真理とゆいゆい

October 19 [Wed], 2016, 11:30
修学旅行やツアーなどに随行して、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。
結婚していて、子供のいる人は土日が休みになっていたり、夜勤がない職場を希望しています。


病院以外のところで働くのであれば、働こうとするところに適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。


日本のナースの年収は平均437万円くらいです。しかし、国立、私立、県立などの公立病院に勤務する看護師は、公務員扱いでの勤務のため、年収は平均593万円程度になります。公務員として働く看護師は給与の上がる率も民間病院に比べて高く、福利厚生もしっかりしています。



准看護師として勤める場合は、看護師と比べて年収が約70万円ほど低いです。
看護師の国家試験は、年に1度あります。

看護師不足が問題となっている日本のためには良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を推移しています。

看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格可能な国家試験です。
看護師の国家試験に合格することよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと感じる人も多いのです。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年してしまうようです。


そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験にも受かった人には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。高校に入った時点で衛生看護科を選ぶと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最速で看護師になれるでしょう。

でも、在学中に進路を変更したくなっても変更するのは大変です。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、試験までの期間が短いために勉強時間や実習をする時間が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。産業看護師とは、企業に勤務する看護師のことを指します。

看護師といわれると病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室を設置している会社もあって、そこで働いている人もいます。

具体的な仕事内容やその役目は勤務する会社によって色々ですが、社員の健康を守り、そして、管理するというのは必ずすることだと思います。



産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健指導とかうつ病防止のメンタルケアも行います。


産業看護師の募集は、一般公開されていないので、職業紹介所で見つけるのはほとんど不可能です。

興味のある方は看護師専用転職サイトを利用してください。
看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども数多く載っています。

看護師の資格を得るための国による試験は、年に1回実施しています。看護師不足を問題視している日本にとっては祝福すべきことに、ここ何年かの看護師資格の合格率は90%前後ととてつもなく高い水準を維持しております。看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験とは違い、一定のラインをクリアすると合格する試験です。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sytnpnaapytail/index1_0.rdf