日曜大工 縁側
2018.02.18 [Sun] 06:18

何を作成するか、構想を練る。
考慮して決定させていく事から開始する。
でも意外とこれが1番むずかしいものである。
置く場所に対しての大きさを確認していき、そこから「設計図」等を記述してみて寸法等を決定させていくのだ。
そこから材料の長さを確認して木材を買い付けていくのだ。
近頃のホームセンターでは必要な長さにカットしてもらう事も可能なところが有るので活用してみて欲しい。

木材を買い付けた後は、木材を加工していく部分に鉛筆等で印をつけていって加工をしていくのだ。
仮で組立てをしていって修正するヶ所があれば修正をプラスしていくのだ。
問題がなければ組立てていくのだ。
組立てが出きたら、紙やすり等を活用して製品面を削って綺麗に仕上げていくのだ。
そして色を付けていくのだ。
一連の仕事の流れを簡単に解説してきたが、初めの「設計図」を記述する事が重要なポイントとなってくるのだ。
この「設計図」がキッチリと記述出きていると失敗はおおくはないかとおもう。
初心者の頃は簡単に出きるものから挑戦していって、だんだんやり方をおぼえていこう。
初めはなかなかどうして上手くいかなくて苛立ってしまう事も少なくないかとおもうが・・・・・・。

このおかげで端の部分にかんしてはおもっていたよりも色が濃い目になる為、仕上げの時には端の部分への塗装はできる限りしない方がよいかとおもう。
酷い(ひどい)ムラが出きてしまったケースの場合には、再度全部の塗装をやり直した方が良いかとおもうが、けっこうたいへんな仕事となる為、多少のムラであればそのままにしておいた方がよいかとおもう。

木口と平面との接着・接合には、釘と接着剤を併用してくっつけていくようにする。
接着面は当て木をして、クランプ等を活用して締め付けていくのだ。
はみ出してしまった接着剤は、布等で綺麗にふき取っておくようにして欲しい。
そのまま放置しておくと固まってしまって後での修正がたいへん手間になる。
また塗装も綺麗に仕上がっていこない。
あと木材と木材を接合するケースの場合には、絶対に木工用を使用して欲しい。





[PR]
  • ナイキのサングラスの評価とメリット、デメリット等
  • バッグのショルダーストラップの販売情報
  • アディダスのエナメルバッグの種類
  • ベビードールの子供服を通販でゲット!
  • オフィスサンダルの売れ筋とは?

  • 日曜大工 入門 道具
    2018.02.17 [Sat] 06:16

    切る道具は日曜大工にとって途方もなく大事な道具である。
    昔はたくさん「のこぎり」の種類があって全てが手仕事だったが、近年は電動工具が成長し楽にかつ速く仕事が出きるように成った。
    ただ途方もなく危険な道具であるのでくれぐれもケガをしないように使い方に注意して仕事を進めていって欲しい。

    ニス塗りが上手に出きるかはこの塗装前の磨きに掛かってる。
    と云っても言い過ぎじゃないのだ。
    ニスは、「油性ウレタン着色ニス」を使用する。
    このニスの基本は透明でつやがあるものであるが、これにつや消しをプラスしたものと顔料をプラスして着色が色付け・塗装が同時に出きてしまうものがありべんりである。
    色の種類は赤や黄色や黒等10色レベル有る。

    鉛筆、定規、切り出しのこぎり、釘、金槌(もしくはネジと組立用ドライバー)等。
    近頃では、ホームセンターの店内にお客様向けの工作フロアがあって、木材等を買い付けたお客様には、基本的な工具を無料で使わせてもらえる店も有る。
    できあがりのレベルを上げていけば、それなりの技術、知識(経験)、別の専用工具等が必要となってくるのだ。
    更に作成するものに拠っては専門技術も習得していく必要があるかとおもう。
    いくらでも奥深くのめり込めるものとおもう。
    一つ一つ造られるものが特注品となるので作成していても楽しくなる事間ちがいなしである。

    色付け・塗装を良くする為に、粗磨きを最後にガッツリと行っていくのだ。
    最後に研磨したクズを綺麗に掃除して除去していくのだ。
    綺麗に出きただろうか?





    [PR]
  • pdf変換ソフトを無料でフリーダウンロード!
  • クロネコヤマト運輸のパソコン宅急便と料金
  • フリーソフト簡単家計簿を無料ダウンロードしよう!
  • お勧めの家計簿フリーソフトとランキング
  • 画像や写真の加工ソフトについて

  • 日曜大工 初めて
    2018.02.16 [Fri] 06:25

    ここで、粗磨きに使用する「紙やすり」にかんして解説していくのだ。
    「サンドペーパー」ともいってる。
    紙に研磨用の砂粒がついたものである。
    これを用いて造形物を削ったり磨いたりしていくのだ。

    では、どうしていけば釘を上手に使いこなせるのだろうか?解説していくのだ。
    釘打ちの基本としては、釘の長さは板の厚さの約3倍は必要と云われている。
    打ち込みの際には、約70度レベルの打ち込み角度をつけて打ち込んでいくと強度が増していくのだ。
    まっすぐに打ち込んでいけばよいと思われていた方も少なくないのじゃないだろうか?釘を打ち込んだ際に割れやすく、曲がりやすいケースの場合にはキリ等で前もって下穴をあけておくと良いだろう。

    合板の厚みは、2.5mmから始まり、4mm、5.5mm、9mm、12mm・・・・・・とあり24mmのものまで幅広く有る。
    強めの強度が必要な部分では18mm厚のものがよく使用されている。
    それ以下の例を挙げると12mm厚のものは、引出し等を作成する部分や小物によく使用されている。

    ・壁掛け物置⇒玄関等の使用できないスペースって有る。
    ここに小物が置ければなあ・・・・・・と云う構想から作成してみては・・・・・・。
    壁との接着がポイントかも。
    幅700レベル×奥行き150レベル×高さ200レベル。
    あまり大幅にならないように、本体が重くならないようにするのがポイントかも。





    [PR]
  • ラフォーレ琵琶湖の口コミ
  • 九州の日帰り温泉の価格相場、食事付きプラン
  • 格安な高速バスで九州から出発
  • 熊本県阿蘇のファームランドの口コミや評価
  • 沖縄県のリゾートホテルベルパライソの口コミや評価

  • 日曜大工 庭
    2018.02.15 [Thu] 06:07

    合板の代表のものとして、「ラワン合板」と「シナ合板」が有る。
    おのおのの特徴点等を解説していくのだ。
    観た目は全くちがう為、人に拠っておのおのとおもうが、私はシナ合板の方がきれいで使用しやすいとおもう。
    多少、シナ合板の方が高いのであるが・・・・・・。
    ラワン合板は、木材を薄くむいた板(ベニヤと云う)を木目が垂直に交わるように重ねて接着剤で貼り合わせをほどこた板である。
    たいへん加工が容易で工作や日曜大工等に適した板材と云える。
    ただ表面が途方もなくざらざらで観た目は少し安っぽくみえてしまうデメリットが有る。

    全体に丸型はすごくむずかしい為、立方体に近い形にする。
    この構想を基に設計図を記述していくのだ。
    正面図等も欲しいのである。
    ホームセンター等で売ってる鉢でこのようなものを作成してみたいと云うものがあれば、おぼえてスケッチする等してイメージを作成していって欲しい。
    参考書テキスト等にも作品例が多種多様と掲載されている。

    研磨をしすぎて全然合わなくなってしまった。
    なんて事にならないように注意して仕事して欲しい。
    組立て直していくケースの場合には、穴部分のズレが原因であるケースの場合が少なくないようである。
    まず初めは穴の部分の点検をしてみて欲しい。
    ズレてしまってるケースの場合には、穴を開け直していきもう1度組み立てていくのだ。

    とりあえず初心者の方に使用して頂きたいのは、mm目のみのものがお勧めかとおもう。
    文字がハッキリ記述されていて視認性がよいものを選定していって欲しい。
    また内部にも目盛りがついていて、使い勝手が良いものを選ぼう。
    手に取ってみてあまり重いと実感出きないものを選定するようにしていって欲しい。





    [PR]
  • ヘリコプターでナイトクルージングをエンジョイする
  • グリコプロテインの売上と注意点
  • 寒天やこんにゃくとダイエットデザート
  • スレンダーシェイパーの口コミと感想や効果
  • ウォーキングの服装と歩き方の基本とは?

  • 日曜大工 ランド
    2018.02.14 [Wed] 06:00

    ≪釘を上手に打ってみよう≫。

    釘をたくさん打ち付ければ上手に固定される。
    と云うわけじゃないのだ。
    必要以上にやみくもに使用するのみではもったいないだけである。
    よく分かる事が出きない頃、初めの頃はあまり考えずにたくさん釘を打てばいいとおもってしまいがちである。
    この部分は強度が欲しいから多少多目に打っておこうか・・と云う具合に。
    けっこういい加減かも知れないのである。
    見栄えも悪くなるし、釘をたくさん必要以上に使用するので予算もおおくかかる。

    貫通したら、逆向きにして穴を点検する。
    バリがでているようであれば穴に先を入れてバリを取っていくのだ。
    穴の形状φ寸法にも気を付けて大幅になりすぎないようにしていって欲しい。
    厚めの板に穴をあけたりするのは、千枚通しやキリ等では時間がかかってたいへのである。
    少し予算が使用するが、電動工具のドライバードリルや衝撃ドライバーを購入すべきだろう。

    置く時はコードの状態等に注意するようにして欲しい。
    刃の出具合であるが、必要以上に出さないようにして欲しい。
    木材に対して2?3mmレベルでていれば充分だとおもう。
    アレンジは面倒がらずにするようにすべきだろう。
    丸ノコの刃の回転方向は下から上に回転している。
    使用していると材料に噛んでしまう事が有るが、この時丸ノコは後ろに行こうとする。

    近頃目にするのは通信販売である。
    ウッドデッキ等の材料がセット販売されているものも出回ってる。
    材料は加工・切断等が施されている為、付いている設計図をもとに組立て仕事をしていけば造れてしまう。
    椅子やガーデニング用のウッドテーブル等も、通信販売でセット販売されている。
    設計図もついていて簡単に気楽に制作を楽しめる為、まず初めはこういった通信販売のものをセット買い付けて、作成していって日曜大工をはじめていってみてはどうであろうか?





    [PR]
  • 私がリクルート転職フェアに参加した理由
  • 履歴書修正と手書き、エクセル、ワード
  • 派遣会社スタッフサービス岡山と派遣社員への待遇
  • 人材ドラフトの求人情報や紹介実績が良くない理由
  • JR東海パッセンジャーズのマイページや新幹線パーサーの写真や制服