私の進む道 01

May 02 [Mon], 2011, 16:21
いつもの学校。
いつもの授業。
いつもの友達。

これは、私が歩んだ世界のお話。





−−−−・・・


私は親友の有里と帰っていた。

「今日はほんと助かったよ〜 ありがと。青奈」
「いえいえっ その代わりレモンティー奢ってもらったし。次からは気をつけなよ?笑」
「はぁーいっ」

私の名前は真野青奈(マヤ セイナ)。
親友の名前は三浦有里(ミウラ ユリ)。


宿題を3回連続忘れたら親に連絡するという決まりがある
私の学校の国語の授業。
『絶対忘れない』そう言っていた有里だが、私の予想通り3回連続
忘れてしまい、私に助けを求めにきた。
そのお礼に私の好きな飲み物である、レモンティーを奢ってもらったのだ。

有里は、私より可愛くて男子にも人気がある。
元気で、でもちゃんと女の子で。
でも一つだけできないものがある。それが、勉強だった。
有里には彼氏もいてたまにその彼氏と2人っきりで帰るのが
恥ずかしいからといい、私を連れて行く有里。
もちろん、2人の会話に入っていけるはずもなく一人虚しく下を見て歩いているのだ。

でも今日は違う。
最近、彼氏と2人だけで帰れるようになった有里と
久しぶりに2人で帰ることになった。
その日の帰り道だった。
私の生活が変わったのは。



「すいません」

いきなり声をかけられ振り向く私と有里。
2人とも知らない人だった。

「あの・・・何でしょう?」

道を聞かれるのかな?そう思ったとき。

「モデルになってみる気はありませんか?」

びっくりした。
私の目を見ながらいってくるこの人は何者なんだろう。
それに、絶対有里のが可愛いのにどうして私を見ているのだろう。
それか、有里を直視するのが恥ずかしくて仕方なくこちらを見ているのだろうか。
とりあえず聞いてみた。

「あの、私に言っているんですか?」

冗談ぽく。

「・・・そんな訳ないじゃーん!きっと有里に言ってるんだよ。ですよね?もちろんなりますよ!
有里、モデルってしてみたかったんだ〜お母さんもきっとokしてくれると思いますし。」

返事は私と有里の関係を微妙にする発言だった。

「いえ、そちらの方です」

指名されたのは・・・私。

「・・・嘘ですよね?私より絶対有里のが可愛いじゃないですか?どうして私なんですか?」
「私には分かるんです。あなたはきっと、世界一のモデルになれます。
モデルを続ければあなたの名前を知らない人はいずれ居なくなるでしょう。」

この人・・・・・本気だ。

「ごめんなさい・・・考えさせてください。」

そういって名刺を貰ってその日は帰った。
その人は、末長 良介(スエナガ リョウスケ)さんと言うらしい。
帰り際、有里が言った一言。

「よかったね。スカウトされて。自慢できるでしょ?有里に勝った。・・・ってね
じゃあね、バイバイ。また明日」

その言い方はすごく悲しくて有里に悪い気がした。
私はモデルをしないほうがいいのかな。
でも、モデルの経験はしてみたい。
でも・・・それで有里との関係がおかしくなるのは嫌だ。

とりあえず、お母さんに相談してみよう。





「モデル?!」
「うん。私、してみたいの。モデルのお仕事」
「何言ってるの!!高校も入学したばっかりで。」
「ちゃんと両立する!テストで良い点とる!成績も落とさない!!だから、お願い。」
「・・・・・両立できなかったらすぐにやめさせるわよ」
「・・・・・・・・・・ありがと!お母さん!!!!」





モデルをすることになった私は早速末長さんに電話をした。
明日は丁度休日なので、事務所にお母さんといってみることにした。


そこで見たものは、すごい衝撃的なものだった。

私の大好きなモデルの灯里(アカリ)ちゃんが居た。
大人気モデルの、カナちゃんもいる。
風菜ちゃんも、reiちゃんも!!!

私がスカウトされた事務所は大人気モデルの寄せ集めとも
言われるぐらい、大物モデルばかりをうみだしている事務所だった。

この間言われた言葉。

「あなたはきっと、世界一のモデルになれます。
モデルを続ければあなたの名前を知らない人はいずれ居なくなるでしょう。」

嘘じゃないかも知れない。
あたし、本当に世界一になれるかもしれない。

そう思った。


「こんにちわ。えっと・・・」
「あ、真野青奈です。よろしくお願いします」
「青奈ちゃんね。よろしく。私は末長といいます。こちらがこの事務所の社長の塩野さんです」
「塩野琴美といいます。よろしくね。青奈」
「・・・よろしくです」

きれいな人だなぁ・・・・・・

「では、早速モデル名などを決めていきましょうか」
「あ・・・・・はいっ」





*−−−−−・・・

「本名・真野青奈・・・・ですか」
「ハイ」
「色んなあだ名が考えられますねっ!!」

灯里ちゃん・・・・・・・*
灯里。本名・原灯里(ハラ アカリ)

普通、読者には本名は教えてもらえないことになっているが
私は特別に教えてもらえたので紹介しちゃいます!

「灯里、風菜、カナ、rei、考えてあげてちょうだい。」
「はぁーい★」

「あぁっ こんなのはどぉですか?」

なんだろう・・・?

「まやちん! 苗字からとってみました〜」
「書記っ!!かいといて。」
「はい。」

カナちゃん凄い。
考えるの早〜っ

カナ。本名・仲間佳苗(ナカマ カナエ)

「ん〜、あ!あおちゃん何かどうですか?」

あお・・・・・?

「えと、青奈って『青』って字書くじゃないですか?だから、あおちゃんで!」

・・・・ほう・・・・・。

風菜。本名・立上風菜(タチウエ フウナ)

「reiは何かない?」
「ん〜・・・普通に青奈でいいんじゃないですか?」

rei。本名・関内玲香(セキウチ レイカ)

「・・・・・・・・・・・」



今日は時間の関係でここまで!
次回、お楽しみに
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:結名
  • 誕生日:5月26日
読者になる

ゆったり、
のんびり自作のお話書いてます!

アドバイス・感想など
どんどん書いてってください★

素直な気持ちで
思ったことをそのまま書いて
もらえたら嬉しいです!

よろしくおねがいします。


◇ ヤプミー募集中!
急の申請でも全部承認させて貰います。
ヤプミーなってくれた方はよかったら
小説の感想等を投稿していき次第
どんどん書き込んでいってください。
 
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/syousetu-m/index1_0.rdf