がっかり… 

2006年10月15日(日) 12時45分
今日はケンジと遊ぶ約束してたのに…



38度の熱がでたってメールがきた。


さすがに遊んでられないよね。





…残念。




電話した感じじゃけっこう元気そうだったけど

大丈夫かな?


38度っていったら
高熱だよ。



早く元気になってね!



二日空けただけなのに 

2006年10月09日(月) 23時13分
金曜の夜から

日曜の夜。


離れてたのはたったこれだけ。


なのに、仕事が終わった後あたしは
大急ぎでケンジに会いに行ってた。

急ぎすぎて、階段の踊り場でコケた…(/-∀-)/≡┸┸



ケンジもケンジで、あたしの休出が終わるのを
今か今かと待っていたらしい。



ケンジの家の前で
二日ぶりの再会。


そして即ハグ。


数か月ぶりに会ったみたいなリアクション。
…二日だよ?
離れてたのは。



仕事終わっていっしょにゴハン食べに行く。

それだけのことなのに。
すごく待ち遠しくて
楽しみで
仕方なかった。


付き合い始めだから
こんなに熱くなってるのは分かってる。


でも願ってしまう。

いつまでも、こんな気持ちを
忘れずにいたいね。


いつでも求め合える
2人でいたいね。



あったかい気持ち 

2006年10月06日(金) 20時25分
金曜日!

明日は休み!


しかしケンジくんは明日も
早朝からお仕事だそうです。
連日の休日出勤…

かわいそうに…






今週末は会えない予感。
あたしが名古屋に行ったり
お互いの休日出勤がきれいに交差しちゃったりで
全然予定が合わないからだ。




仕事終わってから漫喫に行って
2人のんびりしながら
このことを話し合った。


「しょうがないよね。
二日間ガマンしよっか。」


あたしがそうやって言ったら
ケンジはあたしの手をぎゅっと握って離さなくなって


「二日かぁ。…長いなぁ。」

って、独り言みたいに呟いた。


そのあと、今度はあたしの目を見て

「長いね。」

って言ってくれた。



漫喫のパックの時間が終わって
ケンジも寝なきゃヤバい時間になってきて
帰ろうと駐車場に向かってたら



「もっといっしょにいれたらいいのに。」



って言ってくれた…



広い駐車場で
周りに人がいないことを確認して
そっとキスをした。


あたしが車に乗り込んだあとも
運転席までケンジがきて
またキスしてくれた。


…ケンジ。ありがとね。
あたしも同じ気持ちだよ。
すごくあったかい気持ちになって
ぎゅっと心が締めつけられて
ケンジをもっと好きになったよ。




仕事あがりに 

2006年10月05日(木) 23時57分
今日はケンジは仕事休み。

土曜日出たぶんの振替休日?みたいなものらしいです。


あたしは仕事。


仕事が終わったらケンジとおでかけする予定♪



…なのに!
残業入るなんてついてないよ〜。゚(゚ノ□`゚)゚。


泣く泣くケンジにメールした。
ケンジもがっかりしてた。



ごめんなさいの意味を込めて
残業終わったら即答退社しました。



あたしの家までケンジが迎えにきてくれて
一旦おやつ食べにミスド行ってきた(*^_^*)

カフェオレ始まって初めて行ったかも?
テイクアウトはしたことあったけど…


コーヒー飲めないケンジの前で
堂々のおかわり(^O^)/C□☆

おいしかった♪



そのあとは…
イチャつきたかったので
2人になれる場所に行ってきた。



ケンジに抱きついてぼんやりしてたら
メッチャ眠くなった。
ケンジもあたしにはりついて
うとうとしちゃってた。

で、お互いに
「いっしょにいると眠くなるね」
って言いながら笑ってた。


…あ。眠くなるって
退屈でって意味じゃなくて
安心するって意味ね(^_^;)





いつも思うけど
いっしょにいる時間ってホントにすぐ過ぎちゃうね。

今日もあっという間に
帰る時間になっちゃった。


明日も4時起きだから
しぶしぶ帰ったけど…
もっといっしょにいたかったな。



会社で顔見れるけど。
会社の顔も大好きだけど。


2人でいるときの顔は
あたしだけに見せてくれる顔だから
もっと好き。



いつもその顔見せてなんて
ぜいたくなことは言わないよ。


でも、ときどき今日みたいに
仕事で疲れたあたしにその顔を見せてね。


そしたら明日もがんばれるからさ。



ペアリング…ないな┐('〜`;)┌ 

2006年10月01日(日) 23時20分
あたしとケンジの間で
今ちょっと困ったことが起きました。



ペアリングが見つからない…



もともとあたしらは指輪を集めるのが好きで

指輪をはめることに対してはなんの抵抗もなかった。



だから、あたしが何気なく
「ケンジってペアリングとかほしい人?」
ってきいたときも

「うん。」


即答。



で、とんとん拍子に話が進んじゃったもんだから
その場のノリと勢いで
指輪買いに行ったのね。


結果。


撃沈。




ペアリングって、シンプルなものしかないんだね…|||(-_-;)||||||



あたしの好みの指輪は
1cmくらい幅があって
存在感のあるモチーフがついてて
ピカピカしてないシルバーリング。



ケンジの好みは
もう…存在そのものがモチーフ。
スカルとか、映画に出てくる怪物とかが
そのまま指についてる感じ。

重さなんかいっこあたり
500gくらいありそう…



そんなんだから
普通にペアリングのコーナーに行ったって

「これほしい!!」

と思える指輪には出会えるわけもなく。



甘かったなぁ…



一応、2人の好みに合いそうな感じの
リングは見つけなんだけど
そんなゴツいの、薬指じゃデカすぎる!!!



…というわけで却下(´〜`)



結局、ケンジはあんま乗り気じゃなかったけど
ネットショッピングで探すことにしました。

この方がサイズも種類も豊富だもんね。



全く…

ペアリング捜しって
甘い響きとは裏腹に
かなりハードなんだね…(/-∀-)/≡┸┸


スーパープレイボーイ疑惑! 

2006年09月30日(土) 1時39分
ケンジがすごいこと言い出した。


あたしがなんとなく
「ケンジって今まで
何人くらいの子と付き合ってきたの?」

ってきいたらね…





「んー?…3000人。」





!!(((゜Д゜;)))




さ…3001人目ですかあたしは。



ケンジはすぐそういうこと言うので疲れちゃいます。




いや…

笑いとってくれるからありがたいのか(*^_^*)



はじめてのチュウ(*´艸') 

2006年09月29日(金) 0時55分
実感わかない…


そんな記事をUPしたばかりだというのに…



今日1日で一気に実感がわいちゃった…


********

仕事が終わって
おなかが空いてたあたしたち。


今週は仕事終わるの夜だから
ファミレスしか開いてなくて。


ファミレスでゴハン食べたあと
駐車場に停めたあたしの車にケンジを乗せた。

2人とも後部座席。
あたしの車の後部座席には
ささやかながらスモークが貼ってあるから
ちょっとくらいならイチャイチャできる。


会社にはうちらのことは内緒にしてるから
構内じゃ手もつなげないし
必要以上にベタベタできないし
更にこれから仕事が繁盛期にはいって
休日出勤が増えるから
(基本ケンジが土曜日出勤で、あたしが日曜出勤になる)
休日があわなくなるし…


早くも不満がいっぱいで。

ゴハンのあと、帰るまでのちょっとの時間だけが
あたしたちが【恋人同士】としてすごしていられる時間だ。



車に乗り込んですぐに
あたしはケンジにとびついた。


「なんだよ(^-^)意外と甘えん坊だなぁ、あやこは。」
ケンジはそうやって頭を撫でてくれた。


すごく幸せになってきちゃって
ケンジにキスをしてやった。


っても、あたしからのキスはほっぺにだけ☆(*^)(*^o^*)チュ


唇にはやっぱり
向こうからしてほしい。

あたしのささやかな乙女心(*>∀<)ゞ


でもケンジはキスしてくれる素振りもみせなくて。


もしかしたらキス…嫌いなのかな。

そう思い始めた。


だから、もうおねだりするのはやめて
フツーに話すことにした。


元来あたしらは2人そろって
おもしろいものが好き。

このときの会話も
会社でおきた変な話だったと思う。


ホントにホントにくだらなくて笑える話をしてた。

笑いすぎで、あたしは一回ケンジの胸にもたれかかった。

そしたら…



ふいに、唇の端らへんになにかが触れて―



それがケンジの唇だってきづいたときにはすでに
2発目のキス…
今度はちゃんと重なるやつがきてた。


そのあとはあんま覚えてない…{{{{(+_+)}}}}


ただ、家についたときには
唇がヒリヒリしてたから
たぶんかなりたくさんキスしたんだろうな。



それがうちらの
初めてのチュウ☆-(*-)(-*)


ああ、ホントにもうこの人は―

あたしの彼氏なんだ―


一気に実感わきました(*ハ)




しかしケンジくん…



人が笑ってる隙を狙うとは…(((゜Д゜;)))



ムードねぇー(/-公-)/≡┸┸



うちらっぽくていいけどさ…\(`O´θ/



実感わかない(>_<) 

2006年09月28日(木) 0時40分
あたしとケンジは、元からすごく仲良しで
友達時代からすでに
土日どっちかは一緒に遊んだり
仕事が終わったあと
ゴハンを食べに行ったり
夏の間は一緒に花火大会に行ったりしてた。


だから、なんかケンジが
あたしの【彼氏】だっていう実感が
イマイチわかないのだ(≧□≦)


会社の駐車場でケンジの車を発見したとき


(ああ、この車はもう
あたしの彼氏の車なんだなぁ…)

って思ったんだけど



思ったそばから違和感を感じてたり…(>_<)



いいや。

これからじっくり慣らしてけばいい。


うちらはまだ始まったばっかなんだから。


ね!ケンジ!(^з^)-☆

彼氏のこと 

2006年09月27日(水) 0時08分
あたしの初めての【彼】について



彼の名前。

ここでは【ケンジ】と呼ぶことにしよう。



ケンジは、職場で知り合った。


あたしより一ヶ月ほど先に入社していて
歳もあたしと同じで
更に、あたしと同じ愛煙家で…



そうだ。
最初にタメ口で会話ができるようになったのも
今思えばケンジだった。


ケンジの第一印象は
よく言えば【個性派】
悪く言えば…
【どハデで目立つ】
だった。


他の社員がみんな黒髪か
ナチュラルなブラウンだったのに対して
ケンジの髪は、金に近い茶色。


シンプルなジーンズの群れの中
1人凝ったデザインのジーンズをはいていて
そのポケットには
ヒョウ柄の財布がねじこまれていた。


(パンクスかな…?)


これが、あたしが初めてケンジを見たときの感想だった。




話をするようになって分かったこと。


・サイコが大好きだということ

・スプラッタなど、気持ち悪いものが大好きだということ

・ゴツいアクセサリーしか興味を持たないということ

・野菜が大嫌いだということ…

・愛用のタバコはラッキーストライクだということ

・コーヒーが飲めないということ


見た目どおりのイメージもあれば
意外とかわいい一面も持っていて…


楽しかった。

ケンジのことをどんどん知りたくなって。

たくさん話した。
仕事が終わったあと、何時間も語り合ったりして


きづいたときには、あたしたちの間には
すでに親友のような空気が流れてた。


それが今じゃ初彼だもんね(^-^;)
あの頃は
彼氏ってタイプじゃないなって思ってたのにさ。



今は、彼はあたしの一番大事な人です。

あたしのこと 

2006年09月27日(水) 0時00分
あたしのことを少し。


HN : あやこ


男勝りでなにかと荒々しい。

好きな音楽は
ラブソング<ハードロック

好きなテレビは
恋愛ドラマ<お笑い

小さい頃は
女の子たちとおままごと<男の子たちと戦隊ものごっこ


…ほんと、悲しいくらい女らしさがなかった。


そのせいかなんなのか。
過去にあたしが恋をした人たちはみんな
あたしを【友達以上】としてみてはくれなかった。


また、あたしは個性的な服装をとても好んだ。

世の中の男性がキレイ系の女性を支持するのが
とても嫌だった。



気付いたらもう20代も半ばに差し掛かってて
このまま一生恋はできないかと思ってた。

かといって、自分の性格を曲げてまで
彼氏を作りたいとも思えず…


個性か恋の望みのどちらかを捨てるべきなのかと
少し 諦めはじめてた。


そんなときあたしは
【彼】に出会った…



2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:syoholove
読者になる
Yapme!一覧
読者になる