CFD取引を始めてみよう 新着

ひまわり証券のCFD

ひまわり証券CFD取引についての基礎知識を少し。

2009年9月末現在の情報です。最新情報はひまわり証券HPで確認ください。
 >ひまわり証券【ひまわりCFD】   

「ひまわり証券」は、2005年に初めて日本でCFDを導入した会社で、ひまわり証券のCFD取引の取り扱い銘柄は、大きく三つのカテゴリーに分かれています。

・外国株及び日本株(東証上場銘柄)、海外ETFを取扱う「株式CFD」
・海外の株価指数を対象とした「指数CFD」
・株価指数先物や債券先物を取扱う「限月CFD」
  (ひまわり証券HPより)

このうち、「株式CFD」で取引できる銘柄は、約3,500種類の米国・欧州(英国やドイツなど)の外国株や海外ETF銘柄、東証日経225採用銘柄で、これら全てが手数料無料で取引することが出来ます。口座開設費や口座管理料も無料です。

[PR]「トレーダーズ・プレミアム」無料体験キャンペーン中


また、取引代金(約定金額)が最低約定金額未満であれば、ミニマムチケットフィーが発生します。

たとえば、通貨が円であれば約定代金が100万円以下だと、ミニマムチケットフィーとして片道500円の手数料がかかります。

株式CFDの証拠金は、銘柄ごとに決められたリスクレベルに応じて設定されています。たとえば、リスクレベル1は5%、リスクレベル8なら100%のようになっています。


ひまわり証券のCFDのメリットは、国内外の個別株やETF銘柄や主要株価指数取引を、最大で20倍のレバレッジで行うことができます。これは、従来の株取引の20分の1の投資資金で取引が出来るということです。

また、仮想資金1,000万円のデモ取引システムが無料で利用できるので、取引画面に慣れてから実際の取引を開始できます。

チャート画面はカスタマイズ性にも優れていて、自分なりに設定することができ、使いやすくなっています。

さらに、ひまわり証券では、CFD取引初心者向けのセミナーも開催されています。ウェブで視聴できるものから、会場で講師の説明を受けられるセミナーもあります。

HPにも、かなり詳しくてわかやすく書かれたCFD初心者レッスンのコーナーがあるので、CFDを何も知らない初心者が一からCFD取引を勉強することもできます。

24時間取引できるのと24時間サポートが受けられるカスタマーセンターが設置されているのも、ひまわり証券CFD取引のいいところです。

ひまわり証券の丁寧なサポートには、定評があります。

■さらに詳しい情報は
 >ひまわり証券【ひまわりCFD】   







CFD口座開設キャンペーンは見逃さない

CFD証券会社では、CFD口座開設の新規獲得を狙って、キャンペーンを行うことがあります。

[PR]>>プロトレーダー注目銘柄を配信中!!


キャンペーン期間中に口座開設など何らかのアクションを起こすと、特典が付いてきます。

口座開設するだけで特典がもらえるケース、口座開設+(10万円以上など)一定金額以上の入金が必要なケース、などいくつかのパターン(条件)があることが多いです。

キャンペーン中に口座開設すると、500円のQUOカードがもらえたりして、それはそれで口座開設者にしてみれば嬉しいのですが、それよりもCFD取引の最新情報やノウハウが載った冊子や、書籍をもらえたりすることがあるので、そちらの方がむしろ嬉しいかもしれません。

例えば、ひまわり証券CFDでは、2009年4月1日から7月31日までは、カリスマトレーダーが効果的な投資法について書いた書籍がもらえるキャンペーン企画があり、それが終わると、8月3日から9月30日まで、また新しいキャンペーンが企画されています。

このように、CFD証券会社のキャンペーン情報に注目しておくことも大事です。

ひまわりCFDのキャンペーン情報-->ひまわり証券【ひまわりCFD】




CFD取引の税金はどうなる

CFD商品で利益が発生した場合、それに対する税金はどうなるのでしょうか?

結論から言うと、CFD取引で発生した利益は雑所得とされ、個人の場合は総合課税されます。

よって、1月から12月までの1年間の雑所得を計算し、その他の所得と合計した総所得を翌年に確定申告して税金を納めなくてはいけません。
なお、この時に手数料等は控除項目となります。

CFDの税金は総合課税制度をとっていて、他の所得と合計して所得税の金額を計算します。
「本業の収入+CFD利益」が課税対象となり、年収が高いほど税率も高くなってしまいます。

税率の概算としては、所得額が200万円以下で税率は15%、 200万以上330万円以下で20%、330万以上700万円以下で30%、700万以上900万円以下で33%、900万以上1800万円以下で43%、1800万円以上は50%となっています。
詳しくは所轄の税務署に問い合わせると良いと思います。

また、年間給与所得が2,000万円以下の給与所得者については、年間の益金とその他の雑所得の合計金額が20万円以下の場合、確定申告をする必要はありません。

課税期間としては、1年ごとの課税となります。
もし前年100万円の損失があり、今年150万円の収益があったとしても、相殺して50万円として申告はできません。

[PR]プロFXトレーダーの勝ち方を無料公開中!



ブログランキング 株式/ファイナンス


CFDのブログで取引のヒント探し

CFDの取引を始めるにあたって、一番大切なのは業者選びとリスク管理と言っていいのかもしれません。

[PR]>>投資成果が今ひとつなら


CFD業者選び
取扱い銘柄、手数料、トレードツールの使いやすさなど、判断基準がいくつかあります。
業者ごとの比較は後日またリサーチして掲載する予定ですが、まずはこれらの比較基準を抑えるところから、はじまります。

リスク管理
CFD取引では「リスク管理」の大切さを主張している人が多いです。

CFD取引は証拠金を担保にし、その何倍もの取引をすることができます。
予想通りの変動があった時には大きな利益がありますが、その反面、
予想に反した変動があった時、大きな損をしてしまうというリスクがあります。

方法としては、「不足証拠金通知(マージンコール)」と「強制決済(マージンカット)」があります。

(1)不足証拠金通知(マージンコール)
「不足証拠金通知」とは、予想に反した証券CFDの変動があり証券CFDの価値が下がり、
証拠金を下回った時に、証券会社からメールやパソコンのプログラム上にメッセージが表示されるなど、
何らかの知らせが届くシステムです。

(2)強制決済(マージンカット)
「強制決済」とは、証券CFDの価値が一定の割合を下回ると、強制的に証券CFDが決済され、
それ以上に損失が大きくならないようにするシステムです。

CFD取引は24時間いつでも取引を行うことが出来、変動が激しいため、
痛い目を見ないように、リスク管理は怠らないようにしましょう。




CFDと言えば三空さん

CFD取引業者も増え、年々盛り上がっているCFD業界ですが、
その中で注目をされている個人投資家が「三空さん」です。

[PR]>>必須アイテム!プロフェッショナル株式情報


三空さんは、株式のネット取引を2003年からはじめ、2005年には1億円を突破しました。

その後もデイトレードで順調に利益を積み重ねていき、
今では2億円を超えるカリスマトレーダーとして活躍している投資家さんです。

三空さんは、現在では日本でのCFD取引の第一人者として、雑誌や新聞などでも活躍し、
今後もネット取引業界の先駆者として活躍するよう努力されています。

三空さんがウェブセミナーを行ったそうですが、満員御礼だったそうです。

最近では、金融・投資情報などの総合ポータルサイト『とれまが』や、
日本最大級の投資SNS『カブトモnet』を運営すしている株式会社サイトスコープが、
『CFD特集 三空さんのCFDで世界デイトレ(http://finance.toremaga.com/inspecial/39/)』
の配信を9月1日に開始しました。

株式市場の低迷が続く中、新しい投資として注目を集めるCFD取引について、
三空さんが具体的なトレードを交えながら、分かりやすく解説してくれるとのこと。




CFDオンライン(Online)取引を始めるには

CFDオンライン取引を始めるには、まず口座を開設しなくてはいけません。

しかし1つの口座を開設するだけで、日本だけでなく、アメリカ、イギリスなどの、
個別銘柄を売買することが出来るようになります。

CFDオンライン取引を始めるために、まず取引業者を選びます。

代表的な業者としては、「ひまわり証券」・「Cmc Markets japan」・「SVC證券」などがあります。

「ひまわり証券」や「Cmc Markets japan」では口座を開設する前に、
デモトレードを無料で利用することができます。

急に実践に挑戦しても上手くはいかないので、初心者はまずはデモトレードで練習します。
デモトレードの使用期間は2週間程度あるので、CFD取引のコツをつかむと良いと思います。

取引業者の選び方としては、取扱い銘柄の数や、手数料の金額、
トレードツールの利便性などを判断基準にすると良いと思います。

[PR]>>プロトレーダー注目銘柄を配信中!!


■各CFD証券会社のデモトレードや口座開設の方法を確認してみましょう
 ・まずはデモ取引から【ひまわりCFD】
 ・CFD取引【SVC證券】
 ・【CMC Markets】CFD
 ・
【オリックス証券CFD】






CDF取引を始めてみる

CFD取引は1つの口座を開設するだけで、日本だけでなく、アメリカ、イギリス、
ドイツ、フランスの個別銘柄を売買することが出来ます。

CFD取引を始めるということは、日本、アメリカ、欧州の株を取引できる海外投資家になるということです。

ちなみにCFD取引は、ヨーロッパでとても人気があり、ヨーロッパ市場の売買高の30%を占めているほど。

CFD取引を始めるにあたり人気の取引業者としては、
「ひまわり証券」・「Cmc Markets japan」・「SVC證券」などがありますね。

「ひまわり証券」や「Cmc Markets japan」では口座を開設する前に、デモトレードを無料で利用することができます。

[PR]>>業界最高水準の会員制株式情報サービス 無料体験キャンペーン


いきなり実践で利益を上げるのは難しいので、まずはデモトレードでしっかり練習し、
CFD取引のコツを学ぶのも良いでしょう。

デモトレードの使用期間は2週間程度あるので、じっくり勉強してみてください。

取引業者の選び方としては、トレードツールが日本語化されているか、取り扱い銘柄がどのくらいあるか、手数料はどのくらいかかるのかといった項目を対象にすると、比較しやすくなるでしょう。

■CFD証券会社で詳細を見てみましょう
 ・まずはデモ取引から【ひまわりCFD】
 ・CFD取引【SVC證券】






商品CFD取引とは

まず、「CFD」というは「Contract for difference」の略称というのは、
何回か説明していますね。

CFDとは、各国の株式や株価指数先物、
金や石油などの色々な金融商品の差額売買を証拠金を利用して行うことです。

[PR]>>プロトレーダー注目銘柄を配信中!!


このCFDは、実は「証券CFD」と「商品CFD」に分かれます。

「証券CFD」は、現物株のみではなく、株価指数や債権に投資するものであり、
「商品CFD」は、今流行っている小麦や原油などの商品に投資するものです。

日本で証券CFDを行っている会社は証券CFDだけを取り扱い、
商品CFDを行っている会社は商品CFDだけを取り扱うことが多く、
両方を扱っている会社は殆どありません。

この原因は、証券は金融庁、商品先物は経済産業省・農林水産省と、
監督省庁が違うためと、思われます。

具体的にどの様な物が商品CFDとして扱われているかというと、
「エネルギー」は原油、ガソリン、天然ガスなど。

「貴金属」は金先物、銀先物、銅、プラチナ、パラジウムなど。
「農作物」は小麦、大豆、とうもろこし、綿花、飼育牛など。

「ソフトコモディティ」は砂糖、珈琲、オレンジジュースなどです。

商品CFDを扱っている会社は日本では少なく、扱っている銘柄の数もあまりありませんが、
今後、新しい会社が参入することで、扱っている商品の数も増えてくると考えられています。



初心者にもわかる?CFDの意味

CFDとは「Contract for Difference」の略で、日本語にすると「差金決済契約」となり、
商品や金融証券、それらを元にした金融商品などの取引での「差金決済」のことを言います。

これだけでは、CFDの意味がよくわからないと思いますので、
例を挙げてみたいと思います。

CFDは証拠金取引を用いる金融商品で、一定の保証金を預けると、
投資資金の数倍の商品を売買することができます。

例えば、A社の株が1株10円として、
それを手数料などを考慮せずに100株買うと1,000円必要です。

A社の株が1円値下がりして9円で決済を行うと、100株で900円となり、
100円の損失がでます。

しかし、1円値上がりして11円で決済を行うと、100株で1100円となり、
100円の利益が生まれます。

値下がりした時も値上がりした時も、決済時には100円しか動いていません。
CFD取引では、1000円、または900円を取引するのではなくて、
決済時の差額である100円をやりとりする取引になります。

現物株取引では最初に株を買うための1000円必要ですが、
CFD取引では証拠金として100円程度の金額を出すだけで取引することが出来、
資金効率が高くなります。

現物株では1000円の投資に対して利益が10円となり、利益率は1%です。
しかしCFD取引では、100円の投資に対して利益が10円となり、
利益率は10%と利益効率も高くなります。

このようにCFD取引には、取引額が大きくて出来なかった株取引にも、
少ない投資金額で投資することが出来るという魅力があります。

なんとなくわかっていただけたでしょうか?

[PR]プロFXトレーダーの勝ち方を無料公開中!






CFDとは

CFD(Contract For Difference、「差額決済契約」)とは、
商品、金融証券やそれらを元に派生した金融商品などの取引での「差金決済」のことを指します。

通常の金融取引商品より、有利な金融取引を個人投資家に提供する金融取引商品です。

取引の形態としては、通常の株式投資は取引所取引となりますが、
CFDは投資家が取引する相手がそのまま取引相手となる相対取引(非取引所取引)となります。

投資家は一定の保証金を取引会社に預けると、レバレッジを効かせることで、
投資資金の何倍もの商品の売買ができます。

よって、外国為替証拠金取引(FX)の株式版とも言われています。

CFDのその他の特徴は、レートの上昇時に利益を得る「ロング(買いポジション)」だけでなく、
下降時でも利益を得られる「ショート(売りポジション)」から相場に入れることです。

CFDは相場の流れに影響されることなく、どのような局面でも利益を追求出来ると言われています。

以前は「エクイティスワップ」と呼ばれ、CFDは機関投資家のみが取引できるものでした。
しかし、現在では世界の70カ国以上の投資家が取引を行い、急成長しています。

特にオセアニアやヨーロッパでの人気が上昇しています。

[PR]プロトレーダー注目銘柄を配信中!!




ブログランキング 株式/ファイナンス


P R


CFD取り扱い証券会社のリンク


FX会社のリンク
FXCMジャパン