歩くことの基本動作と手を使うことの基本動作

December 01 [Thu], 2011, 22:41
脳梗塞や脳出血になると片側の手足がマヒして動かなくなります。
どなたでも絶対にあきらめないでリハビリを続けようと思います。
しかしマヒの回復には時間が掛かります。
だから悩んだり挫折したりします。
あきらめないということは、ただ心の中で思っているだけではダメなのです。
人生の希望は時として見えにくいものです。
でも、何をしてよいかわからない時にも、希望にながる具体的な行動動作を少しず実践していくことが大事です。
そのためには、先ず小さな目標を立てることです。
小さな目標を日々達成していくことで、自分が何をしたいのかが見え、やがて大きな目標や夢へながっていくのだと思います。
昔のように歩くためには基本動作の十分な訓練が必要です。
手も同じです。
歩く基本は、裸足でしっかりと床に立ことです。
立った状態から椅子に座ることもウェディングキューピッド大事な基本です。
椅子から立ち上がる動作が必要なのは言うまでもありません。
椅子に腰掛けて足指側を上げる動作も基本です。
この動作は足首を動かし、アキレス腱を動かします。
上手く歩けないからと諦めるのもよくありませんが、無理して歩くのも危険です。
リハビリは理屈ではありませんし、あきらめないと思っているだけではダメなのです。
治ると信じて、基本の訓練を毎日続けることなのです。
手の基本動作は、グパです。
特に開くことが大切です。
手首も肘も同じで、曲げ伸ばしが基本ですが伸ばすのが大事です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sz56w3yt7w
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sz56w3yt7w/index1_0.rdf