大学受験 勉強法 効率をあげる方法

September 01 [Thu], 2011, 8:21


頑張って勉強しても、志望校合格の目途が立たず、途方に暮れるような状態だったとしても、
受験勉強のコツがわかり、模試でよい判定が出るようになる勉強法がこちら







『07’私の医学部合格作戦part1』の著者で、

国公立大学の医学部や難関大学の難関学部の合格者を何人も輩出している大学受験勉強法のマニュアルを考案した大平俊介さんは、

元々は、自分自身が成績が上がらずに苦しんだ経験を持っています。




その後、浪人中に発見した受験勉強のコツのおかげで、みるみるうちに成績が上がっていき、

自治医大に合格するだけの実力を身に着けることに成功しています。
大平さんの詳細なプロフィールはこちら






受験に合格するには、予備校に通ったりするのが当たり前のような雰囲気もありますが、

講師の話を聞いて勉強した気になっている人も多く、実際には成績アップにはほとんど貢献していないケースもあります。


試験で本当に成績を上げるためには、試験本番で使えるノウハウやテクニックを、

普段の勉強で効率よく身に着けていく必要があります。







大平俊介さんの大学受験勉強法の具体的な内容については、

こちらに詳細な説明がありますので、

ポイントを整理していくつか挙げていくと、






■大学受験のある秘訣

■成績を上げる学習計画の立て方

■せっかくの塾や予備校の 講義が無駄にしない効果的な活用方法

■理論分野の勉強法と注意点

■センター試験で使える裏技的な方法の正しい使い方

■小説を理解するための読み方







こうした内容となっていて、大平さんのホームページには、

実際にこの勉強法を実践してみた人たちの体験談が紹介されています。






現役+浪人の期間の努力と知識が全て書かれていたような、すばらしいマニュアルだと思いました。

第一志望の九州大学に合格しました。

実際内容を拝見すると、主人も息子も「すごい!」の一言でした!!

福島県立医大A判定、山形大B判定というセンター結果に踏みとどまることができました。

「センター国語の点数は、現役時、200点中95点だったのが、168点まで上がりました。」









あなたも、↓のような悩みを抱えていると思いますが、



■滑り止めですら合格が危うい

■模試の判定がどうしても上がらない。

■記述形式の問題を解くのが苦手

■どんなに頑張っても成績が伸びない

■塾の先生に「なんでこれくらいの点数しか取れないの?」と言われる











テストで良い点を取ることと、頭の良さは完全に比例するわけではありません。


テクニックやノウハウでいくらでもカバーできるものなので、あなたも、普段の勉強の進め方を改めて、

試験本番で使えるスキルを磨いていけば、↓のようになることができます。









■問題文を読んでいる最中に答えが思い浮かぶようになる

■苦手な記述模試で偏差値70以上をとれるようになる

■司法試験、公務員試験等の試験委員がいる大学への入り方がわかる

■センター国語の評論で高得点を取ることができる

■腐らず勉強を続けることができる













受験に関する悩みや不安がすべて解消され、志望校に合格できる実力を短期間で身に着けるにはこちら









高血圧食事療法
世界最新ゴルフ上達法
倉木真二 アプローチ 評判
P R
カテゴリアーカイブ
Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo

人気ホームページランキング

FX業者通過ペア一覧
受験合格祈願グッズ
大平俊介 センター試験勉強法 評判ネタバレ

ブログランキング
  • キーワード調査ツール