ラッシュライフ 

July 22 [Tue], 2008, 23:56
(伊坂幸太郎 新潮文庫)

僕は登場人物の多い本を読むとき,
必ず相関図を描きます.
この人とこの人が,こういう関係で....云々,
人の関係を簡単に見やすく図で表そうとします.

この「ラッシュライフ」も5人の登場人物を軸に,
たくさんの人物が現れ消えるので,
相関図を描いてなんとか合理的に読み解こうとしたのですが,
上手くいきませんでした.
作者の伊坂幸太郎さんにしてやられた格好です.

読み始めたときは5人の登場人物が同じ時間軸で進んでいるようにみせて,
読み進めるうちに時間軸のズレを感じ,
最後には相関図がシッチャカメッチャカになっていました.
一見,一連の流れで進んでいたはずの事件が,
様々な複線を繋げると,どうしても一本の線で結べない複雑な構造をなし,
読み解こうにも堂々巡りを繰り返してしまう.

なんて巧みに組み立てられた物語なんでしょか.
ネタバレになってしまうので,本の内容は詳しく書きませんが,
この「行っても行っても行き着かない.」感覚,
病み付きになるんじゃないでしょうか.

考える作品が好きな僕の好む毛色ではなかったけれど,
エンターテイメントとしての価値は十分すぎるほどでした.
伊坂さんの本を読破してみたいと思わされました.

アウェー観戦 

July 21 [Mon], 2008, 23:54

さいたまスタジアムは素晴らしいスタジアムですね!
サッカー専用だから,
観客席とピッチの距離が近いのなんの.
等々力スタジアムとは比べ物にならない施設の充実ぶりには
目を見張ります.

川崎フロンターレサポーターの僕が,
今日,初めてアウェー観戦してきました.
それが,さいたまスタジアム.
浦和レッズの応援の熱気に押されぬよう,
僕も熱を入れて応援せねばと思っていた矢先,
席を確認せずにチケットを購入してしまったつけがまわり,
レッズサポーターのど真ん中に陣取る羽目に....
フロンターレが点をとっても素直に喜べないし,
周りの怒号が突き刺さります.

しかし,今日のフロンターレは好調.
1-3でレッズに勝利.
この勢いで上位を目指して欲しいものです.

ちなみに,目下,
僕が観戦する日は,フロンターレは負けなし.
偶然でしょうが,なんだか嬉しいですね.
次は,日産スタジアムへ行ってみたいな.
神奈川ダービー,燃えるんでしょうね.

心をひらくことは・・・ 

July 20 [Sun], 2008, 23:32


映画「百万円と苦虫女」を観てきました.

友達のいない自分から逃げるように旅をする
蒼井優演じる鈴子を通して,
人を信じることの難しさや,
生きることへの苦悩をつぶさに感じました.

すれ違い.
思い込み.
エゴ.
その他,人間の醜悪な部分.

葛藤,迷いながらも人は生き,恋をする.
切なく,ひたむきな姿に,
涙をそそられました.

美しい星 

July 09 [Wed], 2008, 23:19
(三島由紀夫 新潮文庫)

地球人の身体を借りた大杉一家は,
各々別々の星生まれの宇宙人.
人間の愚かさを憂い,
それぞれの星から人間を救うためにやってきたと彼らは言い,
それに対峙する黒澤助教授ら,別の星団出身の宇宙人と,
人間の救済と破滅を廻って争いを繰り広げます.
(あくまで平和的な妄想の中でですが...)

SF小説の形を取っていながらも,
三島由紀夫の現実感や,社会論がふんだんに詰め込まれた作品で,
深く読めば読むほど,読み応えのある本です.
人間は,「物への関心」「人間への関心」「神への関心」
という3つの病気を持っていると黒澤助教授は語り,
それに対し,大杉重一郎は人間の5つの美点を
「彼らは嘘をつきっぱなしについた.
 彼らは吉凶につけて花をかざった.
 ....................」
などなどと,論争します.
人間の理性と美的感性,
その両面をつぶさに見つめ消化し,
三島由紀夫は人間の本質を探求しているように感じました.

究極の平和とは?
水素爆弾とは?
人間とは?
美しい星(地球)とは?

そんな答は人間たる僕には見つけられないのでしょうか.
宇宙人のみぞ知る,人間の本質,美しい星の在り様.
考えさせられる本でした.

キウイジュース 

June 29 [Sun], 2008, 23:29
梅雨ですね.
じめじめして,何かサッパリしたいものです.
で,
今日はキウイジュース.
ハンドミキサーで作ってみました.


キウイをすりつぶして,
シロップと炭酸水で割れば完成.
とっても簡単,しかも美味しい.
ビタミンも取れるし,
気温の変化による風邪予防に効果大でしょう.

炭酸水とキウイ成分の相性なのか,
ビールのごとき泡の吹き出しにはこまりものですけれど...

原田郁子さんのらいぶ 

June 25 [Wed], 2008, 23:24

渋谷,Bunkamuraオーチャードホールに
クラムボンの紅一点,原田郁子さんのソロライブを見に行きました.

静かな演奏で埋め尽くされたCDの曲たちを,
どんな演奏で聴かせて下さるのか,
とっても楽しみにしていました.

いや,これがなんて素敵なことでしょうか.
弾き語り,ジャズ風味,クラッシク調,
いろんな要素が綯交ぜになった素敵なライブでした.
オーチャードホールの音響設備が高質なのでしょうか.
厚みのある音に,鳥肌が立ちっぱなしでした.

遠くにいるような,それでいてピアノを弾くその手は目の前にあるような.
草原を歩いているような,海の底に沈んだような,
雲の上で青空を見上げているような,
郁子ちゃんの声を聴くと,
それこそ色々な場所にトリップできるようです.
柔らかくて温かく,どこか切なくて,
でも快活で,朗らか.
郁子ちゃん,あなたは僕のアイドルでしょうて.

夏の野音のクラムボンのライブ,行きたいなあ.

長崎ぶらぶら節 

June 24 [Tue], 2008, 23:47
(なかにし礼 新潮文庫)

明治の終わりから昭和初期にかけて
長崎の町を生き抜いた愛八なる芸妓の物語.

気風良く,愛嬌に満ち,快活で弱気を助ける愛八の
純情でまっすぐな心意気についつい涙をそそられました.

いつかの日本にはこんな気持ちのいい女性がいたのかと思うと,
今の日本は変わってしまったんだなあ,
などと生まれてもいない大正,昭和の時代を懐かしんでみたり,
親父のような考えを巡らしてしまって,
まだ20代だというのにね.

さすが映画になるだけあって,
物語の構造は抜群です.
もう少し考えさせられるところもあってもよいとは思うけれど,
単純に物語を楽しむという点においては,
さすがに.なかにし礼さんだなあと,感服しました.

延伸 

June 23 [Mon], 2008, 23:12

2008年6月22日
東急目黒線が日吉駅まで延伸され,
僕の最寄り駅である元住吉駅も,
都営三田線,メトロ南北線と直通運転が始まりました.
毎朝の通勤時,
武蔵小杉駅で乗換えを待っていた憂鬱な時間が解消され,
帰宅時の田園調布での乗り継ぎの悪さも払拭.
何と快適な通勤生活の始まりでしょうか.

今までのように,座って通勤できないけれど,
無駄な待ち時間が無いというだけで幸せは大きいものです.
疲れて帰ってくるときの,
田園調布での,武蔵小杉での遣り切れない待ち時間.
中華街行きの普通列車のこないもどかしさ.

ついこの前には副都心線が開業し,このたびの目黒線の沿線.
何年か先には東横線が副都心線と乗り入れ,
横浜から池袋まで直通するって大それた事業も進行中.
渋谷の地下では今もトンネルが掘り進んでいる.
いやいや,楽しみです.

チョコレートドーナツ 

June 22 [Sun], 2008, 22:56
いやはや.
僕のお菓子作りの趣味もここまできました.
ドーナツを作れるまでに成長したとなると,
もはや目指すショートケーキは目前ではないでしょうか.

電動ミキサーを購入したおかげで,
お菓子作りの幅も広がり,
手では混ぜ切れなかった,重いドーナツ生地もなんのその.
周りに粉を飛び散らせながらも,ぽってり生地が出来上がり.

最初は油の温度管理を誤り,
半生状態で揚がったドーナツも,
最後には,中までふっくら,外はサクッと出来上がりました.
ディップ用のチョコレートが上手に乳化せず,
悪戦苦闘しましたが,無塩バターの力を借りて,何とか乳化.
初めて知りましたが,チョコレートにブランデーを混ぜながら湯煎しても,
チョコレートはまったく溶けないんですね.
温かい生チョコレート状態が保持されて,なんだか不思議でした.

しかし,まあ,
なんとか出来上がりましたのが以下の写真.
なんだかたこ焼きみたいだけれど,
なかなかの出来栄えではないでしょうか.
お店で売っていても遜色ない,というのは大袈裟かもしれないけれど,
味はなかなか.苦労の甲斐あってブランデー風味のチョコもいい塩梅でした.

ドイツ流街づくり読本 

June 16 [Mon], 2008, 23:41
(水島 信 鹿島出版社)

最近のあまりの仕事の忙しさに,
土木職の楽しさや新鮮さを忘れがちになることがあります.
何のために道路をつくるのか,
誰のために街を再生させるのか,
そういうことを忘れてしまいそうになる自分に気付き,
もう一度,まちづくりが何たるかを学びなおそうと思い至ったところであります.

日本の街は,
施主の勝手の赴くままに,
規制のされない開発が進み,街の景観は見る影も無い,
というのが都市計画を学ぶ上での通説となっているように思います.
僕も学生のときにそう習いました.
確かに,ヨーロッパの街並みを見てみると,
古いものと新しいものが絶妙に交わり,
調和を乱すことなく,統一感のある「街」が築かれています.
それには,そこに住む人々の
街に対する誇りや,歴史認識の深さが由縁していると水島さんは語ります.

ところが今の日本,とかく東京においては,
歴史や風土を顧みない開発が進んでいるのではないでしょうか.
容積率や利用限界を巧みに切り抜け,
超高層ビルが乱立する時代です.
かくいう僕も,そんなビルの立ち並ぶ街で仕事をしているわけです.
公務員として,自治体職員として,
もう一度,まちづくりを考え直さなくてはいけないと思います.

僕の働く自治体は,先進的で財政にも余裕があり,
全国的に名前の通った商業施設が多数あります.
全国から人が集まり,憧れの街となっている事実があります.
けれど,街を歩いていると,
統一感に欠け,安全に歩けない道路や,全ての人に優しくはない施設が目に付きます.

東京の歴史を学び,自治体の歴史を掘り下げ,
地域特有の風土を押し出したまちづくりを進める.
そうすれば,そこに住む人集う人が,街に誇りを持ち,
まちづくりの気風を高め,より高質なまちづくりが進んでいく.
そうした良い循環が繋がるよう,僕は力を尽くさなければならないのではないでしょうか.
それが自治体職員の職務であり,
土木という仕事に従事する誇りでもあると思います.

忙しさに打ちひしがれていてはいけません.
誰かのために仕事をしているという自覚.
忘れず邁進です.
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:8810
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:公務員
  • アイコン画像 趣味:
    ・クッキング-自炊マニア
    ・読書-特に重松清 氏を好む
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像藍色
» 水の繭 (2011年01月19日)
アイコン画像8810
» 係会 (2007年07月22日)
アイコン画像yuuki*
» 係会 (2007年07月21日)
アイコン画像8810
» 送り火 (2007年07月03日)
アイコン画像タッチ
» 送り火 (2007年07月02日)
アイコン画像yuuki*
» フリーマーケット (2007年06月03日)
アイコン画像8819
» 集中しすぎると... (2007年06月03日)
アイコン画像yuuki*
» 集中しすぎると... (2007年06月02日)
アイコン画像タッチ
» 下世話な話 (2007年05月31日)
アイコン画像yuuki*
» 突然の就職相談 (2007年05月29日)