パンナコッタという魔物 

August 20 [Sat], 2005, 0:02
合宿に行ってきた。多くの思慮を巡らせた結果、間接に自分に思い返せる形で書こうと思う。そうしなければわざわざブログになんか書き込まなくてもいいから。こう客観的な部分があるから周りの人が眉をひそめてしまうのも十重に分かっているけど、こんな方法しかないのだ。こういうスタイルなのだから。嘘はないよ。

野口さんの故郷は田舎の象徴と言った、店が集まっている場所が固まっていてそれでいて例外なくパチンコ屋が多かった。近年になって田舎はいいと言われるけど、やはり僕には「ブーム」としか思えない感が少しはあり、はじめはこの場所にいるのはとても退屈だと思ったけど、今この時そのメンバーで何かを始めるって事に期待せずに入られなかった。ぼんやりとした中での幸福を少しずつ舐めるように味わった。とてもとてもいやらしく。

魚も熊もウサギも風太君もきっと、なんとなく生きている気がして、しょうがない生き物に思えた。きっと人間もさ。そんで、ふとしたことかなんかで気が付いて、後悔したり死にたいって思ったり生きたいって思ったりしてる気がした。命が一定であることを錯覚させられた。こんな所にいたら、今だけはその遊びに付き合ってあげようって気になるもんだよ。ずるいなー。

冷めた事を言えば、「反省会しようよ」。それはこのメンバーだからできることだと思っている。濃すぎたからね。その点はオフラインの問題だからここまでにしておく。

だれも他には知らないかもしんないけど、1日目の夜の一つ星がとても綺麗で滑稽でみすぼらしくて正直がっかりした。でも、それがお似合いだと思った。奇跡なんてどこにもなくて、幸福はどっかに転がってるわけでもなくて、決め付けてやれば良かったんだ。自分のものだから。声を出せばよかったんだ。一発殴ってやればよかったんだ。唾を吐いてやればよかったんだ。切腹してしまえばよかったんだ。どっかに逃げ出してしまえばよかったんだ。

そうそう、もう男連中の車には2度と乗らないとも決めたんだ。教訓だ。
車中はもちろん「GREEN DAY」で、みんな頭を振って磐梯山の火口にまっさかさまさ。
そんで光源現象の塵になって消えたい。

あと900万年後に。

心痛む心見えず心あらず 

August 14 [Sun], 2005, 23:28
えー、タイトルってめんどーですね。なので今日は「ぱっ」と浮かんだ言葉を入れました。意味は無いです。

お盆だ。朝と夕方に墓参りに行って、友達と遊びに行った姉を車で送り迎えしてトップランナー(再放送)見て蚊に刺されても「今回は一回も掻くものか!」と自分ルールを決めたりしながらお盆プレーを楽しんでいます(ま、プレーって事にしとかないと家族といえども気を使うよ)。姉を迎えに行くとき時間があったので本屋巡りしました。1つは駅の中の本屋さんで「FEEL YOUNG」を買って、もう1つは大型古書店で「特命リサーチ200X 超常現象編」と講談社現代新書の「切腹の話」を買いました。読み終えたら感想後で書いとこ。


昨日に引き続き馬刺しを食べた。ビールも飲んだ。俺はどうやら酒はいくらでも飲んでもいいけど、話し相手がいないと眠くなっちゃう人間だと気づいた。すげー眠いよ。2日連続でエロい夢見た。なんてこった。しかもここ何年かでトップクラスに鮮明だった。実家で夢精なんて最低だ。日記に書いちゃうのも最低だ。17日にやっと地元人らと飲みに行きます。それぞれが何らかのマニア、オタク寄りの人間なので全員のパソコンを破壊しようと思います。なぜかって言うとこれ以上は見た人が引くので止めます。友達大事だぜ。

滝に打たれたい 

August 10 [Wed], 2005, 22:01
写真はライトセーバーを買おうとしている「ばっちゃ」。
頭に網をかけてるのがキュートでしょ?

現在、我が家ではアルバイト(見習い)として従兄弟の少年が来ている。今日で3日目。朝8時の朝礼に始まって夕方6時に250ccのバイクにまたがって家に帰るんだ。ちょっと色黒で背の高いという、我が家の家系のは珍しいタイプの彼だ。彼はとても几帳面で、恥ずかしがりやみたいだ。高校1年っていう時期もあるのかもしれないけど、きっと彼の優しさといういいところなんだ。じゃなきゃ俺の人を見る目が無いんだ。

お年を召した方が乗るスクーターってのがあるんだけど、最高で時速6キロしか進まないような乗り物があるのね。それを家の店から展示場がある所までの300メートルをそれに乗って運ばなければいけなかったのね。その距離を移動する間には道路をずっと進んでいって民家の人の目を浴び続けなきゃならないのね。社長が(我が父)はじめは少年に頼んだんだけど、なんだか恥ずかしがっているみたいだから俺が乗って運んで行ったんだ。つくづく羞恥心の無い男だよ。しかも、地元の人に「おはようございます」なんて挨拶なんかしてさ。馬鹿みたいだよ。でも、そういうのがしたくてそんで楽しかったんだ。

その後俺は車で買出しや会社周りをしてて、お昼に帰ってきたんだけど先に少年は飯を食っててやることが無くて何だか浮いてしまっているんだよ。俺もあんまり気を使うとか出来な方だから野球を見てたのね。ってか!今の(?)高校生って140キロとか投げれんのね!知らなかった・・・。独り言みたいに「高校生ってどんくらい(速い球)投げれんのかな?」って言ったら少年は「ぼそっ」と教えてくれたんだ。

俺の目に狂いは無いんだよ、きっと。

東京と時差3時間 

August 09 [Tue], 2005, 22:24
「×××××××××××!!(伏字)」

な〜んてB(Bは馬鹿のB)ボーイかぶれなすっとこどっこいのピーヒャラリーのアンポンタンの味噌っかすの雑兵共の様な現代社会の悪悪悪悪悪な渋谷に群れてなきゃ自分の存在価値を見出せないような人間が「ぽろっ」と言ってしまいそうな台詞を考えてしまった。俺、今すぐ捻挫しろ。凹む。セコム。アイフル。愛降る。

正直、この空気はおっとりしすぎてイライラする。理由は分からいでもないが、そこに引っかかること事態に重症な気がする。

今日出遭った動物:人間(たくさん)、犬(3匹)、カブトムシ(1匹)、カエル(3匹)
・・・オチは期待するな。

明日は実家の手伝いだ大変だなー。エアコンの取り付けをするって、へえ〜。

ラップで巻いた挿入歌を30分熱唱 

August 08 [Mon], 2005, 23:04
明日には青森に帰ります。生きてないもので溢れている部屋に1人。狭いなあ。世界も。あと96年したら魂が宿ってみんな墓場で運動会さ。きっと僕もどこかで運動会。障害物競走ならまかせろ。借り物競争ならTUTAYAのDVDまでならやってみます!月詠オールレンタルで!

今、もう1つ思う事があっていきなり話題を変えるのだが・・・。決断をした人間はきっと強くなる。今までだってそれを見てきた。強くなるとは意志の強さが強くなること。自ずとミナギルモノで一杯になってしまう楽しい事。きっとそうだ。頑張れ。そういう言葉以上に僕が出来ることをたくさん探してやっちまおうと思う。日記になんて書かなくてもいいと思ったんだけど本人はそれが嬉しいらしいからね。いぢわるしてやる。

つーか!今日のガンソード最高だな!!

逃げ水を鼻から吸う男 

August 07 [Sun], 2005, 21:15
なおじが入院したとの連絡が入ったのが4日の深夜。昨日、サークルの後輩のみなさんとお見舞いに行ってまいりました。うん。元気だっだのかな。俺ならきっと今頃淋しいはずだ。深夜になると病院全体が真っ暗で、だれかのイビキしか聞こえない部屋にいるなんて。みんなが帰っちゃった後は特にね。想像しえたけど、現実の姿としてのなおじの点滴姿を見たとき息が詰まりそうだった。なんだろうあんな気持ちは。情。きっとそうだね。「路上やろうよ」ってなおじは言ってくれたけど、「できないよ。きっと(お互い)忙しいし」。そんな風に護摩かしたつもりはないんだけど、それがちょっと時間が経った今気になった。絶対ね、実際柏の町に立っちゃったらきっと尻込んでしまうんだ。で、「ゆず」か何かをやってお終い。それもね、いいんだけど何か違うような気もしたんだ。それがうまく伝えれなかったから悪い事したなと思うんだ。

花火を歩道橋の上から見た。柿ピー食いながら。たくさんの火花が散っていった。ハートが歪んで見えた。我孫子に集まったカップルどもが全員前倒しになってしまえばいいんだと思った。そんで全員が罰として打ち水しまくればいいんだ。そんな事を考えていた。花火を見た子供が「虹色の玉だ!」って言っていた。隣で僕は花火一発が何十万、何百万するかを考えていた。もっと行けるとこまで腐りたいと思った。それはきっと、夏の仕業か戯言さ。バイクに乗りながらそんな事を考えていた。

軽トラで時速120キロ越え 

August 02 [Tue], 2005, 10:44
隅田川では花火大会のためにホームレスが青ビニール住居を撤去させられている。方や地震が起きてもポケベルに出なくって退去を命じられる人がいる。明日には家が無い。きっと強烈な体験に違いない。高校の頃、車にサーカーボールをぶつけたら学校の教務員(お姉さま風)のだったので逃げ帰った時位びびるかもしんない。一緒にいた友達はその人のことが好きだったのにすまない事をしたなといまだに思う。お山、友達は出来たかい?大学へ進んだ君に夏にあったときにケータイにはメモリーが2件しか無かったね。

僕は僕の言葉で苦しめ 

July 30 [Sat], 2005, 23:16
大空の境界線を作るように飛行機雲が泳いでる。僕が振り向いたら墜落してくれてもいいから、それまで機長さんは燃料が無くなっても腹から馬鹿みたいな声を出して人間たちに勝手な想像をめぐらせる記号をたくさんばら撒いてくれ。「あれはソフトクリームかな?」とか「あれはソーセージだ!」って言って笑ってる人間様の写真をたくさんとって、どっかのコンクールか何かに出すんだ。そして参加賞の鉛筆をもらってそれを手動の鉛筆削りで全部粉々にして、それを常にポケットの中に入れておきます。ある日、どこかで火事があったら誰を救うわけでもないのにその家に飛び込んで、全身火傷でドロドロになったまま手を天に掲げ、削りカスを掌に乗っけてこう言うんだ。




「ごめんなさい」




それでも死ねねえけどな。

沈没船はどこまでも行くよ 

July 29 [Fri], 2005, 22:11
就寝は午後10時。起床は午前6時。隠居生活楽しんでます。ばっちゃの梅干食いてえーなー。朝特撮、朝アニメを鑑賞中。あ、現在は30日の午前10時です。冬野さほさんの「まよなか」を読む。「2だんべっと」に引っかかる。ふむふむふむ。2段ベットって可愛いな〜。実家は畳だったからなのか凄く憧れる。絶対ビックリマンシールとかでベタベタにしてそうだけど。

なんかいいもの見たり食べたりすると優しくなった感じがする。それもますます最近感じる。「歩きタバコしないぜ〜!」とか。はい、携帯灰皿持ち歩きます。道で配ってたやつ。もう、キャプテンブラックの匂いが染み付いて「あま〜い」感じです。ファブっても無理です。

む!眠くなってきたかも・・・。そうです。お昼寝も一興なんです。
くうくう・・・

君が寝てる間に納税 

July 28 [Thu], 2005, 22:25
どうも〜カテゴリが日記しか存在しない「しがらみ日記」です。この画像は本人です。アイコラしないでね。
自分の中で最近流行ってる曲は「あっかんべ あっかんべ あっかんべ あ〜かんべ〜♪」ってやつです。CMの。誰か歌ってる人教えてください。バンドのBBSとかで「〜教えてください」っていう人に辛く当たらないでやってください。見てて気持ちいいもんじゃないね、あれ。

先日、小林亜星さんのアルバムを借りました。実はファンです!レンタルで済ましてしまってごめんなさい!こういうの言うのもなんだけど、カッコいい。ああ、こんなおっさんになりたいよ(容姿以外は)。ごめんなさい!ファミマの曲も作ってるんだね!(あなたのコンビニファミリーマート♪ってやつ)CD聴くまで分からなかったよ。すごいな〜。けど、小岩井牛乳の歌が入ってなかったから残念だ。クラシアン(水が漏れてるクラシアンです500、500♪ってやつ)は入ってるのに・・・。ローカルだからか?ばかやろう!亜星急いでダビングしろ!!ごめんなさい!!!(このアルバムは本当にいい!自分の生前の曲も収録されているが、パワー重視でもオーラ重視でもなく亜星さんの曲には「緩やかながらに時に主張!」という匂いが五感の中で一番強い部分に当たる印象を受けて、それが私にとってとても心地よいのだ。これは決してフォローじゃないぞ!)

タバコ買いに行きたいけど日が沈むまで我慢しゅる・・・