【 更新情報 】

 

省エネ住宅とエコキュートについて

近年、日本の家庭でも、省エネルギー対策が強化され、省エネルギーに配慮した生活が強く求められています。家庭における省エネルギー対策のひとつとして、エコキュートの導入があります。

エコキュートは、正式名称を「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機」といい、「エコキュート」の名称は電力会社・給湯機メーカーが愛称として使用しています。

エコキュートは、ヒートポンプ技術を利用し空気の熱を利用してお湯を沸かすことができる電気給湯機で、エコキュートによって湧いた湯は風呂や調理、最近では温水床暖房などにまで利用できるようになっています。近年では各電力会社や給湯機メーカーが競って開発、販売しています。

お湯を沸かすために消費するエコキュートの電気エネルギーは、熱エネルギーの場合の3分の1程度で、従来の給湯機に比べてCO2排出量を60%削減することができます。

そして大気中の熱を奪う冷媒CO2は工場などで発生したCO2を利用します。エコキュートは地球温暖化の元凶であるCO2を逆に利用し、大幅に省エネ効果をあげる画期的な給湯機として高く評価されています。

エコキュートは、2000年に開発されましたが、2006年には約48万台が設置され、010年までに520万台の設置を経済企画庁は目標にしています。エコキュートは初期費用がかかるものの、それ以上の経済的メリットがあるといわれており、国からの補助金制度もあるなど、初期費用の経済的負担は軽減されます。

問題点として、エコキュートは設備を置くスペースが必要なことと、寒冷地に対応していないことなどが指摘されていますので、今後のさらなる改善が求められています。今後さらにエコキュートが普及し、省エネ住宅が増えることが期待されています。

省エネ住宅と太陽光発電について

最近、地球温暖化という言葉を聞かない日はないほど、地球温暖化問題の関心が高まってきました。世界各国で様々な防止対策が講じられるようになり、日本おいても、2008年から2012年までに、CO2などの温室効果ガスを6%削減することを目標に、省エネ住宅の普及などの家庭における消費エネルギー削減対策に、国をあげて取り組んでいます。そんな中で注目されているのが、太陽光発電です。

太陽光発電は、太陽電池を屋根に取り付けて、太陽の光で電力を作り出すシステムで、発電時に有害ガスやCO2を出さず、電力使用のピークである夏に発電が多くできることから、環境にも人にもやさしい省エネ住宅を実現できる手段として日本でも推奨しているシステムです。

さらに利点としては、電気代を大幅に節約できるという点です。昼間は、自家発電による電気を使うため電気代がかからず、余った電気は電力会社に売ることができます。初期費用は高額となりますが、長い目でみると太陽光発電の方が経済的かもしれません。

また災害時や停電時にも電力を得ることができますし、屋根に取り付けるパネルが断熱効果を発揮し、夏涼しく冬暖かいことから、近年では省エネ住宅でも取り入れられています。

しかし、問題としては、太陽光発電は設備が高額となり、天候に左右されやすいこともあることから、今後さらに改善が求められています。

特に設置費用が高額なこの太陽光発電システムは、地方自治体による補助金制度が設置されいますので、この補助金制度による普及が期待されています。

省エネ住宅と各種補助金制度

1990年代に、世界各国で地球温暖化のもたらす問題が指摘され始め、様々な防止対策が講じられるようになり、日本おいても、地球温暖化の防止対策の一つとして、各家庭における消費エネルギーを削減する取り組みが始まりました。

省エネ住宅の普及は、国を上げて取り組んでいる課題となっており、国では各種補助金制度を設置するなどの取り組みを行っています。

そのひとつとして、「エコキュート導入補助金制度」があります。これは家庭におけるエネルギー消費量の3分の1を占める給湯に着目して、高効率給湯機であるエコキュートを導入する際にその費用を補助する制度です。

最近では、指定された高効率システムを住宅に導入する際に、建築主にその費用の一部を補助する補助金制度が設置されました。この補助金制度を利用して、高効率システムの導入が増えることが期待されています。

太陽光発電システムの導入に際しては、国の補助金制度を地方自治体が引継ぐかたちで、自治体ごとに補助金制度を設けています。そのため自治体によって金額や条件が異なりますが、特に太陽光発電システムは設置費用が高額となるため、補助金制度の効果が期待されています。自治体によって他にも個別の補助金制度が多くあり、自治体の環境問題へ取り組む姿勢が分ります。

省エネ住宅に関する補助金制度は、建築会社や関係者の間では周知されていますが、一般市民には余り知られていないのが実情ですので、省エネ住宅をお考えの方は、各種補助金制度を確認しておきましょう。

補助金制度を利用することで、日本の省エネ住宅が増え、地球の環境悪化に歯止めがかかることが期待されています。

オール電化のメリットとデメリット

某電力会社の調査によると、新築戸建ての約3分の1がオール電化を選択しています。ものすごい勢いで普及していますね。

これだけ支持される理由としては、オール電化の最大のメリットである「火を使わないから安全」ということでしょう。火事が起きたときに被害にあうのは、高齢者や小さなお子さんですが、オール電化のIHクッキングヒーターなら、一人暮らしをしているお母様や、お子さんとの調理も安心です。

また、火を使わないメリットとして、火が燃えるときには、二酸化炭素などの排気が出ますが、オール電化は、この排気がないので、家の中の空気をきれいに保つことができます。

何と言ってもオール電化のメリットは、経済的ということです。ガスを使用していれば、使用量にかかわらず基本料金を取られていますので、電気に一本化すればこの基本料金が節約できます。

さらに、ガスを使用しない場合には、電気料金にオール電化割引という割引が利用できますので、IHクッキングヒーターも併用すると得になります。特にプロパンガスは、単価が高いので節約効果が大きいといえます。

光熱費の大半は、給湯に使われていますので、オール電化にすることにより、電気料金の安くなる深夜電力を効率的に使用する仕組みになっていますので、より無駄のない光熱費として、給湯費用が大幅にコストダウンできます。

利用者の95%以上がオール電化に満足している事実こそ、オール電化のメリットが単なる宣伝文句ではないことを裏付けています。

オール電化に太陽光発電を併せて使えば、もっと経済的になります。太陽光をエネルギーに替えて住宅で電気として使用します。初期設備のコストがかかりますが、電気料金がグッと減ることになりますので、投資費用は回収できますし、太陽光発電にも補助金制度があります。

デメリットとしては、ガスの床暖房や浴室乾燥機があった場合には、使えなくなります。床暖房や浴室乾燥機に対応した電気給湯器も発売されましたが、まだまだ値段が高いなどの問題もあります。また貯湯器がガス給湯器よりも大きいため、設置するスペースが必要になってきます。それでもオール電化のメリットの方が大きいのではないでしょうか。

光熱費ゼロ? オール電化と太陽光発電

今年は段々と経済状況も厳しくなり、さらに節約する生活を余儀なくなれるのではないでしょうか。原油高には、いろいろな原因がありますので一概には言えませんが、石油は限りある資源である、というのもその一因になっています。

そんな中で無限の資源であり、しかも環境に無害である太陽エネルギーへの注目が高まってきています。生活電力のすべてを太陽光発電でまかなうことができれば、これほど地球に優しい生活はないでしょう。だからといって、太陽光発電システムを導入するにはそれなりの設備投資が必要となります。投資に見合った分の見返りがなければなかなか導入には踏み切れないことと思います。

ある住宅メーカーが、「光熱費ゼロ住宅」を前面に売り出していますが、もしそれが現実的なものになれば、まさに財布にも地球にも優しい暮らしができるわけです。

光熱費ゼロ住宅は、まず建物が高断熱・高気密であること、4.5キロワット以上の太陽光発電システムであること、オール電化住宅で、エコキュートとIHクッキングヒーターを備えているなどの3つの要素が必要になってきます。

太陽光発電システムを導入した場合は、自家発電をして家庭内で使いきれなかった余った電力を、高い電気代で電力会社に売り、足らない電力は買うという形になります。すなわち、電力会社に「安く買って高く売る」ことのバランスが、損得の鍵を握るわけです。

そこでものを言うのがオール電化住宅です。オール電化にすると、まず、電気料金そのものが一番お得なプランになります。そして、給湯システムがエコキュートにすると、かなりお得な深夜料金の時間帯にお湯を沸かしておいてくれるのでさらに電気料金の引き下げになります。つまりオール電化にすると、買う分の電気料金を抑えられるので、より財布にやさしくなるのです。

オール電化にして、かつ太陽光発電を利用するということは、無害なエネルギーのほぼ自給自足となります。まさに光熱費ゼロの生活ができるかもしれません。

オール電化にするのにどれくらいの費用がかかる?

最近、家を新築、またはリフォームを考えていて、オール電化が気になる・・・。オール電化住宅って経済的という触れ込みだけど、初期費用が結構かかりそう・・・。そんなことをお思いの方は結構いらっしゃることでしょう。

オール電化にするということは、簡単に言えば、ガスコンロと温水器と暖房を電気式のものにするだけです。ガスコンロはIHクッキングヒーターに、ガスの湯沸かし器を電気温水器に、石油ストーブやガスファンヒーターなどを、電気の暖房器具に替えることです。

『ガス給湯機とガスコンロ』の入れ換える金額と、『エコキュート+IH』の入れ換え金額の差額が、オール電化にすることによって高くなる分です。この初期費用の差額を50万円とした場合(当然販売店によって異なります)、年間の光熱費が10万円安くなると5年で元が取れ、6年目からはオール電化の方がお徳になります。

それでは、今ある家をオール電化にリフォームするには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。IHクッキングヒーターの値段はだいたい15〜25万円、エコキュートの値段はだいたい45〜80万円、この二つの機器を購入するだけで、合わせると最低でも60万円くらいはかかります。

更に、これらの機器を使用するためには、専用の200ボルトの電流を引き込む必要があり、その工事が必要になります。また、エコキュートは、貯湯タンクを安定して置くための基礎工事も必要になってきます。

確かに、ちょっと高いかもしれませんが、それでも、ランニングコストを考えると、オール電化はお得なのです。特に、エコキュートは夜間の安い電気を使うことができますので、電気代の節約になります。

長く使うことで、何年かすると元を取ることができます。販売取り付け業者によって工事込みの割引価格を設定していますので、2,3業者に見積もりを取るとよいでしょう。業者によっては、すこし高めに設定しているところもありますので、よく検討するようにしましょう。

オール電化は、電気代節約などの経済性だけではなく、安全性、快適性、環境に良いなどの大きなメリットがありますので、ぜひとも検討する価値はあると思います。