豪快な柔道でアテネを制した平成の女三四郎である。が,今回はそれが悪い方向にでていたように思う。つまり,組み手なり相手の態勢なりで,不十分ながらも技を出せる状態−−一本は取れないまでも,有効なら取れそう,とか,少なくとも返されたりはしない,という状況−−になったときに,技が出ないのである。一本取れそうだ,というときにしか技が出ない。そうこうしているうちにポイントで敗退してしまった。

「常に一本を狙うのが日本の柔道」。このフレーズは日本柔道のキャッチコピーだし,前の書きこみの鈴木選手はそれを実践して見せた。その言葉が悪いとは思わない。しかし,谷本選手のように,一本が取れる状況でなければ技を出さないのであれば,相手との実力差が山ほどないと勝てない。「いや,そこまで自分を鍛えるのが柔道。」というのにも私は反対しないが,情報も速いこの現代社会ではそこまでの優位は保てまい。

谷本選手の試合運びを見て,そして「一本を狙うのが日本の柔道」という言葉を考えてみて,ランスを思い出した。ランスというのは,昔広島カープにいた外国人選手で,1年目でホームラン王を取ったが解雇された選手である。この選手,ホームラン王の他に,最多三振と規定打席到達打者での最低打率という三冠王である。結局,当たればホームランになるスイングを,当たればホームランになるボールに向かってするというバッティング。そりゃ概念上当たればホームラン。しかし,それは1シーズンで30本そこら。三振は100を大きく超えて,打率は1割台だったと思う。極めて極端に言えば,今大会の谷本選手の柔道にはこれに近いものを感じた。「一本を狙うのが日本の柔道」という言葉は,そこまでは要求していないように思う。

世界のホームラン王,王貞治選手は,現役時代,常に,「ホームランはヒットの延長」と言っていた。実際にはホームランは外野フライの延長のような気がするのはさておき,そこで言わんとすることは,ホームランを狙って特別なスイングをするのではなく,考えることは撃てる球が来たら,そこにきちんと芯でミートすることだけを考える,ということであろう。それが完全にできたとき,そして球の方向やスイングの方向によって,結果としてホームランになることがある。それがホームランであって,それはそれだけを狙うわけではないと言うことである。

谷本選手も,というか日本柔道も,そのように考えることはできないのだろうか。考えることは,相手を崩して自分が態勢を作って技を出すこと。それがきちんとできれば,それは一本になる。練習では,「それをきちんとすること」「きちんとできたら一本になるようにすること」を練習する。試合では,相手も抵抗してくるのだから,二塁打やヒットのように技有りや有効になることもあるだろうし,ファールのように潰れることもあるだろう。場合によっては内野ゴロのように相手に効果を取られることもある。しかし,それでトリプルプレー,チェンジ(=返し技,一本負け!)とならない限りは,ヒットかファールかなら振ることにマイナスはない。状況によってはアウト覚悟で行くこともあるだろうし,確実にヒット狙いもあるだろう。しかし,ヒットの延長がホームランになることもあるのではなかろうか。

つまるところ,「一本を狙う柔道」は,確実に一本勝ちできる状態からだけ,確実に一本勝ちできる大振りをすることではないはずである。崩して作って投げる,不十分ならすぐに寝技で仕留める。ポイントが取れる,取れなくても返されない,返されても逆転されないなら,技を出し,相手の動きによっては一本となる,ダメなら寝技,それもダメならそのポイントや攻勢点で焦った相手に次の技で一本を取る。それで良いはずである。極端な話,セーフティバント(=ホームランには絶対ならない)で出て,盗塁,犠牲フライでも1点=ホームランと同じなのである。

それを通り越して,「ホームランだけが野球」では,ランスであって王ではない。ドラコン賞狙いであって,タイガーウッズにはなれない。そんなことを,さっき思った。

思い出なんデス☆・*:・゚d(*ゝ∀・*)b・*:・゚☆ 

2007年12月04日(火) 21時23分
だーいスキなダチが・・・

♥スキ♥な人に、

気持ちを、伝えた日・・・

相手も、スキやったん・・・♥♥


よかったね♥♥って・・・思った!!

きれいやろ??

この夕日・・・♪♪
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:szg1zh206
読者になる
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 大先生のレッスン (2008年10月16日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 大先生のレッスン (2008年10月14日)
アイコン画像めーたん
» 大先生のレッスン (2008年10月09日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 大先生のレッスン (2008年10月03日)
アイコン画像RAOSU
» 大先生のレッスン (2008年09月30日)
アイコン画像ゆりり
» 大先生のレッスン (2008年09月25日)
アイコン画像ハム太郎
» 大先生のレッスン (2008年09月22日)
アイコン画像えびふりゃー
» 大先生のレッスン (2008年09月14日)
アイコン画像火星の後継者
» 大先生のレッスン (2008年09月14日)
アイコン画像名前
» 大先生のレッスン (2008年08月03日)
Yapme!一覧
読者になる