職務経歴書は転職の自己PR

職務経歴書を作成することは、履歴書に書けないことを詳しく書くことができ、今までの仕事による自分のキャリアや能力などをアピールできる大きなチャンスになります。
職務経歴書のフォーマットは、職務要約・職務経歴・資格・自己PRなどですが、とくに決まった書式やフォーマットはありません。ネット上には、業界や職種による職務経歴書の見本やフォーム・テンプレートなどが多くダウンロードできるようになっています。また、書き方やポイントなども細かく説明されていますのでとても参考になります。
職務経歴書の第一印象が大事なことからレイアウトの美しさも重要になってきます。
自分の能力や業務知識をポイントを絞ってわかりやすく伝えることが必要で、職務経歴書の書き方によって、面接の結果を左右されますので、自分の売りを強調できるように表現を工夫する必要があります。
自分にできる仕事と今までの経験から、応募する会社で何をやりたいかをはっきりと表現できるのが職務経歴書になります。
転職市場が厳しくなってきている中で、企業はいつも優秀な人材を確保したい意欲は衰えていないようで、職務経歴書の書き方がとても重要性を増してきていると言えます。
>>非常識な転職大成功術を見る

見やすい職務経歴書に

職務経歴書のレイアウトはスッキリと見やすくするようにしなければなりません。
職務経歴書を何枚も作成することは、重要な情報がどの部分なのかが分からなくなることが多く、採用担当者に不快感を与えてしまうことがあります。
職務経歴書が読まれるには、相手が知りたがっていることをしっかりと書くことが基本になります。
ピント外れな経歴や、独りよがりな文章を書いた職務経歴書は、採用担当者をうんざりさせるだけです。
希望している企業や採用担当者が知りたがっていることは、応募者が求めている人材としてふさわし経歴があるかなのです。
職務経歴書の書き方のポイントは、読みやすく、簡潔に、具体的に書く必要があります。
書く内容をよく吟味するために、今までの経歴を振り返ってすべてのキャリアをリストアップし、その中からアピールしたいものを選び出すことが大切です。
職務経歴書を書く前に、今までの仕事の内容、身に付いている知識や技術、資格や免許、表彰された内容、自己PRなどを整理し、企業の立場、応募する職種などをよく理解して伝えたいことよりも採用する側が知りたい情報を提供できるようにすることが重要になります。

職務経歴書の書き方の注意

景気後退期における転職活動では、書類選考でいかに勝ち残るかがポイントになります。
転職コンサルタントによれば、転職における書類選考の通過基準が厳しくなってきているため、転職の基本となる職務経歴書の書き方に注意が必要になってきているそうです。
職務経歴書は、今までどのような会社でどのような仕事を行ってきて、どの程度の能力があり、活かしてきたかを表す物差しになり、履歴書の職歴とは大きく異なります。
採用する企業は、職務経歴書を精査し、よい人材を絞り込んできているために、転職の応募書類の書き方は注意が必要になってきています。
職務経歴書が読みにくい、分かりにくい状態では、応募者の粗雑な性格が表れていると判断され、書類ではねられる可能性が高くなります。
転職活動で職務経歴書の作成が困った人が多く、転職活動に必要な職務経歴書の作成を苦手にしている人が多いようです。
職務経歴書をパソコンで作成するため、誤字や表記の間違いがよく見かけられますので、入力変換のミスを防ぐ必要があります。
また、同じ言葉を漢字やひらがなで職務経歴書の文書内で統一されていないと、注意力がないと判断されてしまいます。作成が終われば自分で読み返すだけでなく、ほかの人にも読んでもらったり見てもらうことが重要です。