家訓 

January 03 [Sat], 2009, 0:17
あけましておめでとうございます
今年もゆるゆると更新していきますので,よろしくお願いします。

正月に妻の実家へ行ったら,居間に以前書いた家訓が表具されて飾ってありました。
お母さん曰くタペストリー風とのことですが,結構和風です

昔から伝わる家訓とのことですが,地道に働くのがいいということで,このご時世にピッタリですね。

書写教科書の意見を聞く会 

December 31 [Wed], 2008, 12:03
12月は2週続いて東京行きの用がありました。
一つは学芸大附属小金井小の全書研。
もう一つは,次期書写教科書の意見を聞く会。某出版社に声をかけられ,初めて行ってきました。

結論。作り手の熱い思いがよくわかりました。
学習指導要領をどのように教材として具現化するか,そんな一端を垣間見てきました。
呼ばれてお客様では失礼なので,伝えるべきことはしっかり伝えてきましたけどね。

教科書を見る視点も少し変わったような気がします。
これから教科書をどう使おうか,楽しみが増えました。

それでは,皆さんよいお年をお迎えください

上越市役所の書 

December 31 [Wed], 2008, 11:58
私が住んでいる上越市の市役所には,立派な書が飾ってあります。
大字二字で,見ていて元気を与えてくれる書です。

今年は不景気が世間を席巻しましたが,来年は「風神」様が不景気を吹き飛ばしてくれることを祈るばかりですね

書き初め動画 

December 31 [Wed], 2008, 11:48
上国連書写技能認定書初め会の課題語句の動画ファイルを前からUPしていたのですが,動画のエンコードがおかしかったのか,ストリーム配信がうまくいかないことがありました。

先日,動画ファイルを再エンコードし,スムーズに再生できることを確認しましたので,ここで公開します。
教師の皆さんには,ノートパソコンに保存してプロジェクターで繰り返し再生しながら,机間巡視をして個別指導にあたることが可能になります。
生徒の皆さんには,自宅パソコンで繰り返し再生しながら練習することが可能になります。

よろしければご活用くださいね

お寺の看板 

December 31 [Wed], 2008, 11:41
年末になり,少し時間ができたので,半年ぶりの更新です

今年の夏は,母親の元PTA仲間で,お寺の住職をされている方から看板書きの依頼があり,せっかくの機会でしたので,何枚か書かせていただきました。
看板は後々まで残るものなので,とても緊張しましたが,何とか書き上げました。
後から見ると,いくつか直したいところもあるのですが,もしまた書き直しの機会があればその時までということにしておきたいと思います。

それでも,檀家の方や訪問された方からお褒めのお言葉をいただいたようなので,よかったです



「とめはねっ!鈴里高校書道部」紹介 

June 07 [Sat], 2008, 0:24
 「あれ,何て書いてあるか,読める?」「なんでわざわざ読めなくするのかな−書道って。ぜんぜんわかんない!」生徒の皆さんもそんな疑問をもったことはありませんか?教科書のお手本の字はとてもキレイで上手い。でも,相田みつをみたいな上手だか下手だかわからない書も,カレンダーになったりして世の中でありがたがられている。おじいちゃんちの床の間に飾ってある掛軸の書もみみずがのたくったような字で理解不能だけど,それがいいらしい。一体,字が「上手い」ってどういうこと??

 カナダ帰りの帰国子女である主人公の大江縁は,中学卒業後,鎌倉市のはずれにある私立鈴里高校に入学します。そこで,部員数が足りなく廃部の危機にあった書道部の先輩たちに弱みを握られ、入部させられてしまいます。そこで彼が感じたことが,先に紹介した「書道ってわかんない!」です。そんな疑問も,鈴里高校書道部を中心とした学園ストーリーを楽しく読み進めるうちに,少しずつ解けてきます。書水の一押しのマンガです。書道に興味のある人,学校や塾で書道を習っている人,字が上手くなりたい人,必読ですよ。

近況 

September 17 [Mon], 2007, 20:53
皆様ご無沙汰しております

3月に無事大学院を修了し,現在地元の学校にて職場復帰しております。
現場に戻って国語を教え始めると,やはり時数の関係で書写の時間をなかなかとることができないことを実感します。
文科省の書写実施調査もあったようですが,それでもやはり現場としては「やりたいが時数が・・・」またはもっと消極的な考えといったところのように感じます。
当校は毎週時間割を組んでいるので,比較的実施しやすい環境ですが,年間ないし期毎の固定時間割だと「国語の全体時数の2/10」なんていう設定はとても反映できませんものね。
各国語教師が時数をカウントしながら実施するしかないようです。

さて,最近の書作状況ですが,開店休業状態です
10月に行われる研究協議会で書写の授業公開を行うために,教科理論作成や指導案検討に追われる毎日です。
終わったら,選択国語の生徒が11月の文化祭に出品する臨書作品の指導をしながら,一緒に書けたらって思ってます
また,UPできそうな作品ができたら紹介します。

なお,最近海外からの怪しいコメントテロが集中しているもので,一部ページを非公開にしてますが,ご了承くださいませ。

市澤静山先生 退官記念展覧会 

March 12 [Mon], 2007, 16:50
今日は卒業展覧会の合間を縫って、信州大学市澤静山先生の退官記念展覧会を観てきました。

途中大雪で大変でしたが。。。

上条信山先生の下で書の鍛練を積まれ、書壇で活躍されるとともに大学教授として学生さんの指導にあたられました。

私は直接の面識はないのですが、我がお師匠さんやゼミの後輩のつながりで、今回見に行くことにしました。

信山流は、線の鋭さや白黒のコントラスト、結体の妙など見どころが多くあります。
自分の目指すところとは違う書風ですが、見習ったり取り入れたりすべきところも多く、大変勉強になりました。

ちょうど今埼玉で埼玉の書人の30人展が行われているようで、書水の大学時のクラス担任の加藤先生とともに市澤先生も出品されているようです。
こちらも時間を作って何とか見に行きたいと思う今日この頃です。

卒展 Story 

March 10 [Sat], 2007, 20:41
書水のもう1点の作品です。
AIの「Story」をちらし書きしました。
仮名って苦手だったんで、今回それらしく書いてみましたが、まだまだ素人の域は脱していませんね
会場ではCDを聴きながら鑑賞できるようにしてありますので、皆さんご来場の際はヘッドフォンをご利用ください

卒展 雪月花 

March 09 [Fri], 2007, 0:40
卒業展覧会がスタートしました。
今日は45人くらいの来場者があったようです。
夕方ちらっと寄って記帳を見たら、大学の先生や同級生の名前がちらほら。
お忙しい中ありがとうございます
会場はスポットライトのみで、幻想的な雰囲気。いい感じ

「雪月花」ですが、こんな感じになりました。
額に入れると引き締まりますね。
こうやって見ると、ああすればよかったとかいろいろ思うことがあるんですが、また次回の課題ですね。

次回は「Story」を紹介します。

2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像代表取り締まられ役隊長
» 家訓 (2011年11月05日)
アイコン画像fabiola-dd
» KODOMONO (2008年06月22日)
アイコン画像matar_wh
» 卒展 Story (2008年06月22日)
アイコン画像matar_bl
» 卒展 Story (2008年06月22日)
アイコン画像matar_ks
» 卒展 Story (2008年06月22日)
アイコン画像fabiola-fu
» KODOMONO (2008年06月22日)
アイコン画像matar_ez
» 卒展 Story (2008年06月22日)
アイコン画像fabiola-tk
» KODOMONO (2008年06月21日)
アイコン画像matar_nb
» 卒展 Story (2008年06月21日)
アイコン画像fabiola-mv
» KODOMONO (2008年06月20日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:syomiz
読者になる
Yapme!一覧
読者になる