本購入 

April 09 [Sun], 2006, 20:01
今日は、お出かけしたついでに本屋に寄って本を購入
久しぶりに買ったわ〜。
神楽の好みの本は、またUPしていきますね

「若社長の優雅な休日」 

April 05 [Wed], 2006, 21:52
■森本あき/タカツキノボル/ラヴァーズ文庫

【ストーリー】「癒しのホテルマン」天野心が勤める山水館は、世界中のセレブが一度は宿泊するという超高級ホテルである。心はまだアシスタントだったが、休暇でやってきた大企業の御曹司、野矢慎二郎に気に入られ、専属の世話係に指名されてしまう。慎二郎が泊まる別館は、貸し切り別荘になっていて、滞在中は宿泊客どころか心以外のホテルマンさえもやって来ない。ふたりきり、そして初めての専属接客で戸惑う心に、意地悪で甘い、慎二郎の罠が…!!

【感想】最初は超タカビーだった慎二郎が、ココちゃんには超甘えっ子になるギャップが○。酔って抱かれちゃったココちゃんだけど、次第にに。でもホテルに滞在中のお遊びの相手と思っているココちゃんは、最後まで意地っ張りで…。

「暴走王子と秘密のロマンス」 

April 05 [Wed], 2006, 10:27
■壽みいな/麻薬子/f-ラピス文庫

【ストーリー】夕紀は自他共に認める不幸体質だ。痴漢やスリに恵まれ、挙げ句の果てに、船での旅行中、海に落ちてしまった。気がつくとそこは見知らぬ島。夕紀は素っ裸で、目の前にいる銀髪の美青年に股間を握られていた。ケインと名乗るその男は某国の王子で、この島の所有者でもあるという。そして、夕紀を助けてくれたのもケインだった。その礼と称して身体を求めてきた彼に夕紀は抵抗するが、暴走王子に従わない者には刀剣が振り下ろされる――!?

【感想】強引っぽいけど、結構笑える。 後半は少しシリアス。続編は、日本に移っての学園内での事も。相変わらず強引な王子様です。結婚証明書にサインまでさせちゃうし…。

「お兄様は言いなりにならない」 

April 03 [Mon], 2006, 21:02
■松岡裕太/こうじま奈月/f-ラピス文庫

【ストーリー】父親の経営する画廊の危機を救うため、一攫千金を狙ってジュエリーコンテストに応募した三吾。でも、グランプリは何もかも自分より優れている双子の弟・大哉が受賞してしまう。しかも、グランプリを取ったほうが一生相手を言いなりにできる勝負をしていたから堪らない!一生自分のモノにすると大哉から宣言され、双子の弟との肉体関係に溺れつつも背徳感を覚える三吾はリベンジを誓う。

【感想】約束を持ち出して、言いなりにさせる強行さを持ちながら、三吾の言動一つで焦ってしまう大哉が可愛い。
三吾も大哉を好きなのに、いじっぱりだしね。
兄弟モノは、やっぱり弟攻が王道でしょ〜♪

小説ショコラ 2006年5月号 

April 02 [Sun], 2006, 19:05
私は、この2つが良かったかな。
「鷹は王の腕に舞い降りる」(王子様×リーマン)
強引だけど優しい王子様。
「二十六年目の恋人・後編」(社長×部下)
ドジッ子の瑞貴くんがツボでした。

←クリックすると拡大されます〜。

後、初デビューの国武みらい先生の「アンダルシアの黒い薔薇」(マフィアのボス×フラメンコ歌手)もなかなか
ユアンの昔の男に嫉妬するエルリオが可愛いかも。

ブログをオープンしました♪ 

April 02 [Sun], 2006, 14:10
神楽(かぐら)です。
ブログを開いてみました。
買った本の感想や紹介などをここに書いていきたいと思います。
いつまで続くか判りませんが、お付き合いくださいませ。
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:神楽(かぐら)
趣味:BLを読むこと
好きな作家:金沢有倖先生
        水上ルイ先生
        若月京子先生他多数
最新コメント
アイコン画像メディアネット
» 本購入 (2006年04月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:syosai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる