February 29 [Fri], 2008, 18:17
 顛末を藍がぼやくと、青月王は書類を受け取りながら「あはは」と笑った。

「全く、翡らしいね。錫も災難だったけど、桜から攻撃を受けたのは、お前の伝達ミスのせいなんだろ

う」

 笑い事じゃない、と眉間にしわを寄せていた藍は、青月王の言葉に頬を痙攣させる。

「どうして、そんなことをご存知なのですか」

「さっき、図書館に行ったとき桜にきいた」

「行儀見習いで預かると言っても、まさかこの王宮において居候とは思わないでしょう?」

「常識で測ってはいけないよ。言葉をそのまま素直に受け止めなくては」

 確かに、翡后は嘘は言わない。偽りを口にするのは嫌いらしく、それがまた悩みの種になることもある

が。

「どうして、そんなことになったんですか? どこの娘ですか?」

「さてね。そんなことを知っても知らなくても、結論は変わらないよ。お前はどうなんだい? 気に入ら

ないのかい?」

 やはり面白そうに青月王は言い、サインをした書類を藍に戻す。案件を一つ「これは不可」と言って別

に差し戻した。

「そうですね…」

 別に、気に入らない要素はない。一生懸命だったと思う。

「しかし、やはり王宮でもしものことがあっては、面倒なことになります」

「そうだね。お前の言っていることは正しい。だけど、それが誰もの『正解』になるとは限らない。――

―――――王族はね、国民のためにいるのだよ。翡はそれを本能的によくわかっている。まあ、それを感

情で説明してしまうのがよくないところだけどね」

 青月王は静かに諭すように続けた。

「例えば錫がここで死んだとして、誰か不利益を被る国民がいるかい? 逆に、国民である彼女らは満足

を得るだろう。だからわたしは、許可を出したのだよ」






 王である父が許したのなら、ただの王太子である藍は何も反論できない。

 日課である、母親へのご機嫌伺いに行ったとき、瑠と並んでごろ寝をしている錫をみたとき、藍は自分

に言い聞かせるようにそう思った。

「さすがに瑠の相手は疲れるみたいね。さっきまで走り回っていたかと思っていたのだけれど」

 クスクス笑いながら、翡が奥の部屋から出てきた。今日も数冊の本を抱えている。

「また、海の向こうの国、ですか?」

「いいえ。今の時期に見られる花を探していたのよ。――――――――そうだわ、藍。二人が起きたら散

歩に行きましょう!」

 とてもいいことを思いついたかのように、翡后はぽんと手を叩いて嬉しそうに言った。

「は?」

「花を見せてあげたいのよ。そうと決まったら、馬車の準備をしなくては。藍、ちょっと言ってらっしゃ

い」

「はあ」

 思いつきにはしゃいでいる母に逆らってもろくなことはない。息子とはいえ王太子なのだが、とは思い

つつ、素直に部屋を出て王宮管理官を捜した。

「どうしました」

 思いの外、早く官長を見つけた。

「王妃が―――――――――母が、瑠と預かっている娘を連れて外に出たいのだそうだ」

 これは、王妃としての「思いつき」ではない。言葉を選びながら藍は言った。

「ああ、錫ですね。でしたら、外気の入らない馬車を準備させましょう」

 あっさりと返す王宮管理官長に、目を丸くして藍は黙り込んだ。官長が不思議そうな表情をするので、

藍は「あ」と思って微笑みを作った。

「管理官長が、母の外出をあっさりと許すとは思わなかったから」

「そうですか? 翡后との付き合いはあなたより長いですからね。言い出したら聞かない方だということ

は、身に沁みてよく存じておりますよ」

 にっこりと笑って官長は踵を返した。馬車の準備を指示してくれるのだろう。藍も身を翻して、部屋に

戻った。

パーティメンバー3 

January 30 [Wed], 2008, 4:15
エスターク 攻撃力451 ドラゴンスレイヤー装備

ノリでも 

January 17 [Thu], 2008, 7:10
恥ずかしいね。

心臓の悪い人は見ないで下さい。 

January 09 [Wed], 2008, 1:23
下の方にある、





これからお見せする画像。





キモチ悪いもの嫌いな人は見ないほうがいいよ






今日




久々に庭の草むしりをして





増えすぎたフリージアの球根を掘り出し





さて、プランターに植えるか・・・と






ベランダ下にオキッパになっていた





プランターを持ち上げたそのとき・・・・・。






ん?何?





何か・・・変な感触。






何コレ









コレは・・・?魚の骨?じゃない。そう、・・・とかげの骨

ε=ε=\(;≧σ≦)/




お食事中の人、すいませんm(_ _)m





想像するに





トカゲがあったかい軒下で冬眠
   ↓
そのまま何らかの事情でオダブツ
   ↓
そのままミイラ化






ではないかと思われます(・^_^A





このホネは先日なくなったうちの金魚君のすぐ近くに




手厚く葬らせていただきました。




・・・合掌。

ロン・パリ・ローマ珍道中・カフェ・グレコ・Part103 

December 23 [Sun], 2007, 8:09
私たちはそれぞれ、自由に買物に動くために、拠点を「カフェグレコ」と決めた。

かつて、初めて母とコンドッテ通りに来たときの


「ココは有名なカフェですから、一度入ってみるといいですよ。

疲れたらここで、待っていてください。」


と添乗員さんに言われ入ってみると、

調度お昼時で、多くのビジネスマンでごった返していた。


有名といわれても、中は暗く豪華でもなく、奥に長い間取りになったカフェは

二列に簡素なテーブルが続き暗くセルフサービスだった。

サンドイッチくらいの軽食しかなく、

私は仕方なく味のないサンドイッチと紅茶を注文しテーブルで母と食べたのを思い出す。



彼らと再び年月を経て訪れた「カフェグレコ」は、改装され、

サンドイッチも日本人向きに変えたのではないだろうけれど、

私たちにとって食べやすいもの変わっていた。


男性群は、角にある「皮のジャンパー」の店に行って、なかなか帰って来ない。

私は、大きな彼らのヴェネチアグラスの荷物番をしながら、

暗い店から通りの人の流れを、映画館の画面を見ているかのように眺めていた。

なんとも不思議な異邦人感覚に陥ったのを覚えている。

モヒカンどくろ♥ お気に入り♪ 

December 15 [Sat], 2007, 0:10
【ワールドワイドラブ】にて一目ぼれし即購入した『モヒカンどくろ』♥

これから寒い時期、活躍してくれます♪
ゆうは洋服にワンポイントで付けるのが多いかな。

明日のフリマはこの洋服着ていくの♥

インナーは替えるかもしれないけど、グリーンのワンピースです。
細かいチェックが入っていてかわいいの♪多少フリルもあるけど(^^;)

来年には30歳になっちゃうのに・・。

でも気にしない。

ダーリンに『やめなさい!!』って言われるまでは着ます!!!!

新…進…信… 

December 10 [Mon], 2007, 20:44
長らく空けまして。私もまたひとつ大人になりました。新しい気分で生きていきます。
とかげのしっぽのように。

最近気持ちの波が激しい… 或る日のこと。朝からすごい気分が落ちてて、授業中何度も泣きそうになり(自由な時間を与えられると悶々と考えてしまう性分で。)、誰かと交わったらすごいひどいことをしてしまいそうで、近寄るなオーラを搾り出し、
それでものこのこと子ジカのように近づいてくる友人たちへの対応に困り、頭の中で何度も黒板に物凄い勢いでコンパスの針を投げて刺し、それでも苛苛は止まず… そんな中。友人Aから久々の手紙を受け取り(手紙っていっても彼女の手紙は2行〜5行ぽっちの近況報告)、少し冷静になり。夕課外の2限目が終わってすぐ友人Bが教室に滑り込んできて私の名を珍しく大きな声で呼び、何事かと近づくと、予期せぬぜんざいの差し入れではないですか!! 

ぜんざいには赤血球の形をした白玉がうようよしてて、何か血を分けてもらったような気がした。
教訓:大切にすべきは友達とあったかい食べ物
本当に有難いもんだなぁ…お友達。どんだけ天気屋なんだよ…自分。

将来が不安なんだ。。。分かってる。進むしかない。信じるしかない。

だって。人生には波があるって知ったから、谷の間に死んじゃうのは勿体無い。どうせなら山の頂上で死にたい。
でもまぁ実際山の頂上に立ったら死ぬこととか考えないんだな笑

『カタツムリ』

殻に潰されて死んだカタツムリなんていやしない

誰かを助けるために
何かを守るために
背負ったたくさんのもの

時には 全部 投げ出したくなるけど

それが私をここまで連れてきた


ひとりだったら多分何もできないままですが。だからこそ、重くても曲がらずにやっていこうと思います。

接触 

December 04 [Tue], 2007, 13:12
求める人

求められる人

望む事

望まれる事

それぞれの思いは同じところにあるはずなのに

それが狂うと心を乱す

すれ違うどころか・・・

正面衝突

ゆずり合い

そんな気持ちの余裕が

実を結ぶ

同じぶつかるなら

口付けを交わそう

♡またです♡ 

November 30 [Fri], 2007, 9:43
もらうとき&転載するときゎ柿仔よろしく♡

10月22日絢香ちゃん 

November 22 [Thu], 2007, 21:38
 この日 オフィシャルで呼ばれても居てないのに
絢香ちゃんのファンクラブイベントに
参加してしまった 笑い!

 リハーサルのときに ファンクラブイベントの練習が始まって
本当は俺は 関係ないねんけどドラムで邪魔にならないように
演奏してん
っで 山下さんもこの日空いていたら 来てほしいなぁ〜って
言ってくれたので 即答で(ほな 行くわ〜)って言ってん

 っで みんなは ほんまに俺が来ると思わなかったみたい 笑い!
ステージでカホンと言うパーカッションをセッティングしていると
絢香ちゃんが来て 山下さん来てくれたんやーって
喜んでくれた  笑顔!

 っで 一応オフィシャルじゃないので
渋谷に遊びに来て 急に参加って言う形にしたので
マクドナルドを買って カバンとハンバーガーを手に持って
ステージに上がった 笑い!
ファンの人の温かい拍手を貰って めっちゃ幸せやったわー 笑顔!

         ほな!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:szerla1040
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
»  (2008年10月18日)
アイコン画像真那斗
»  (2008年10月15日)
アイコン画像めーたん
»  (2008年10月10日)
アイコン画像猫男爵
»  (2008年10月08日)
アイコン画像きりひと
»  (2008年10月02日)
アイコン画像RAOSU
»  (2008年10月01日)
アイコン画像りぃこ
»  (2008年10月01日)
アイコン画像ゆりり
»  (2008年09月27日)
アイコン画像ikumi
»  (2008年09月26日)
アイコン画像南雲
»  (2008年09月22日)
Yapme!一覧
読者になる