古くから伝わる生姜の効能

December 14 [Sun], 2008, 0:18
生姜の中には健康に良い成分が数多く含まれているのは良く知られていることです。イギリスやフランスを始めとする欧米各国では生姜をハーブの代わりに使っているところもあります。又アジアの中国・インドに古くから伝わる東洋医学の中で生姜が様々な面で使われています。18世紀イギリスでペストが大流行したときはイギリス国王自らペストの予防に生姜が効くと国民に生姜を推奨したと言われています、そしてそれ以来生姜を利用したクッキーやパンが作られ広く知られています。生姜にペストに直接効く成分があるわけではもちろんありません、生姜の持つ体の循環機能を良くしたり血行の促進が身体を丈夫にいろんな病気に対しても負けない丈夫な体作りに役立つと考えられたものだと思います。
自然界に存在する自然治癒力が生姜の中にも存在すのかもしれません、中国では三千年もまえから漢方には欠くことのできないものとして活用されて来ました、生姜の消化機能への働き
や循環機能の活性化の作用は他の漢方薬ともども利用されています。

生姜の効能をさまざまに生かしてください。

December 14 [Sun], 2008, 0:16
生姜の効能・効用として最も良く知られているのが、簡単にいうと「血液の流れを良くし、体を温めてくれる」ことでしょう。冷え性の人や風邪を引いた人が生姜を摩り下ろしたものにお湯を入れて飲むと体が温まり熱を下げたりしてくれますから「解熱」の効能もあるのかもしれません。バスや船など乗り物酔いする人に生姜汁を飲ませると乗り物しなくて良いと昔から言われていました
置き薬が盛んなころクスリ屋さんが置いていくチラシに生姜の効能として掲載されていました。夏ばてや疲労で食欲不振に陥ったとき生姜の胃腸に対する刺激により食欲を増進させることができるとも言われています。生姜を食用として料理などで取り入れる際は一日に生姜の一欠けらを摂取の目安とするのが良いでしょう。
生姜を体内に取り入れると発刊作用や血行の活性化又便秘や下痢の解消など生姜が持っている効能について注目が集まっています、生姜を噛んだとき舌を刺す刺激物の中にまだ私たちが知っていない新しい成分や効能の秘密があるのかもしれません。

生姜の効能を上手に生かす

December 14 [Sun], 2008, 0:09
生姜(ショウガ)の効能・効用を考えるときまずもって普段わたしたいがやっているある身近な習慣に注目しましょう。
日本では昔から風邪を引いたとき生姜を摩り下ろしお湯を注いだ生姜湯を飲む習慣があります。生姜湯を飲むと体がポカポカしてきますね。これはまさしく、しょうがに含まれる成分に血液の流れを良くし体を温めてくれる成分が含まれていることに外ありません。 また最近は生姜の持つ健康に良い効能についての研究も進んできました。お寿司屋さんに行くと必ず寿司の薬味として生姜がでてきます、これは昔生ものを食べてもあたらない様に生姜を薬味として使用するようになったものとも言われています。インドや中国でも生姜の効能を生かした料理や飲み物があります。日本同様生姜湯として飲んだり生姜を紅茶に入れる生姜紅茶として愛飲されています。
欧米では生姜をハーブやクスリのように利用している国もあります。そして「しょうが」が持っている成分や効能を生かし様々な工夫で私たちの暮らしや健康に貢献してくれる生姜をもう一度
見直したいものです。