消費生活アドバイザー試験に合格するために 

July 13 [Mon], 2009, 11:03
消費生活アドバイザー試験の2次試験においては小論文と面接がありますが、こちらは1次試験と違い自己採点が不可能なので、試験の合格ラインは判断できません。

小論文に関しては取り組む分野をはっきりと決め、関連書籍を熟読しておくと合格ラインに届きやすくなるでしょう。

課題の捉え方やキーワードの適切さに注意しておくのがコツです。
そして消費生活アドバイザー試験の面接は、どのような質問に対しても「消費者寄り」「企業寄り」「行政寄り」など、どこにかたよりすぎても合格は難しいようです。

合格ラインに達するには、かたよった考えではなく、消費者とも企業とも行政とも適度な距離を保った受け答えを意識してみるといいかもしれません。

消費生活アドバイザー試験の合格率は一般的に17〜19%と言われています。
受験対策として、通信講座で勉強する方が多いと思います。

問題集や参考書はあまり多くはありませんが、ネットショップで販売されているので是非参考にしてください。



>>消費生活アドバイザー試験の問題集はここ<<


消費生活アドバイザー試験の合格ライン 

July 07 [Tue], 2009, 15:18
消費生活アドバイザー試験の合格ラインはどのくらいなのでしょう。

消費生活アドバイザー試験には1次試験と2次試験、面接試験があり、1次試験は選択式の筆記試験で合格ラインは65%以上の正答率が必要だと言われています。

消費生活アドバイザー試験の合格点は、65点以上点数が取れていればいいわけです。
1次試験の合格率は3割程度が常のようです。

消費生活アドバイザー試験の問題集や参考書で勉強する人もいます。
また、消費生活アドバイザー資格を通信講座で勉強をして合格を目指す方多いと思います。
どちらにせよ、消費生活アドバイザー資格の試験対策をきちんとして頑張ることです。

P R
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31