あー楽し 

September 29 [Mon], 2008, 15:55
トカゲの気分を抱きしめて緑に紛れ込む

そう、まさにきゃつは、捨て身のダイブを垂れて緑に紛れ込んだ

真夜中2時ごろ

友人に頂いたなんとも愛くるしい小盆栽に
友人に差し出された一刀両断斬鉄剣のきゃつ様を、放つ

ルパンールパーン

昼過ぎ午後のまんぼんさい

緑の虫眼鏡 

August 07 [Thu], 2008, 11:41
先日、近くの商店街の祭りに行きました。高円寺阿波踊りより先に阿波踊りを見た

やっぱしいいね祭りって
盛り下がることなく盛り上がり、人が行き交う道路にて迷子のミドリガメの鍋さん救出、友達くん宅で保護のち、無念死んでしまいました。金魚すくいも亀すくいも祭りの醍醐味、んがしきゃし、命をすくい上げた事は忘れちゃいかんよ、命に、ま、いっか!なんて無い。
コゲ太郎の隣に墓をつくる

ライブをした、無善寺にて、アコギでしたくて持って行ったよ、しかし、結局はエレキでやった。アコギはストレートだから難しいと思う、やるならもっと練習必要やと、思うたり。
序盤はハウリングで不快やっただろう、ハウリンウルフは好きだろう
終盤は重く暗かっただろう、まっくろくろすけは好きだろう

なんだかんだで楽しかったです
楽しさの中に暗闇あります宿無です

食も暮らしも細々しとる


ぷかぷか深々 

July 18 [Fri], 2008, 21:49
この町を好きになった理由
朝顔の顔が朝咲く理由

人はなにかにつけいれて、理由の理由をつけたがり理由の意味を知りたがる

そこに、何が、あるのかしらん?
ほら、これもまた、理由だ

良いも悪いも
酸いも甘いも
酔いも回るで

ただただ好きだな高円寺
みんな、ただただ阿呆して、笑っているから心底

猫の喧嘩を見て、ほほえましくなる

純情の入り口から
ニーハオ

どろめますたー 

July 03 [Thu], 2008, 0:05
昨日は仕事を終えて中野のホームセンターに
昆虫容器とゴザを購入、満腹顔になって猫道を通った、猫道は必ず猫がいるんです。昨日は六猫。春に生まれたまだ幼げさが顔に出ていた。

初めて見るものにはとことん興味深々であるからして、ほら姉弟がやってきた。
あら、この良いニオイの物はなにかしらん?なに?
そんな深々な目で見てくるので道端に腰を下ろししばしの談笑。
名前は乙女と命名、弟は半平太と命名。

まだ腰を上げたくなかったのだけど、約束もあり、また

そのまた猫道で、ぐずり君とぽん酢さんに会う、やあやあ元気でなにより。相変わらず目付きが悪いのがかわいらしい。

帰宅して即、待ち合わせの荻窪にゆき、焼鳥と熱談で深酔、不器用な二人は不器用に別れて、一人は夜空を見て、一人は地を見て、僕は地にひっそりリバースしたわけ。

明日の空は澄み渡るべき


真夜中の来客者 

June 30 [Mon], 2008, 13:39
先日、と、二日前の仕事帰り雨だったからいそいそと歩いていたら

ここは新宿ど真ん中
歩道のど真ん中にはカブトムシ
おーおー珍しい
ここに居たら君、踏まれて天国だよ?と、言ってかばんに乗せて歩いた。

なかなか、大人しい奴で、じっと身動きせず。自宅近所の公園にでも放してあげようと思い急ぐ。

思う、こうやって昔はカブトムシに熱中していたな、夜中に餌仕掛けたり、早朝わくわくして見に行ったらカブトムシなんていなくて、変な虫ばっかで鳥肌たったな、

鳥肌が立った

思う、こんな新宿におまえは何処から来たのか、生まれはどこぞ?飯は食えているのか?

心配になったので
宿無屋で世話する事にした

百均で飼育セット一式買い餌のゼリーも与えた。カブトムシ用ゼリーはとても美味しそうだった。

ぼくの夏休みはないけど
僕は昔の夏休みを思い出しつつある
長生きしようぜ

名前はまだない

センター街がわからなかった 

June 28 [Sat], 2008, 17:54
27日は仕事を終え帰宅のち即座に床についた。

23時ぐらいに起床、烏の水浴び後、稲荷を三つ食べてギターと機材を持ち渋谷に向かう。

少し遅れ気味で焦り、最寄りの地下鉄は終電終わっていた、嗚呼まいった、どうすか?結局中野駅まで早歩き。

渋谷に到着深夜1時、某バンドのギターを弾きに渋谷スタジオにイン
朝6時までワイワイ楽しく練習した。

よくよく考えたら他のバンドでギター弾くの初めてですごくフレッシュだったな、なんて帰宅して布団の中で思ってた、ら、3時まで寝てた

5日のルーツにゲストギターで参加します。

銭屋騒動 

June 26 [Thu], 2008, 14:01
昼、宣伝活動を
外にでると友達がいて、くちゃらべっちゃらと会話、大事な書類をブン取られ座布団にされる。
居心地いいのか、30分少し座りうたた寝、猫時間
飼い主を見つけるや否や
むにゃにゃにゃふーん
と、そそくさ後に

書類、いや座布団を持って宣伝活動に

のち、近所の公園にてまどろむ、隣に仲良しかわいらしい老夫婦まどろむ


のち、骨董屋なるリサイクル店にてくぬぎ木の器、寛永通宝を二文購入。

江戸時代(寛永16年)から幕末、明治初期まで使われた銭貨らしく、裏に波模様のある寛永通宝は四文、模様のないのは一文だと。物の値段というが四の倍数が多かったようで

茶屋で一杯、四文
団子一皿、四文
銭湯大人、八文
銭湯子供、四文
屋台の蕎麦、十六文

だと
今の値段にすれば
一〜四文は25〜100円

購入した寛永通宝は波模様でしめて八文、で200円。購入する際、銭に値段が付いてなかったので聞いた、いくらか?骨董屋のおっちゃんは言うた、200円。

高いよおっちゃん、買うけども
あとあと考えたらば、ジャストなお値段なこって納得した

それら八文銭を
ギターにつけた

中野にて 

June 11 [Wed], 2008, 17:37
野暮用もあり中野に行きました。ええ、野暮用は見事に失敗となり時間もあいたので百均へ行きました。

宅にござを敷きたいので探す、も、あるのは、すだれだけ。諦めてアーケードをぶらり歩き

靴屋の奥に下駄を見つける、見る、欲しい、安い。店のおじさんとしばしの談笑。下駄の種類に履き方をレクチャー

解りやすい指導の後、見事に購入。おまけにまけてくれた。

帰り際におじさんは言ったよ

「下駄を楽しんで下さいね」

嗚呼ジンときた瞬間だった。
楽しもう!手入れ方法もバッチリや。
ありがとう、おいちゃん!

そうして僕は、下駄を履いて仕事にゆくのだ。

秋田犬 

June 03 [Tue], 2008, 20:11
秋葉原で見かけた番犬は

そっぽ向く

鼻のテカり具合に萌えてみる

犬もよいではないか…
しかし、先ほど見かけた猫耳さんは

ハッ 猫目小僧が見たくなった

妖怪妖怪 

May 19 [Mon], 2008, 18:17
夢のコラボここに

P R
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる