欠陥 

2005年11月22日(火) 23時34分
人間は私のことですが、
今日は住宅の話です。
震度5強に耐えられないマンションやらホテルやら。
どえらいことしでかしといて、
平然とした態度でカメラの前に立つあやはさん。
おいらもあのくらいずぶとくなれたらいいのにと思ってしまいます。
設計した本人は「どうなるかわかりません」
官公庁は「民と民の問題です」
販売店は「資金的に救済は厳しい」
施工点は「偽造は知りませんでした」

住民は「誰か何とかしろ」

憂うべきかな無責任大国にっぽん

報道も騒ぎ立てるばかりで情報整理できてないですしね。
決して対岸の火事じゃないだろうに、
当事者の立場になったように見せかけて
実は芸能ニュースと切り口は変わらないニュース番組。
劇場型の政治は報道のせいだともいえるんじゃね?
などと考えちゃいます。

そもそもは、
冗談じゃ済まされないレベルの嘘ついた建築士が一番悪い。
でもって、その嘘を見抜けなかった、放置した施工主が2番目に悪い。
放置した、というのは、
コスト削減のために強度を下げたといわれているのに、
そのコストはどこで削られたのかを検証してなかったという意味です。
だって本当に鉄骨が削られてるんですから。
まともに建築に携わる人ならある程度気がつくでしょ。
で、3番目に悪いのが、
何千万もする品物を売っといてアフタ−ケアを放棄した販売店。
100万の車だって点検だ車検だと営業マンはがんばってます。

でも法律的には、
3番目に悪い販売店に最大の補償責任があるそうな。

う〜ん、納得いかね〜。
あ、ちなみに国の責任を問う声がありますが、
これは敢えて何番目に悪いとはランキングしません。
国には責任がないから救済はしませんと言うなら、
国家というものの意味が全くなくなるからです。
地震が起きたら救済は当然、
対テポドンの軍備増強も然り。
でも今現在、
すぐにでも自分の家に押しつぶされかねない人に対して
なんと冷たいことか。
なんか国家論みたいになってくると字数制限に確実にひっかかるので、
その辺はまた後日。

ぼじょれー 

2005年11月17日(木) 21時52分
本日解禁です。
早速購入しました、



赤白各1本ずつ。



今日は白を飲みました。




うめぇ。



ワインは良いグラスで飲むとほんとに味が違います。

>特攻一番機さん
ご希望なら土曜日グラスとワインご用意いたします

ストレスのもと 

2005年11月08日(火) 18時38分
うちの職場は半分ぐらいが契約職員とアルバイトなんです。
最大3年の在籍での契約みたいなんですけど、
入れ替わりが早い分、
いわゆる「お局さん」的な存在はそうそうないんですね。

なのにうちには
中途半端なお局三人組がおります。
小さいことは指摘や助言ではなく「非難」
大きい問題は3人集まってウジウジいいながら結局我関せず
目上には媚び、目下は道具としか見てない

常に3人一組なのでからみにくいし、
仕事振られてもろくなことがないので、
基本的にシカトしてたんです。

ところが最近このうちの一人と、
俺のしらないところで俺ともめてることになってたらしく、
今日は突如上司と面談がありまして。
俺の知らないところでというあたりに、
陰湿さがありありと感じ取れて非常に不快です。
別にこちらには何の非もありゃしませんから、
上司にはこっちの主張をしただけのことですが、
どうやら正社員含め他の皆さんもその3人には困ってるようです。

次何かあったときには
やっつけてしまったほうがいいかもしれませんね。
なので明日から

撃沈モードに突入します
真正面から逆襲してやります。
早くなんかやらかしてくれないかなぁ。

スーパーチャイニーズ 

2005年11月03日(木) 20時23分
いやーびっくりした。

仕事柄、外国人の多い環境にいるんですが、

今日は見学かなんかで、

中華人民共和国から大集団がやってきました。

私ちょうど喫煙所でこの団体さんと遭遇したのですが、

流石は高度経済成長期にある中国。

喫煙率が凄く高い

日本でも経済成長期には喫煙人口が多く、

成熟と停滞の現在では喫煙者は減少する傾向にあります。

海を渡れども同じなんですね。





驚いたのはそんなことじゃねぇ。

奴ら。

タバコに点火。

三分の一くらい吸う。





そして




タバコを反対向きに持ち替え



赤々と燃える先端を




親指でこそげ落とした




そしてタバコは


箱の中に戻っていった・・・。


なんか中国雑技団があるのがすごくよくわかった

電撃ネットワークは中国公演しないほうがいいです。

いやまじで。

平日なのに 

2005年11月02日(水) 0時01分
飲んで帰ってきました。
気がついたら11時を回っておりました。
お気に入りな焼酎を見つけることができたので
非常にご機嫌です。
今日は大学の友人と、
「福祉とはなんぞや」
「仕事とはなんぞや」
「そもそも人間とはなんぞや」
という議論を肴にしておりましたが、
やはり互いに影響を及ぼしあっているだけあって
方向性は似てる感じですねぇ。
一応私的に問3に答えますと


人間とは

年金を貰う年になっても
命を継ごうとする存在である

おじいちゃん、大丈夫!?

久々の更新 

2005年10月30日(日) 23時44分
しばらく更新をさぼっておりました、
ちといろいろとバタバタしておりましたので。
どうもすんませんでした。
今日は、遠くの総合運動公園にみんなで足を伸ばしまして、
プチスポーツ大会をしてまいりました。

キャッチボール

ソフトボール千本ノック

ラグビーボールの投げ方講座

(その間後ろではプロレスしているカップルが)

微妙にサッカー

アメフトのボール(かなあれ?)の投げ方研究

そして食事

その後ボウリング

いや〜、皆さんお元気ですねぇ

四捨五入したら30なのに

ラグビーとアメフトって、
素人目にはボール一緒じゃないですか。
どうやってもまっすぐ転がるわけのないあれですよ。
その一事だけでひとくくりにしてしまってるんですよね。
ボールの違いは、

ラグビー > アメフト

もっともあのアメフトボールがオフィシャルサイズであればの話なのですが、
これっておおよそ、
この2種の競技の違いを表わしてるんじゃないかなと。

ラグビー = 球技

アメフト ≒ 格闘技

ボールが重要か、
ぶつかり合いが重要か。
そういう違いなんかな〜と思いました。

ま、
いずれにせよ、
体力運動神経ともに
水準のはるか下を行っている私にはむずかし〜こと。
最終的には、
どうやらいくら丼とコーヒーの取り合わせがよろしくなかったらしく、
若干おなかを壊して帰ってまいりました(哀)

靖国への抜け道 

2005年10月17日(月) 22時13分
小泉首相靖国に参拝。
大阪高裁で、首相の靖国参拝が違憲であるとの判決が確定して間もないこの時期、首相は参拝を断行しました。
私個人としては、首相の参拝には反対です。
この判決は、政教分離の原則に忠実であることはもとより、三権分立の視点からも、大変評価できるものであると考えます。
三権分立とは、司法・立法・行政の三権を分離し、互いに監視させることです。
司法は裁判、立法は国会、行政は政府によって司られており、それぞれの領分は互いに不可侵なものとなります。もっとも立法と行政とは物理的距離が近く分担が不分明になりがちではありますが、だからこそ司法権は強固な独立性を保持していなければなりません。
その司法の決定、大阪高裁判決に対して、小泉首相はあからさまに不服だと意思表示をしたわけです。
仮に司法=裁判が首相の言いなりになるとすれば、総理大臣という地位は行政の長であり、立法の主導者であり、司法を牛耳る存在であることになります。
これは即ち、時の首相による独裁を肯定することになるのは明白です。
いきなり小泉独裁政権樹立なんてことはありえないでしょうけど、ともすればそのような可能性も浮上してきますし、それを阻止しているのが民主主義思想だといえます。
靖国参拝を民意であると捉える意見があることも知っていますし、それはそれで軽視すべきものではありません。
ただ、その民意が、結果として民意の力=民主主義国家の基本を揺るがし、独裁政権への道標となり得る危険性を含むものであることを充分に留意すべき議論であると私は考えています。
ある小説家からの流用ですが、
「最高の独裁国家よりも最低の民主国家のほうがよりましな存在である」
人間は本来自主的であり、自立すべきものであり、自由であるべきものであり、それは自らを尊ぶことである、と。
自由でいる以上その責任は自らが負うべきものであり、それは超人や救世主が一人で抱え込むものではないと。
少なくとも、たった一人の最高権力者には不満の一言すら言えませんが、大勢を代表する者には文句も言えるでしょう。
楽じゃないけども責任は自分で持つ。
一番怖いのは、民主的な決断でもって、独裁者が生まれること。
スターウォーズ・エピソード3をぜひともご覧ください。
なんとなくその意味がわかっていただけると思います。

日清食品 

2005年10月14日(金) 21時26分
新製品のCMには



レイザーラモンHGが候補に挙がっていたに違いない。

サインペン 

2005年10月13日(木) 23時41分
サインペンを買い間違えたらしい。
どう間違ったのか知らんが、
とにかく買い間違ったらしい。

火曜日は教授会がありました。

私「事務長、今日の教授会の資料の印刷は。」

事「じゃあこれ頼みますわ。今日は多いから早めにしてください」

私「わかりました」

早速午前中で印刷を終え、
午後からの教授会に向けて準備は万端。
資料のセッティングもしたし、
オンライン資料の準備もできたし。

今の仕事始めてかれこれ40日が過ぎました。
最初は戸惑うことも多く、
いろんな人に聞きながら、
迷惑を掛けつつやってきました。

やっと自分の仕事は理解できましたし、
これからは疑問を持ち、
改善点を見つけながらの仕事です。
やっと「社会人」の仕事レベルにきたというのが
今思うところです。

なのに、

お茶の用意ができていません

量多いし、機密資料もあるしってことで

あなたはお茶汲み係に志願しましたよねぼ●くらちゃん。

教授会の日程を把握してないな。
仕方ないので事務室に戻って
お湯沸かしてコーヒーとかを用意して
会議室に持って行こうとしたとたん

ぼ「それあたしの仕事です!なんで今日教授会あるって言ってくれないんですか!!」


・・・俺の仕事に馬鹿の予定管理は含まれていません

指サックの発注でドジ踏んだり、

意味不明に印刷室散らかしたり、

そんなことは別にいいですよ。

いくらでもフォローのしようがありますから。

だけどあんたの発言はあまりにも無責任でしょ。

自分の担当として請け負った仕事のスケジュールが人任せ!?

「月間予定表」のホワイトボードが目の前にあるだろが。

今までもうすうすは感じてましたよ。
自分がやった仕事以外のことはすべて俺のせいになるもんね。

もう我慢できん言わせてもらう

そういう考え方が

お前が新卒プラスその後1年間の就職活動に失敗した理由だ

はっきり言わせてもらう

誰がお前なんか雇うか。

というわけで、
私は奴をシカト状態に突入しました。

それから2日。
やっと奴は仕事をもらいました。

「サインペン買ってきて。」

それすらミス。

早くこいつをやめさせろ

結婚披露パーティーその2 

2005年10月08日(土) 23時42分
今回は真面目にいきます。

肝心のパーティーです。

以前友人の式の2次会を仕切った経験があるんですが、

なかなか大変ですね。

んでもって、

来客の9割がたが新郎側の友人であったために、

新婦側友人の我々は

イランでのW杯予選のようなアウェイ。

しかもホームの皆さんがたも、

微妙に分派してるためにノリがいまいちつかめません。

でもそんなパーティーが、

3次会で一変しました。

正直言ってとことんアウェイだった我々は、

3次会に行ってもいいものかどうか迷ったのですが、

考えてみれば、新婦こそ今最大のアウェイ空間にいるわけです。

少しでもサポーターが必要です。

で、会場であるさざ●か屋のパーティールームへ向かいました。

最初のうちは2次会と同じような雰囲気だったんですけど、

自称笑福亭夢之助さんがやってくれました。

カラオケで散々笑いを取った挙句の選曲が

「結婚闘魂行進曲マブダチ」

ワンコーラスが終わったところで

友人たちの情の厚さに号泣しだす新郎。

誰が音頭をとるわけでもなく、

いつしか全員総立ちの大合唱。

Mちゃん、いいだんなさん持ったね。

こういう人の繋がりの温もりっていいよなと、

改めて感じた今日でした。

今日結ばれた二人へ。

ありきたりですが、どうぞお幸せに!
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像うっちー
» ぼじょれー (2005年11月22日)
アイコン画像特攻一番機
» ぼじょれー (2005年11月22日)
アイコン画像特攻一番機
» スーパーチャイニーズ (2005年11月04日)
アイコン画像うっちー
» 平日なのに (2005年11月03日)
アイコン画像特攻一番機
» 平日なのに (2005年11月02日)
アイコン画像特攻一番機
» 日清食品 (2005年10月20日)
アイコン画像特攻一番機
» サインペン (2005年10月15日)
アイコン画像うっちー
» 大変です (2005年10月04日)
アイコン画像特攻一番機
» 大変です (2005年10月03日)
アイコン画像管理人うっちー
» 芸能人に見る「オーラ」の存在 (2005年09月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:syuhanji
読者になる
Yapme!一覧
読者になる