【 更新情報 】

スポンサードリンク

湘南新宿ラインの概要

 従来、東京駅や上野駅をターミナルとして南北に折り返し運転していた首都圏の中距離電車を、新宿副都心を経由して首都圏を南北に縦断直通運転させる運転系統として2001年(平成13年)12月1日から日中のみ25往復の設定で運行開始。2004年10月16日のダイヤ改正では、池袋駅構内配線改良の完成により、湘南新宿ラインの全列車が南北直通運転となり、運転本数も64往復となった。宇都宮線 - 横須賀線の系統と東海道線 - 高崎線の系統がほぼ交互に運行されており、大宮駅 - 大船駅間の運行数は日中が概ね毎時4本、朝が毎時6本である。
 湘南新宿ラインの登場により、横浜駅 - 渋谷駅間(東急東横線)で競合する東急と新宿駅 - 藤沢駅・小田原駅間(小田急小田原線、小田急江ノ島線)で競合する小田急に大きな影響を与えた。東急は、湘南新宿ライン運転開始に先立つ2001年3月のダイヤ改正から東横線で特急の運転を開始し、渋谷駅 - 横浜駅( - 桜木町駅、2004年からは元町・中華街駅)間の速達輸送を強化した。さらに2012年度からは東京地下鉄副都心線(池袋駅 - 渋谷駅間)との相互直通運転が開始される予定である。これにより、競合区間が、横浜駅 - 池袋駅間とさらに延びることになる。また小田急も、2002年3月のダイヤ改正で藤沢駅 - 新宿駅間に「湘南急行」を新設、2004年12月のダイヤ改正ではこれらを廃止する代わりに江ノ島線と小田原線に「快速急行」を新設するなど、速達性が向上してきている。

湘南新宿ライン登場の背景

 JR東日本の首都圏における輸送量が下落傾向にあった。これは少子・高齢化などの社会的変化の影響のみならず、競合私鉄各社が東急目黒線・東京メトロ南北線・埼玉高速鉄道線の相互直通運転を開始するなどで神奈川・東京・埼玉を結ぶネットワークを形成したことも理由の一つである。また、関東六県から首都への旅客流動調査結果によると、北関東(栃木県、群馬県、埼玉県など)から南関東の東京都・神奈川県への旅客需要は大きいことが判明した。首都南北縦断直通運転を可能にすることにより、これらの需要の利便性に応えることが出来ると考えたのである。
 また、JR東日本の経営上の観点からも、湘南新宿ラインを含む南北直通運転は、車両の共通運用化による所要運用数・車両数の削減 、車両基地の共通化による整備コストの削減 、都心に立地する車両基地の郊外移転と再開発を可能とするなどの大きなメリットがある。すでにJR東日本は、東北縦貫線開業後に田町車両センターの廃止と品川車両基地の整理・再開発を計画している。

湘南新宿ラインの車両

 湘南新宿ラインで使用されている車両は全列車がE231系電車で運転されており、4・5号車に2階建てのグリーン車を連結している。シルバーの地色に上がオレンジ、下がグリーンの帯を塗装されているのが目印になる。
 基本編成10両又は基本編成+付属編成(宇都宮・高崎方に連結)15両で運用されている。横須賀線 - 宇都宮線系統に関しては全体の約75%程度の便が15両編成で運転され、うち大半の便が宇都宮まで15両編成で運転される(一部便は小金井で増解結し、小金井 - 宇都宮間は10両編成で運転される)が、東海道線 - 高崎線系統に関しては全体の約90%程度の便が15両編成で運転され、付属編成は籠原で増解結され、同駅以北では基本編成のみ10両で運転される。運行開始当初は「湘南新宿ライン」の愛称表示がなかったが、2004年10月16日のダイヤ改正でE231系に統一されると、「湘南新宿ライン」の愛称表示を開始した。

湘南新宿ラインの時刻表

 下記ホームページ参照ください。
http://town-shonan.com/sh_line.html


>>時刻表を楽天で見てみる




湘南新宿ライン乗車レポート(大船→高崎線籠原)

 友人と鎌倉に行った帰り、大船から湘南新宿ラインの高崎線直通籠原行きに乗車することにした。通常なら、東京まで東海道本線で行き、東京から上越新幹線で高崎へ行くのだが、東海道本線から高崎線に直通する列車に乗ってみようということになった。今回乗車するのはE231系電車だ。
E231系電車の行き先表示器はLED式で、路線名と行き先が交互に表示される。大船駅の時点では路線名「快速 高崎線直通」、行き先「新宿経由 快速 籠原」と表示されていた。
 大船乗車時点では席が埋まり、そこそこ立っている人がいるという感じ。大船までは通常の東海道本線で、次の戸塚から横須賀線が走る線路に入る。戸塚は横須賀線ホームに止まる。だが、「東海道本線」の電車なので東戸塚、保土ヶ谷は通過する。そのため、駅と車内の両方で誤乗防止の放送があった。
 当然、横浜駅も横須賀線ホームに停車する。高崎線直通は快速なので新川崎、西大井は通過する。つまり、横浜の次は恵比寿に停車するのだ。ここでも、通過駅があることや品川方面へは行かないことを案内する放送がしつこいほどにあった。横浜からは結構乗車客も多かった。
 恵比寿から池袋は埼京線電車と全く同じ。4ドア10両編成だし、205系かE231系かの違いだけだ。乗客も東海道本線からの利用者に加えて、「増発された埼京線」としての利用者が加わるためかなりの混雑。
 新宿ではかなりの乗客が入れ替わった。池袋から先は従来からある池袋発着の高崎線電車と同じだ。大宮から先はだんだん乗客が減っていき、終点の籠原へ到着する頃には座っている人もまばらという感じだった。ざっと見た感じでも東海道本線から高崎線へ直通で利用する人は少ないようだ。さらに、高崎方面へ行くとなると籠原で次の電車を待たなくてはならない。
 大船から籠原まで約2時間30分。結構きついものがある。でも、E231系のあのロングシートは良い!115系や211系のシートは同じぐらい乗っていて尻や腰が痛くなるのに、E231系電車のシートは全く痛くならなかった。尻と腰がうまくホールドされるあの形はよく考えられていると思う。あと、適度な堅さのおかげ。

湘南新宿ライン特別快速 グリーン車乗車レポート(高崎→横浜)

 2004年10月16日のダイヤ改正で高崎線〜東海道線では特別快速が新設され、高崎発着の列車も本格的に設定された。早速、ダイヤ改正当日に特別快速のグリーン車に乗車してみた。E231系1000番台電車10両編成が使用されていた。
 側面の行き先表示は今回のダイヤ改正から「湘南新宿ライン」の愛称名も追加されていた。
 グリーン車に乗るので、ホームにあるSuicaグリーン券専用券売機でSuicaグリーン券を購入する。券売機にSuicaイオカードを挿入し、目的地の路線(東海道線・湘南新宿ライン)を押す。そして、目的地の駅(横浜)を押すとSuicaグリーン券が記録される。Suicaグリーン券はSuicaに記録される電子チケットなので紙の切符は発券されない。Suicaイオカードのチャージ額からグリーン料金(750円)が減額されてカードが返却される。
 グリーン車の各座席上部に取り付けられているグリーン車Suicaシステムのカードリーダライタ。空席は赤ランプが点灯している。Suicaグリーン券が記録されたSuicaをタッチすると緑ランプの点灯に変わる。
 Suicaを近づけるとランプが点滅するが、「ピッ」という音はしないのでタイミングが判りづらい。自動改札機にタッチするのと同じ感覚で大丈夫だと思う。あまり長くタッチしていると一旦緑ランプに変わった後、また赤ランプに戻ってしまう。(別列車に乗り換えるときにタッチして空席に戻すことが出来る。)
 高崎を発車した時点ではグリーン車の乗客はまばら。ダイヤ改正前に普通車扱いで運転されていたときは満席だったが、グリーン料金がかかるとさすがに少なくなる。
 ダイヤ改正前は稼働していなかった自動放送(日本語、英語)が稼働していた。さらに、車内案内表示機も乗換案内など詳細な情報が表示されていた。
 しばらくすると、グリーンアテンダントがグリーン券の車内改札にやってきた。グリーンアテンダントは車掌(JR東日本社員)ではなく、日本レストランエンタプライズ(NRE)の社員だ。NREは車内販売や弁当製造などを行うJR東日本系列の会社だが、普通列車グリーン車の車掌業務が委託されている。なお、グリーンアテンダントは飲み物などの車内販売も行うことになっている。
 グリーンアテンダントは座席上のランプを確認していく。Suicaグリーン券で乗車している人は乗車区間は緑ランプなので車内改札が省略される。赤ランプの席に着席している人には車内改札を行い、(Pocket PCと思われる)携帯端末で乗車区間を入力する。携帯端末から情報を送信すると座席上のランプが緑に変化する。
 高崎を発車した特別快速は熊谷まで各駅に停車する。特別快速は大宮まで快速「アーバン」と同じなのだ。というか、上野行きの快速「アーバン」を廃止して代わりに新宿経由小田原行きの特別快速を新設している。
 そのため、熊谷までは大して速くない。本庄で特急「あかぎ」の通過待ちにより5分停車。籠原で後ろに空車5両連結により4分停車だったので、むしろ遅い方だ。
 籠原から15両編成となり、熊谷からやっと快速運転になる。熊谷あたりからはグリーン車の席がだいぶ埋まった状態になってきた。大宮からは上野行きとは異なる東北(貨物)線に入る。貨物線の方はさいたま新都心と浦和にホームが無く通過。ダイヤ改正前はダラダラ走る感じで駅を通過しているのに、通過しない上野行きの列車と同じか遅いぐらいだった。しかし、ダイヤ改正後は普通の走り。今までと比べると速い!
 上中里を過ぎて山手(貨物)線に入るとあまりスピードは出さない。以前とあまり変わらない感じだ。池袋から大崎の区間は埼京線と同じ線路なのでスピードは遅い。だが、特別快速だけ(特急を除く)は恵比寿を通過する。
 大崎を発車すると次は横浜まで停まらない。さらに、この区間は今回のダイヤ改正から湘南新宿ラインのE231系と横須賀線のE217系だけになり、120km/h運転が開始された。E231系の性能をフルに発揮した速い走り。グリーン車は2階建てだが、思ったほど横揺れが無く高速でも快適だ。
 あっという間に横浜に到着。少なくとも高崎線特急(185系)の普通車より、快適で安い。今後も機会があったら積極的にグリーン車を利用しようと思う。
P R
カテゴリアーカイブ