田山が大澤定永

February 14 [Wed], 2018, 23:33

萩原流 ジャストミートセオリー 〜野球アマチュアのお父さんもやれる!小児を組で一番のバッターにする切り口〜 【HM0001】

野球キャッチャー進展プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 製造】動画2枚分隊

今日は今しがたまでですけれども、姪っ子がですけれども、次いで今しがたまで遊んであげていたので、疲れちゃいました。
しばしばはたらくので、ここも疲れてしまったので、やっとやっと復調できるようにですけれども、そんな感じでね。今日は赤ん坊って遊びながらですけれども、マラソン。大阪インターナショナル婦人マラソンみていましたよね。姪っ子2パーソンいらっしゃるけれども、上の子供は5年代で、幼稚園をめぐっているため、落ち着いた感じにはなってはおるけれども、下の子供は、まったく幼稚園をめぐっていないから、ちょろちょろしていて、すぐに動いたり、走ったりという沈静がないという感じでね。そうして駆けるのが大好きな子供ね。
なので、物語が変わってですけれども、今日の大阪女子マラソンあったけれども、解説者とかがオールスターキャストになっていたのよね。いやあ、驚いたわ。
先ず、優勝取材のときに、瀬古氏がいたね。
で、今回のマラソンでキングは2期間22食い分机であったのよね。

そうして、優勝した選手が500万円ね。もしも、もう1食い分早くてそれで優勝していたら、1000万ね。
そういえば、男児で2期間7食い分を切ったら、1000万?次いで世界新記録をつくったら、1億円を補充というぐらい、今は力を入れて掛かる感じに。その成果が今はあまりでてはいないけれども、2020階級には男児も婦人もはじめてでてほし物体ね。成果が。
それで驚いたのはですけれども、今回の婦人マラソンなんですけれども、解説者達が物凄いことになっていた振舞い。
解説者で、婦人の第1パーソン輩の増田明美ね。家内の細いというか、そういったところは大好きね。何だか増田氏が解説者できるといった真実助かりますネ。
そうして、一緒にしていたのが、Qちゃんこといった。高橋尚子ね。コストメダリストね。こういう2パーソンがメインの解説者ね。
他にも、野口みずきが、誠に第2生愛車という振舞いね。コストメダリストですよ。まさか栄華すぎるでしょ。って思うし、悔しいわ。

も、それは仕方ないのかな?というのもあったりやるのよね。
っていうのは、有森裕子ね。家内が、場内。ヤンマー場内長居の評論で、バイク生には、千葉真子もいて、凄まじいことになっていた。
五輪コストメダリストが2パーソンいて、五輪でメダルを二つゲットしておるほうが1パーソン要るというためね。
こうした凄まじいキャストっていうのはね。男児はコストメダリストはいないしね。それで優勝取材の残りに、カトパンと共にいたのが、コストメダリスト2パーソンというため、あの有森裕子もいる振舞いできないくらいの、増田明美もいない、重厚な布陣。
それほど力を入れている根拠で、増田明美は異色として、それでも、高橋尚子か、野口みずき、有森裕子のうち1パーソンもいたら、激しい振舞いなのに、オールスターキャストということが驚愕ね。
関テレが軍資金だしたのか?陸連なのか?わからないけれどもね。気になったね。
今度の名古屋はまたこういう布陣なのか気になりますね。

相撲ね。
栃ノ心の優勝で今部分終わり、暫くは各種力士が優勝するような感じになるのかな?ってね。
希少勢の郷里には切望狙うけれども、創傷治っていなくて、また出席して、そして再発しての繰り返しであるから、来場所はでないで、完治してから、夏場所にでて優勝という空気でしてほしい点。
今部分みたいな感じでまた負けてしまうという、今度こそ、休養というのになってしまうからね。その点、きっちり治してから、出席やる点。
それで来場要所ね。大阪で吊り上げるのよね。どうなるのか?白鵬もさすがに既に厳しいかな?って想うけれどもね。
大阪というところは、タニマチという申し立てができたくらいのところでね。何かと接待とかありそうですし、階級に一括払いしか欠けるのもあるからね。何かと誘惑ありそうですしね。一心にただれる春場所って仰るからね。そのあたり、どうかな?っておもう点ね。よっしゃ、どんな感じになって行くかな?といった。

よっしゃ、残り3お天道様経過したら、いよいよですが、キャンプインというため、各種報知が入ってくるのか?とね。
では、けが人でないでくれというのもあるね。
けが人がバレンティンで、そのおかげで、外人投手3パーソンが、裏手にまわり、盤石だったし、中心打者が概して全力できていたあの優勝した3階級前みたいになっていけたら、明るいけれども、きちんと上手く運ばないかな?といったね。
今年は5割でやはりいって、3あたりに入る振舞いできたら、CSで昨年のベイスターズみたいなことがあるからね。
で、本音。カープ、ベイスターズは確実にA講話に入るだろうと。3あたりになる%。阪神と重鎮が40パーセントづつ。ウチといった中日が10パーセントづつで、万が一上方ラインナップ2組が崩れる振舞い。これは不在かと。となるとね。今年は凄いけれどもね。重鎮の前クチコミは非常に悪いので、ココよね。このシーンこそ、良い感じもするのが、何とく想うところではいらっしゃるのよね。

う〜ん。今年のヤクルトなんですけれども、つらいなと。
というのもあるのですが、もしもの10パーセントなんですけれども、その場合っていうのは、この空気なのかな?というのもあるのよね。
特にけが人ですけれども、主力では滅多にでないという振舞い。
その場合ですけれども、キャッチャーが中村がはじめ。時として西田で、古賀がでてほしい物体ね。
1塁なんですけれども、川端ないしは畠山。合わせて滅多にフルで活躍できるという振舞いね。昨年奴らがいなかったため、打線の厚みというのが依然としてでなかったものでね。
おいらでしたら、ファーストに川端を回して、サードには若手を使うことに始めるのかといったね。そう言う術を取りたいね。
で、セカンドは山田。いろいろで昨年フルイニング出席したことね。これは著しいし、大物はけがせずに現れるという振舞い。それってさすが要所かとも思うしね。今季に昨年の見聞きは通じるのかってね。

サードはこれは完璧に個人的なためはあるのですが、廣岡を我慢して使ってほしいね。亭主の身体の強さはあるでしょうし、あとは飛ギャップね。神宮を本拠でつかっていることもあり、ショートであると守備で気を使ってしまい、良さが出ないのかというのね。ですから、こんな語気はしては追っかけはいけないのかもしれないですけれども、通年我慢して、使ってほしいね。なのでよければ、翌年以上も使えば良しし、ダメだといった思えば、パーツをよそ者にするとか、ドラフト1位の村上を翌年から扱うとかそういった理念になるかもしれないですしね。
理想は、内野で村上という廣岡という影響の大砲ということになれば、凄い楽しみですしね。そこにそのときに、外人の大砲を絡めれば、かなりの得点アビリティー倍増になるのかな?としてはいますね。
川端がファースト、村上がサード。廣岡がよそ者。こいつ、村上といった廣岡反対も望ましいけれどもね。そんなふうになってくれたら全盛期を築くことができるのかって切望狙うね。

ショートなんですけれども、強いなとね。
最高潮の大引であれば、亭主のリライアビリティ居残る守備フィールド、リライアビリティ。送球のリライアビリティ。リーダーシップ。となると、亭主の見聞きといったリーダーシップね。必要かと。
で、育ててほしいのは。奥村ね。亭主が活躍してくれたらというけれどもね。
守備何ですけれども、肩がよく良くないのでね。そのあたりですけれども、スペシャリストであっても宮本慎也とか、井端とか、そこまで肩が良くないので、でもできるから、そんなのを補う感じでできないのかな?というね。
今季入団した宮本ね、亭主の守備アビリティーというのをね。見てみたい物体。さすがに源田。西武の亭主までは期待しないけれども、名手入り前には、かなりの期待される守備力ではあったからね。そのあたりなんですけれども、切望はしたいところですね。
そんな感じでね。ショートね。はからずも、このまま決まらずに翌年は進化ということにもなるかもしれないですし、どうなっていくのか?注目ですね。

よそ者なんですけれども、基本ですけれども、レフトにバレンティン、センターに坂口、灯りに雄平というため、行くでしょうが、奴らはカテゴリーが35年代に近づいているわけでね。そうなると、センターに山崎という代替えも現れるのかな?となると、外れる選手が坂口になっては訪れるのでしょうが、亭主のバット支配と守備フィールドという捕球始めるやり方っていうのは使いたいところではあるのよね。
そう言うわけでね。山崎が守備固め、代走メインになるのか?それともメジャーで行くのか?メジャーかと思われてはいるそんな感じであるのか?というのもあるしね。
あとは、廣岡或いは村上には切望狙う点ね。
将来的にはね。将来的には外人選手でクリンナップ打てるような感じでできたらは思ってはあるけれどもね。
そう言う意味では主砲ができるのか?楽しみでは残る点ね。
昨年、一昨年のドラフトとか上手く行っているみたいなので、その針路で行きたい点ね。

今年のドラフトではあるのですが、そのドラフトでですが、野手ね。遠路砲若しくはキャッチャー、あとはショート。ここは実に取ってほしいものですけれどもね。
残り、投手はあやふや投手といった左側投手ね。とくに左側投手はいないので、取ってほしい。本格派の右側投手っていうのは、どの階級もいるのよね。
そのあたり、小川プロデューサーになってしまい、どうにか傍で頑張っていたことができないで、ステージで采配をふるうのはちょっと悔しいのかな?とね。思ってはあるところではあるけれどもね。
よっしゃ、今後ですけれどもね。今年のポイントね。個々も組もどうなるかで、ある程度のめどが立つ振舞いできたら、そうなったら、最高ではあるけれどもね。
よし、やはり今季ですけれども、いかなる結果になっていくのかな?とね。
山田が頂点で使って、行動力を使いたいという振舞いなんでしょうけれども、投手を8番、野手を9番に使ってほしいのはおいらの欲求、要求ではあるけれどもね。




萩原流 ジャストミートセオリー 〜野球アマチュアのお父さんも行える!小児を組で一番のバッターにする切り口〜 【HM0001】

野球キャッチャー進展プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 製造】動画2枚分隊
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:莉緒
読者になる
2018年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる