続き物です・・・3 

2011年01月28日(金) 23時28分
貴方の為なら(無力な青年)

都内の病院
「集中治療室」と書かれた部屋の前に青年は佇む
青年は息を吸い込み部屋に踏み込んだ

真っ白な部屋の中には
何もなく
包帯だらけの少女がいるだけ

彼女は去年のクリスマスの日に家が火事になり
すべてを失った
大好きな家族・育ってきた家・・・
すべてが焼かれた

俺はこいつが大好きだ
守れるほどの力を持っていると思っていた
助けてやるほどの力をもっていると思った

だけど、駄目だった
俺はこいつに何もしてやれない
(俺は・・・無力だ)

声に出すと何かに押しつぶされそうになる
そんな気がして現実から逃げる

こいつしか助けられなかった
こいつの大切なものをひとを思い出を
何一つ残してやることは出来なかった

アレから1年経とうとしている
サンタなんて信じていない
だけどいるならどうか・・・どうか
俺に力を下さい

クリスマスまで・・・あと3日


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:十六夜 與儀
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
見てくれてありがとうございます(ペコ
コメントとか残してくれるとすっごくうれしいです!!

2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる