英語教育のあるべき姿ってなんだろうか

March 29 [Sat], 2014, 22:30
日本の英語教育わ中高とやっても、ほとんどの人が英語をまともに話すことができない。
それはやっぱりアウトプット型の練習をしてこなかったからだ、
私自身は英語を学校教育外のところで自分のために勉強して話せるようになった。
そのときの方法と、学校での勉強法は全く別物だった。
日本の英語教育は、何のために学ぶのか?どういうときに使う英語を学ぶのか?ということをしっかりと考えた方が良い。
本当に初歩的なことで言ったら、英語で道を尋ねられたときに答えることでしょう?
でもそこはhaveじゃなくてhadですよ、バツ!とか、may Iではなくてshall Iを使わなくてはダメ、バツ!とかいう間違えることへの恐怖心を植え付けて話せなくするだけの教育だった。

もっと実践的に会話を英語でやるような教育にすればいいのに、と思う。とくに第二言語として英語を学んだスペインとかイタリア人と話すと、会話メインで学んだからみんながある程度英語話せるっていう方法がこれだから、会話の練習が1番語学習得に役立つと思う。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/syunji86/index1_0.rdf