【 更新情報 】

特選情報公開中!!


就活の髪型の注意点

就活の髪型を考える上での注意点をここで挙げてみます。それは自分らしさを出すことを忘れない、という点です。男性の場合はどんな髪型にしても比較的大丈夫なのですが、女性の場合は無理に髪型を作るとあからさまに不自然さが漂う場合があります。例えばCAの項目でも触れましたが、シニヨンが有利、という都市伝説を信じて、似合わないのに無理やりシニヨンにしていく、というようなパターンです。人には必ず自分を1番自分らしく表現する髪型、というのがあります。もちろん就活に備えて美容院で髪の毛をカットするのはいいんですが、出来れば就活で着ていくスーツで美容院に行き、美容師とよく相談して自分に似合う髪型にカットしてもらって下さい。その際、アレンジのバリエーションが比較的多く取れる程度の長さは残しておきたいものです。美容師はプロですから、就活前提ということであればそれなりの髪型を作ってくれるものです。もちろん狙っている業界によって多少事情は変わってきますが・・・。ちなみにCAの話しですが、シニヨンで落ちまくっていたのに、ボブにしたら受かりまくった、という話しを聞いたことがあります。これはその人がシニヨンよりもボブが似合っていた、ということに他なりません。ちなみに裏の事情を暴露すると、今のCAの面接を担当している元CAの世代は、入社と同時にボブにされた、という時代でした。なので、短いボブスタイルで試験に臨み、なおかつボブが似合う場合は受かりやすい、という話です。話はちょっとそれましたが、まとめますと、就活をする、という前提で清潔感のある髪型、というのを心掛けた上で、自分らしさを出すことを忘れないで欲しい、ということになります。

CAの就活の髪型はシニヨンがオススメか?

CA、つまりキャビンアテンダントの就職活動の髪型について触れてみたいと思います。キャビンアテンダントの就活はある意味ではものすごく特殊です。どうしてもCAになりたい!と強く願う人ばかりが受験しますので、冷やかし受験の率が普通の就活に比べて異常に低いです。つまりみんな本気です。しかもCA受験専門の予備校などが存在し、そういったところで勉強を積んだ人たちばかりが受験をするため、何の準備もしないで受験に臨んだ人は絶対に萎縮してしまいます。そういう雰囲気がCAの受験会場にはあります。同じ予備校の生徒同士で固まったり、みんな「既にCAじゃないか」という雰囲気を漂わせていたりします。さて、そのCAの就活で必ず出てくる話が「髪型はシニヨンじゃないと受からない」という話です。シニヨンとは、束ねた髪の毛をサイドや後頭部でまとめた、いわばポニーテールを丸くまとめたような髪型です。いわゆるおだんごヘアの一種になります。シニヨンはまげ、という意味ですが、シニヨンをどの位置に作るかによって与える印象は違い、下のほうに作るとエレガントな印象を与え、上の方に造ると若々しい印象を与えます。で、肝心のCAの試験ではシニヨンが有利かどうか、という話ですが、私が実際に某国内航空会社の採用関係者に聞いたところでは「あまり関係ない」とのことです。というか、シニヨン自体似合う人と似合わない人がいて、似合わないのに無理にシニヨンにしてくる人は1次試験で落とされてしまうそうです。何故なら1次試験はある程度容姿で振るい落としているからです。つまりCA試験は絶対シニヨンが有利!と考えすぎ、似合わないのにシニヨンにするとせっかくの自分らしさ、美しさが出し切れず、落ちる、という事のようです。

就活の髪型のアレンジ方法

就活の髪型のアレンジ方法について紹介していきます。まず男性ですが、男性は基本的にずっと同じ髪型でも特に問題はないと思います。敢えて言えば寝かせるか、立たせるか、流すか、という3つの要素程度しかないと思います。面接に行く業界によって違いますが、例えば銀行や生保、証券といった金融系であまり髪の毛をツンツンとワックスで立てていくのはよくないと思います。元々直毛気味の人は仕方ないですが、わざわざワックスで立てて際立たせる必要はありません。普通にしておけばいいでしょう。逆にアパレル系、出版系などではそのようなアレンジをしてもOKです。業界や会社によってはむしろセンスの良さをアピールする必要がありますから、受ける会社によって髪型をアレンジする必要があります。そういう意味ではある程度融通の利く長さは残しておいた方がいいでしょう。切りすぎるとアレンジのしようがなくなるからです。女性の場合ですが、女性の場合も同様、面接に行く業界や企業によって髪型のアレンジはある程度気を払う必要があります。実際問題、アパレル系などのようにその人本人のセンスが大きく問われる業界以外は、髪型がそれほど結果に影響することはないとは思います。つまり銀行は堅い業界なので必ずアップにしないといけない、など、まことしやかな噂が流れたりしますが、髪型が合否を左右することはほとんどありません。問題はそのことで本人が萎縮してしまったり必要以上に気にしてしまうことです。そういう噂話が気になる人であれば、心配の要素を1つでも減らす為に、就職雑誌などを参考に髪型のアレンジを変えていけばよいでしょう。

男性の就活の髪型

女性の就活の髪型については後から詳しく触れるとして、ここでは男性の就活の髪型について考えてみたいと思います。何度も言いますが、大事なのは清潔感です。まず第一に、就活中に髪の毛はこまめに切るようにしましょう。大体の人が就活に入る前に茶色い髪の毛を黒く染めたり、長い髪の毛を短く切ったりはすると思います。しかし就活を続けて行くうちに、当たり前ですが髪の毛はどんどん伸びて行きます。特にある程度短く切ってしまった後に少し伸びてきた襟足やもみ上げは注意が必要です。普段は特に問題なくても、就活という舞台で少しでも自分を良く見せるためにはこういった部分をきれいに整えておく必要があります。ひげともみ上げがつながっていた、なんていうのは最悪です。なので就活が始まったら髪型は長さを維持する必要があるのです。特にもみ上げと襟足、この2点は汚さが出ないように注意しましょう。別に毎回高い美容院に行く必要はありません。ベースはきちんとした美容院で切ってもらい、伸びた部分をちょっと切ってもらうのは駅前とかにある1000円美容院で十分です。もみ上げ、襟足をきれいに整えて下さい、とだけ言えばOKです。全体ももう少し切りたいのであれば、伸びた分だけ切りましょう。髪の毛は1ヶ月で約1センチ伸びますので、それを目安に考えましょう。

就活の髪型の基本

就活とは中学生、高校生、短大生、専門学校生、大学生どの世代を取っても人生がかかった活動であることは間違いないでしょう。その後の人生を決めてしまうかもしれない訳ですから、ここは万全の準備をした上で臨みたいものです。このサイトでは就活の髪型について扱うわけですが、就活の髪型の基本についてここでは述べていきたいと思います。就活の髪型の基本はズバリ「清潔感」です。これが1番大事なことです。カッコいい髪型である必要はありません。かわいい髪型である必要もある必要はありません。もちろん細かいことを言えばセミロングの人はこうしたら、とか、ロングの人はこうしたら、といったアドバイスはありますが、男女全ての髪型の人に共通する就活の髪型の基本は「清潔感」です。どんなにカッコいいスーツを着ても、どんなに美人でも、清潔感を与えない髪型は就活において絶対失格です。人生の大事な節目でもある就活で、身だしなみに清潔感が出ていない人間を誰が自分の仲間として採用したいと思うでしょうか。しかも就活というのは基本的に何十倍、何百倍の倍率を突破して採用に至ります。大勢の人間の中から選ばれなければならないのです。そんな中で就活で清潔感すら出せない人間を誰が採用したいと思うでしょうか。考えればわかることでしょう。
P R