「発信」しようとすると、世界が変わる!?

2011年10月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像syo
初インド出張報告 (2011年02月06日)
アイコン画像ハセ
初インド出張報告 (2011年02月05日)
アイコン画像mayuzou
超懐かしのICU歌劇団(動画付き!) (2010年09月24日)
アイコン画像まーくん
つれづれにどうでもいい記事 (2006年04月26日)
アイコン画像まーくん
つれづれにどうでもいい記事 (2006年03月28日)
アイコン画像Syo兄さん
ウミガメゲーム本第3弾! (2006年03月23日)
アイコン画像Syo兄さん
つれづれにどうでもいい記事 (2006年03月23日)
アイコン画像はせ
ウミガメゲーム本第3弾! (2006年03月22日)
アイコン画像haseo
つれづれにどうでもいい記事 (2006年03月22日)
アイコン画像まーくん
つれづれにどうでもいい記事 (2006年03月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:syo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
結婚10周年の上半期を振り返る、プレミアム家電の一考察 / 2011年10月02日(日)
2011年は、我が家にとって結婚10周年の記念すべき年です。

といいながら、記念すべきイベントなどもTwitterやFacebookなどにお手軽にちょこちょこ書くばかりで、ずっとブログをつけてませんでした。
たまには纏めて振り返り、一つの記事に構築したりするのも有効かな、と思い、今夜久しぶりにヤプログを開いた次第です。

ざっとこの半年の主なできごとを振り返ってみます。

■大震災の影響
発生当日は徒歩で3時間かけて帰り、翌週月曜日は自転車で1時間かけて出勤。運動不足なのにムリしたのがたたり腰痛で立てなくなってしまい一時期松葉杖生活を送りました。
体はもうすっかり元気なのですが、入居4年のマンションの壁に大きなヒビが入ってしまいました。DIYで壁紙を張替えたり板を張り付けてごまかしたり等の対策はしたものの、ガッカリという心の傷は残りました・・・。
家族に人的被害がなかっただけでも感謝しないと。
また、地震保険の一部損壊認定をもらえて保険金が少しおりたり、会社から震災見舞金がでたりしたのはせめてもの慰めになりました。プロにリフォームを頼んだら保険金くらいじゃ足りないんでしょうけど、子供たちがもっとおおきくなったらいつか本格リフォームをしなければならないので、それまでは今のDIYでいくしかないでしょう。

■沖縄旅行!(7月)
くよくよしててもしょうがない、今年は結婚10周年なんだから思い出に残るイベントをしよう、と切り替えて、7月に初の沖縄旅行をしました。
子供たちは初飛行機に興奮!パパママは若いころ日本全国を旅したんだけど、沖縄だけは未踏だったので、これでついに全都道府県制覇になりました。
沖縄に行ったら、離島に行くのがオススメです。我が家は、名護市からちゅら海水族館に向かう途中あたりから沖にちょっと出たところにある、水納島(みんなじま)に行きました。真っ白なサンゴの砂浜、エメラルドグリーンの海で熱帯魚と戯れる、地上の楽園でした。また行きたいよ〜!
X-TRIP 水納島 Cコース ニシダ様 http://www.x-trip.jp/blog/?p=9146
ちなみに、長女(小3)の夏休みの自由研究は、沖縄をテーマにしたものになりました。

写真をクリックすると拡大できます


■ブラジル出張(6月)
8年ぶり2度目のブラジル出張に行ってきました。
今回はドバイ経由。エミレーツ航空はドバイ−サンパウロ間も日本人キャビンアテンダントが結構搭乗していたり、機内エンターテイメントも充実していて、JAL便無き今ブラジルに行くならエミレーツがオススメです。エコノミーなら18万円台で行けますよ!
サンパウロのほか、南緯3度の常夏の街マナウスまで行ってきました。アマゾンの奥地、といっても、実は大都会で、マナウアラショッピングセンターなどは先進国そのものでした。
マナウスは19世紀にゴムの木の栽培で発展した街で、アマゾン川の大きな港があります。苗木を盗み出されて東南アジアにゴム生産拠点の座を奪われて以来没落しかかったのですが、マナウスフリーゾーンという免税都市になることで世界各国のメーカーが生産拠点を構える一大工業都市として甦りました。ジャングルを切り開いて作られた巨大工場がたくさんありました。
水族館などでよく見かけるピラルク、アマゾン川のほとりのレストランで食べちゃいまました。川魚だからタンパクかなと思いきや、脂ののったこってりジューシーな肉々しい美味でしたよ。

子供たちへの海外出張土産は現地のTシャツがなぜか喜ばれるんです


■白物家電、一斉入れ替え
家電製品は10年も使っているとだいぶガタがきます。完全に壊れてしまうまで大事に使いたい気持ちもあったのですが、いい機会なので主要な白物家電を一斉に入れ替えることにしました。
今勤務しているところがまさに白物家電メーカーなものですから、新製品がどれだけすごいか、日頃感じています。いまどきの新型機の性能ってものすごい進歩を遂げているので、買い換えると便利になるだけじゃなく古いものを使い続けるよりむしろエコになるんですよ。

〔例:冷蔵庫 新旧比較〕
型式    MR-YL38A ⇔ R-A5700
全体容積 384L ⇔ 565L
冷蔵室   221L ⇔ 295L
冷凍室   77L(47) ⇔ 117+29+21L(69+16+6)
野菜室   86L(54) ⇔ 103L(67)
寸法    1720×600×699 ⇔ 1818×685×728
年間消費電力 380kwh ⇔ 260kwh


今回買い換えたのは、オーブンレンジ、冷蔵庫、そして今日洗濯機が納品されました。どれも最高スペックのプレミアム製品ばかりをそろえました!
確かに輸入品の廉価モデルと比べたら値は張りますが、高級外車を買うんだ、などという願望と比べたら、だいぶお手軽に最上級品をそろえることが可能です。ちょっと昇給したからプチ贅沢してみたいなどと考えている方がいましたら、日本製のプレミアム家電を揃えてみる、という選択肢をぜひ御一考いただければと思います。比較的手が届きやすくて、しかも毎日触れるものだから毎日いい気分になれますよ〜

せっかくなので、家電購入の買い時情報を調べる方法を紹介します。
日本の家電品は各社ともほぼ毎年モデルチェンジをしています。デビューしたての新製品は、当然お値段も最大になっています。それが(悲しいことに・・・)1年かけて下り坂を一気に転げ落ちるように下がっていきます。
このトレンドは、価格.comの「価格変動履歴」グラフ(例)を見ると一目瞭然です。欲しい商品のこのグラフを見て、いつごろデビューしてどんな価格下落推移をしているか見れば買い時がおのずと見えてくるでしょう。僕が8〜9月に集中して買い換えた理由もそんなところです。
(おかげで、僕の買った値段を聞いた上長があまりの安さに跪く、という事態も生じました)
ただ、注意点として、(1)このグラフにでてくる最安値店舗がかならずしも最安値であるとは限らない(各製品のクチコミ情報もよくチェックしよう)、(2)搬入・据付が大変なものは、ネット家電店だと別料金を取られたりして結局高くつくこともある、ということも要注意です。量販だと延長保証が無料だったり、ポイントがついたりすることも考慮しましょう。

ここで一つ、我が家の洗濯機据え付け時のエピソードを紹介。

値が下がるのをギリギリまで待ち過ぎたためか、狙っていた型式のものが9月初旬からついに量販店の店頭から消え始めました。
同じ量販店でもある店では「もう在庫もないんですよねー」とあしらわれたのに、別の店で「そんなはずはない、絶対どこかにあるはずだから探してくれ」と食い下がったら、奥に下がった店員が、「1台だけありました〜!」と見つけてくれました。店舗間在庫融通してないのかね?

ついに先週我が家の玄関前まで届いた新しいドラム洗濯機君でしたが、防水パンと排水穴の位置から専用の据付台を履かせないといけないことが判明、さらに1週間待つことになりました。
今朝、据付台とともにもういちど我が家の前に届いた洗濯機君、またすんなりうちに入れてもらえません。据付作業員のお兄さんによると、据付台を履かせたことで上の取水口と当たるかもしれない、とのこと。

我が家のぴたっと君(TW11)


そこは僕も調べてあって、ぴたっと君(TW11)は横向きにつけても機能的に問題ないことをTOTOのサービスセンタに確認済。それでもお兄さんは、「自分は水道屋ではないので、万が一のことがあったら責任とれない」と不安そう。仕方が無いので、「じゃあ水栓つながなくていいので置いて行くだけ置いてってください」と僕から申し入れてやっと搬入してくれました。

やってみると、案ずるより横山やすしで、ちょうどいい具合に当たらずに納まってくれました。

すっぽり入りました


新製品たちがどれだけ優れているかも書きたかったのですが、キリが無いのでまた次回。

最後に言っておきたいのは、奥さま方への豆知識です。
プレミアムなマシンを所有したがる男の欲求を満たしてあげると、男たちはそのマシンを使いたくなるものです。
すなわち、プレミアム家電を買えば、パパが自らすすんで喜んで料理や洗濯をするようになるよ、ということです
これはママにとってかなり大きな収穫なんじゃないでしょうか。
プレミアム家電のプレミアムな効果っていうのは、実はこういうのも大きいんじゃないか、と、自らの行動を顧みて悟った次第であります。

 
   
Posted at 00:32 / ファミリー / この記事のURL
コメント(0)
マナウスまで来て、思うこと / 2011年06月19日(日)
2011年6月のブラジル出張時、帰りの飛行機内でipadにメモしたエッセイです。
だいぶ青臭いことを書いていますが、当時の自分の考えを記録しておく目的でブログにも載せることにしました。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

マナウスを発ちサンパウロに向かう飛行機の窓から、南半球の星空が見える。上空から見る南十字星は格別。地上にもジャングルの中に点々と人の住む灯りがあり、上から下まで星空の宇宙空間を飛行しているようだ。



ついに最果てのマナウスまで足を踏み入れた。
海外出張も、単なる物見遊山ではなく結果を出せるようになってきた。仕事上では充実してきて、もっとバリバリやりたいという意欲はある。

一方、インドに行った時も若干感じていたが、新境地を開拓した時のドキドキ感を、段々感じなくなって来ている。
世界中のどこに行っても、出張で滞在するホテルはほぼ同等のサービスを提供してくれる。街の景色はそれぞれ違って面白いが、多少のトラブルが発生しても動じなくなった。

経験のストックが蓄積するにつれて、新しい経験もどこか過去の経験と重なってパターン認識し、予想外の驚きや喜びといった、人生を深められるような感覚を感じにくくなっている。

仕事で来ているんだし、そんな青臭いことではなく結果を出せばいいことはわかっている。
今後も感動の少ない出張をたくさんするだろう。もっと言えば、人生で経験する全てのことが、歳を重ねる毎に動じなくなっていくのだろう。

それでも生き続けていく、前に進み続けていく。
いつか経験のストックが全ての出来事をパターン認識しつくし、全く感動が無くなる日が来るのだろうか。


それとも、ひょっとしたら今は経験ストックの踊り場で、もうちょっと超えたところにレベルアップポイントがあって、そこを超えたら新たなステージが広がっていて、新しい経験値を貯めていくことに新たな喜びを感じられるようになるのではないだろうか?



昔、高校生の頃、溢れる想いを曲にする創作活動にのめり込んだことがあったが、たいしてレベルアップしないうちに勝手に限界を感じて、もうこれ以上のことはできないと辞めてしまったことがあった。
もっとさかのぼれば、小学生のころハマっていたパソコンのプログラミングも、中学生になったころにこのまま突き進んだらオタクになると思い辞めてしまった。


あの時、壁をぶち破っていたらひょっとしたら何か極められたかもしれない。
翻って、今感じているスランプ感を超えられたら、次のステージにいけると信じて、前を向いて生きて行こう。



星空は、いつまでも見飽きることがない。
 
   
Posted at 00:00 / 思い出 / この記事のURL
コメント(0)
初インド出張報告 / 2011年02月05日(土)
2011年になって最初の投稿です。

昨年末、ついにインドデビューしました!
うわさに聞いていた通り、インドはいままで訪れた国々とはだいぶちがう印象。
本当に、何の誇張もなく、町中に牛、牛、牛がたくさんいるのです。
さらには、ラクダやサルや、ついには象まで、市街地の交差点を横切ったりしていました。


訪れたのは、デリーから飛行機で約2時間、西部グジャラート州のアフマダーバード(英語読みだとアーメダバード)。
ガンジーの生家がある、敬虔なベジタリアンの街です。

以下、インドでの印象的なトピックをいくつか紹介します。

■牛のこと
牛の話は前々から聞いていたので、どんだけ田舎なのかな、と想像していたのですが、全然!アーメダバードは人口4百万人超の大都会でした。
その都会の真ん中に、普通に動物たちが人々とともに暮らしてるんです。

牛たちはそれぞれ飼い主がいるらしくて、曰く「町中に放牧している」状態のようです。
さらに、雨季になると、空き地にいた牛たちもぬかるみを避けて舗装道路に上がってくるそうで、道が牛だらけになって進めなくなるそうです。

動物も好きなように暮らせるこの国は、動物にとっては天国なのでしょう。


■食事のこと
アーメダバードでは、一般の人々は肉も酒も基本的にNG。
日本人駐在者は耐えられないので、アパートに専属のコックを雇って普段は日本料理を食べているそうです。
ただし、コックも味見ができない!
ということで、今日の味はどうだったか、とコメントしてフィードバックすることが重要だそうです。
僕もいただきましたが、味見しないでよくこれだけ作れるもんだ、と感心しました。

ベジタリアンなアーメダバードにもマクドナルドがあって、ええっ?と思ったのですが、コロッケバーガーみたいなのを売っているそうです。また、ノンベジな人もわずかながらいるみたいで、サブウェイではチキンが入ったノンベジ用サンドイッチも買えました。

ベジタリアンな国なのに、中年以上は男女ともぽっこりメタボ体型な人がとても多い!
肉を食べない代わりに、大量の油と甘いものを好んで食べるようで、インドはアメリカに次いで世界で2番目に糖尿病患者が多い国なんだそうです。

最終日にアーメダバードで一番高級なレストランといわれる「アガシエ」に連れて行ってもらえました。
グジャラートの伝統郷土料理をいただけるところです。
肉も魚もない、あんまりうまいもんじゃないよ、と聞いていたのですが、味はおいしかったですよ。
ただし、初めて飲んだ「バターミルク」はだいぶ衝撃的な味でした。酸っぱくてうすいミルクに、刻んだ漬物みたいなものが浮かんでいるような、しょっぱ酸っぱい微妙な飲物。
長らく駐在している方は、「水よりは味があるからいいでしょ」といいながらカポカポ飲んでいましたが、インドビギナーの僕にはちょっとムリでした。
あと、最後のデザートとして出てきた、葉っぱにつつまれた小さな実。ボディーソープのにおいがするんです。さすがに食べられませんでした。。。


■冬のこと
訪れた12月末は、インドにとっても真冬。それでも気温は20度以上ありました。
路上生活している人がたくさんいて、生活はたいへんそうでしたが、これなら凍えることはなさそうですね。

アガシエの会食は、オープンエアな席に通してもらいました。
薪のかがり火があったりして、いい雰囲気を醸しています。

ウエイターたちが手隙になるとかがり火のあたりに集まっています。
よく見てみると、彼らは手をあっためている!
日本人は半袖でも平気なくらいの気温なのに、地元のインド人にとっては寒いんでしょうね。
そういえば、街ゆくインド人たちは、コートやダウンジャケットを着ていたなあ。


■トイレのこと
インドのトイレには紙が無い!?という話を聞いていたので、わざわざトイレットペーパーを持参したのですが、空港やホテルや事務所のトイレには幸いなことにいつも紙がありました。ただし量は少ない。
そのかわり、小さなシャワーみたいなのか、もしくは大きなバケツに汲み起きした水と手桶がありました。
これはいわゆるウォシュレットのはしりといえます。
シャワーは小型ながら水圧は強く、慣れれば快適に使えます。
せっかくなので手桶方式にもチャレンジしてみましたが、さすがになれないので仕上げに紙を使わせていただきました。


■ヒンディー語
インドは英語が公用語として使えると思っていたのですが、英語が使えない人もけっこういるようです。
インドでは教育を英語でやっているので、教育を受けた人は英語が使える、ということのようです。

じゃあ英語が使えないインド人は何語をしゃべっているかというと、インドでは100km移動するごとに別の神様と別の言葉があるというくらいいろんな言葉があるそうです。ルピー札に15言語が書かれているって有名ですね。

それでも、ヒンディー語だったら、中国の普通話みたいになんとなく通じるのかもな、と、事前に図書館でヒンディー語会話の本を借りて予習していきました。
発音はカタカナ読みでオッケーみたい。使ってみると、みんなひとなつっこいニッコリ笑顔で反応してくれます。

現地でよく使ったヒンディー語一覧:
・ナマステ・・・有名な挨拶ですね。いつでも使えます。
・ダンニャワード・・・ありがとうの意味。「ダ」にアクセントがあります。
・アッチャー・・・OKの意味。日本人なら困った時に頭を抱えて「あっちゃー」と言いたいところですが、現地では肯定的な意味になります。「バフット・アッチャー」でベリーグッドみたいな感じで使いました。
・フィル・ミレンゲー・・・また会いましょう、とお別れのときに言う言葉。先にアッチャーをつけて言うと効果的。

ついでに、有名なインドジェスチャーの話。
インド人はYESのときに首を横に振るんです。
正確には、首というよりアゴを横に振る感じ。首にバネがはいっているような独特な動きです。
日本では首を横に振ったらNOですよね。まぎらわしい。
ローカルスタッフに何かお願いすると、首を横に振って「あっちゃー」というんです。まぎらわしい。


■インド人のこと
インド紀行エッセーなどで、インド人にだまされたという話を事前にたくさん読んでいたので、いったいインド人ってどんなんだろう?と期待と不安をもって行ったのですが、実際に行ってみて感じたインド人の第一印象を一言でいうならば、とても純朴、といったところでしょうか。
確かにトラブルもあって、到着した深夜の空港にホテルの送迎車がきてなくてホテルに電話したら「予約が入ってない」とかとぼけるんです。でも、こちらの名前が分かってたりとか、とぼけてるのバレバレじゃん、というあたりがなんとなく憎めない。そしてその後駆け付けた運転手は悪びれる風はまったくない代わりに、素朴な笑顔でニコッとするので、やっぱり憎めない。
インド人には失礼かもしれませんが、なんとなく、悪気のない小学生のいたずらを憎めないのと似たような感情かな。
トラブルや利害関係のない普通のインド人と接すると、その純朴な人柄はとても好印象でした。


■帰国後のこと
大晦日のフライトで帰ってきて、無事日本で正月を迎えることができました。しかし・・・。
インドにいったら誰もが経験する、そう「下痢」。僕は1週間の滞在期間中は奇跡的に下痢を発症せずに帰ってこれたのですが、元旦以降、だんだん雲行きがあやしくなってきました。
インド出張のせいで、年末に予約していた泊りがけ家族スキー企画をキャンセルしていたので、そのリベンジのために正月二日に日帰りガーラ湯沢スキーを決行したのですが、移動中からトイレに駆け込むこと数回。
しかも最悪なことに、激痛を伴う痔を併発。ふもとに降りてくるたびに、混雑したレストハウスのトイレに並び、拷問のような痛みに耐える、生涯忘れられないスキーになりました。

正月三が日で、今年1年分の痛みをすべて体験したような、大変な新年の幕開けとなったのでした。

おかげで、正月太りすることもなく、むしろインドダイエットに成功!?
 
   
Posted at 10:07 / 思い出 / この記事のURL
コメント(2)
iPhone、SafeSync、クリスマスプレゼント / 2010年12月25日(土)
今年最後の投稿です。
というのも、明日から大晦日までインド出張
初インドなので、ちょっと楽しみではあります。出張だからディープなインド体験までには至らないだろうけど。

前回投稿からまた間が空いたので、記録としていくつか記事を羅列してみます。

■iPhone導入(2010年11月)
iPadを持っていて、さらにiPhoneてなんだか相当なアップルファンみたいで躊躇していたのですが、やっぱり本心はiPhoneも欲しい〜。
ということで、3年ほど使っていた現行携帯(au)がついに動作不安定になってきたところで、おもいきって乗り換え。
auには10年以上お世話になっていたので、解約手数料が通常約1万円くらいかかるところが、3千円くらいで済みました。
さらに、乗り換え特典でソフトバンクのホワイトプラン10ヶ月無料、加えてショップの特典で商品券もいただいたので、だいぶオトクでした。機器代は実質ソフトバンクが持ってくれてタダだし。
ショップの店長さんも言ってたけど、いまどきは機種変更時の機器代がバカ高くなっているので、一つのキャリアをずっと継続するよりも2年ごとにキャリアを乗り換えて行くのが賢明ということみたいですね。
ランニングコストは、auの頃夫婦で計1万円/月くらいだったのに比べれば、むしろ安くなります(妻は普通の携帯にしたので)。
家族間の通話が、いままで用件だけで手短に済ませてたのが、ダラダラしゃべってても安心になったのはよかった。

1ヶ月ちょっと使ってみて、気になる点としては、
・飲み会とかで店の奥まったところなんかに入ったときなどの電波の弱さ
・タッチパネルなので、親指ブラインドタッチができない
くらいですかね。

それ以上に、iPhone前とiPhone後では紀元前と紀元後くらいの世界感の変化があるような気がしています。
この話はまたあとで纏めます。
周りの人にも、iPhoneでなくてもいいからはやくスマートフォンの世界においで〜、と勧誘しているところです。
スマートフォン、携帯販売でシェア5割なんていう記事もあります。


■SafeSync導入(2010年12月)
SafeSyncとは、いま流行りのオンラインストレージの一種なんですが、最後発ということもあって、なんと驚異的な「容量無制限」という大胆なサービスです。しかも、料金は4980円/年。月額にするとたった415円ですよ。

デジカメの画素数が増えて、動画もHD画質が普通になってきた昨今、ハードディスク容量がもうすぐ限界だー、という悩みがありました。さらに、ハードディスクがクラッシュしたら思い出が全部パーになっちゃうのはイヤだけどバックアップ用を増設するのも躊躇していたところでした。

ということで、新発売の案内メールがきたらすぐ飛びついたんですが、、、
今日でちょうど10日目。ほぼぶっ続けでパソコンをつけっぱなしにしてデータをアップロードし続けているのですが、今のところ送りこめたのは326GB。この調子だと、1TBのハードディスクを全部流し込むのに約1ヶ月かかる計算になります。
うちのはノートパソコンなんですが、そんなに長い間ずっとつけっぱなしにしていると、アップロード完了するまえに壊れちゃうんじゃないかと心配です。。。
容量無制限というけど、この通信速度の遅さで実質制限しているという作戦なんでしょう。だから通信速度改善はあまり期待できないのかな。。。

なお、我が家では2001年に結婚して以来、家族の記録を年ごとにフォルダ分けしてハードディスクに入れてきました。
ここで、データ量のインフレ状況を公開。
 2000年以前 6GB
 2001年 14GB  結婚式のビデオをDVDにしたので。
 2002年 8GB  長女誕生
 2003年 17GB  東京転勤、デジカメ更新(200万画素)
 2004年 15GB
 2005年 19GB  次女誕生
 2006年 18GB
 2007年 12GB  マンション購入
 2008年 160GB  妹の結婚式にあわせてHDビデオ導入
 2009年 276GB  長男誕生
 2010年 256GB  1TBのハードディスク容量が限界に近付いてきたので若干遠慮気味に撮影(!?)

来年以降は、iPhoneでHD動画がさらにお手軽に撮れるようになったのでさらに容量を消費しそうです。



■今年のクリスマスプレゼント
今年2年生の長女に何が欲しいか聞いたところ、「携帯」とのこと。サンタさんは維持費までは出してくれないよ・・・。
次女5歳はいまプリキュアに夢中。ハートキャッチミラージュ希望とのこと。
長男はまだ1歳になりたてのため特に希望無し。

というわけで、イブイブの23日の夜にサンタさんはこっそりトイザラスに行ったのですが、なんとこの書き入れ時に通常通り夜9時閉店とのこと。サンタさんは普通真夜中に行動するのに、天下のトイザラスもわかってないなあ。
しーかたがなーいので、ドンキに行きました。そしたらなんでもあるある!さらにクリスマス包装無料サービス中。
長女には、携帯ではないけど、たまごっち。
次女には、まだ難しいかも?と迷いましたが、DSのプリキュアのゲーム。
長男には、寝る前にママがお話をしてくれるスライド投影機。

さらに、ドンキにはいろいろあるので、ついついパパとママのぶんまで。
パパ:Soleskate
ママ:加湿空気清浄機


今年は家族全員いい子だったので、全員にプレゼントが届きました


こどもたちは今年のプレゼントにも大満足のようです。

Soleskateは発売以来気になっていました。なんでもあのキックスケートの元祖RAZOR社の商品。
キックスケートは、やはり10年前のデビュー時に飛びついて購入し、いまだに愛用しています。

Soleskateはキックスケートよりもスケボー感が強く、すぐには乗りこなせません。
対象年齢8歳以上ということで、結局長女のおもちゃになりそうです。


ではみなさま、よいお年を!
 
   
Posted at 22:43 / 流行 / この記事のURL
コメント(0)
新型食洗機導入 / 2010年10月29日(金)
我が家では、共働きだったこともあって結婚した当初から食洗機を使っていました。

狭い社宅の、激狭い台所にかろうじて置けた卓上型の食洗機は、その働きぶりもさることながら、四角いボディがやたら存在感があって、我が家では「食器洗い機くん」と呼ばれて(そのまんまやないかい!)親しまれてきました。

2度の引越しの際にも彼はついてきて、引越し代に追加オプション料金発生(分岐栓はけっこう高いのです)などの思い出とともに、我が家の食後の家事軽減と水道代などの固定費削減・エコ推進に寄与してきたのでした。

我が家の生活家電の中では、ほぼ創業メンバーの一員といってよい食器洗い機くんでしたが、その苛酷な労働のため、だんだんアウトプットがでなくなり(きれいにならない・・・)、ついに今年の春に惜しまれつつ引退していったのでした。


食器洗い機くんが去った後、食後の洗いものは手作業に戻りました。

食器洗いは、時間・体力に余裕があるときには手洗いでも結構楽しいのですが、調子悪い時でも毎日かならずやらなければならない厄介なもの。
ちょうどこの春に妻が仕事復帰したこともあり、子供3人育てながら食器洗いまでする大変さが食卓に微妙な翳を映します。
新しい食器洗い機くん待望論が日々大きくなってきました。

どうせなら、こんどはビルトインタイプがいいよね。
同じマンションのママ情報から導入事例を聞くと、工事込で15万円くらいでできそうとのこと。

紹介してもらった業者に見積依頼したら、15万円もかからないことが判明。価格.comより安いじゃん!
そこで、秋のこども手当をあてこんで、我が家もついに新型食洗機の導入に踏み切りました。

我が家に来た新しい食器洗い機くんは、パナソニックNP-45MD5。
ビルトインなので先代ほど存在感は無いのですが、我が家の家事軽減に貢献してくれることでしょう。

導入前


導入後



ここで、食洗機にまつわる今回調査事項についてまとめてみます。

1.光熱費の節約は本当か?
取説に同封されていた「こんにちは食洗機」というパンフによると、手洗いvs食洗機では下記の効果があるとのこと。
 ・1回あたり使用水量83リットル:11リットル・・・年間約50tの節水
 ・1回あたり光熱費54円:28円・・・年間18,980円もおトク

たまたま手元に我が家の水道使用量お知らせ票があったので検証してみました。
2010年9月〜10月分:55m3
前年同期使用水量:42m3
東京都水道局のサイトのテーブルから試算したところ、先代の食器洗い機くんが現役だった前年より2か月分で約4千円アップしていました。これだけで年間2万円強!
本当に年間で50トンくらいは節水効果ありそうです。


2.長期使用製品安全点検制度
パナソニックのサイトによると、長期使用製品安全点検制度とは、
「・・・お客様による保守が難しく、経年変化により火災や死亡事故など重大事故が発生するおそれがあり、特定保守製品として、製品を安全にお使いいただけるようにするため、機器を所有されている方に点検や保守に関する情報を提供すると共に、点検実施体制の整備を製造・輸入業者に求め、製品をご利用いただくお客様による点検その他の保守を適切に支援する制度」ということで、「法律の施行(2009年4月1日)以降、製造・輸入された特定保守製品の所有者は、特定製造事業者等へ所有者情報の提供していただく必要があります。 」

要は、経年劣化で重大事故が起きる可能性のある製品を買った人は、メーカーに個人情報を登録しなければならない、ということみたいです。

工事業者の方から「ホームページでも登録できますよ」と聞いたので、上記サイトに行ってみたのですが、字は多いし最初のページに登録画面行きのボタンがなかったり等だいぶ苦労しました。。。
しかも、登録中に製品の製造番号入力を求められ、記載場所は本体のドアを開いて底面または側面を見よ、という指示。えーさっき運転開始したばっかりなのにー、と文句言いながら調べた直後に、保証書にも製造番号が打ってあることに気づきましたorz

先代も選手生命は8年くらいだったし、1の光熱費節約からすると7年でほぼ償却するので、この制度による保守点検連絡が来るころには次世代への買替えを検討してるでしょうね。エコ効果あるんだし、もっと普及させるためにも、10年後にはさらなるコストダウンで販売価格を下げた製品がでてることを期待します。


3.食器洗い機?食洗機?
食洗機って言葉は聞きなれないですよね?若干略しすぎ?MS-IMEでも一発変換できませんでした。でも食洗機という言葉は業界用語としては結構通じるみたいです。
パナソニックもウェブサイトなんかでは略さずにわざわざ食器洗い乾燥機と書いてるようですが、なぜか、初心者ユーザーにいちばんちかい位置づけのパンフと思われる「こんにちは食洗機」には食洗機って使っちゃってますねー。

googleで食洗機と入れると、食器洗い乾燥機と翻訳して検索してるっぽいですね。さすが!
 
   
Posted at 23:32 / 流行 / この記事のURL
コメント(0)
スカイツリーを眺めてたら発見したこと / 2010年10月11日(月)
我が家のベランダから、建設中のスカイツリーが見えます。


windowsムービーメーカーで動画化すると縦横比がおかしくなるんだけど、対策ご存知の方いらっしゃいませんか?


今日はいい天気だったので、晩御飯の後にベランダに出てみると、工事ライトでキラキラひかったきれいな姿がよくみえました。

しばらくボーッと眺めていると、羽田空港に向かう飛行機が、左から右に順番に並んで飛んでいるのがよくわかります。

そんな中、今日の夜9時前、スカイツリーのすぐ右横に、ひときわ明るく光る、うごかない点が二つ。
やたら明るい星だなあ、こんな星あったっけ?スカイツリーの高さと比べたら、地上のライトの光ではなさそうだ。

じっと凝視していると、なんだか矢印みたいな形に見える気がする!?


さらに観察を続けると、その点の明るさはだんだん弱くなって、なんとついに右側に流れ始めて、羽田に向かう列にならんだじゃありませんか!

また同じような点が現れては、しばらくじっとしていると思ったらいつのまにか右側に流れて行くんです。

これはひょっとして、、、

我が家からスカイツリーを望む方向は、ちょうど羽田着陸機の飛行経路とまっすぐ向かい合わせになるタイミングがあるんじゃなかろうか。

まずは、google earthで方角を確認。


我が家(A)からスカイツリー(B)方面を眺望した鳥瞰図。


墨田区の向こうは、浦安〜東京湾を超えて市原方面。

次に、飛行経路を探したら、こんないいのがありました。
羽田空港飛行コースhttps://www.franomo.mlit.go.jp/

このサイトは使用するのにユーザー登録(無料)が必要ですが、飛行コースがアニメーションで出て、騒音値も表示されたりしてオモシロイです。

で、結果は、、、確かに着陸機はみんな市原から浦安に向かって(スカイツリーに向かって)飛んでる!

ちょっとした発見があると、景色を眺めるだけでもうれしいものです。


では、この発見を記念してさっそく(最近個人的にハマっている)連続写真に録って公開しよう、とカメラをセットしたのですが、、、
録り始めた9時過ぎには、さきほどのような明るい点は現れてくれませんでした。。。

あれっ、羽田って24時間空港じゃなかったっけ?
確かにときおりか弱い点滅ランプをともした飛行機が飛んでいるのは見えるのですが、さっきのまぶしい光はなんだったのだろう???


・・・推察するに、夜8時台はまだ飛行機の飛ぶ高度には西日が届いていて機体がキラキラしてたんでしょう。
地上からみると、東の空は真っ暗だから、そのきらめきが際立ったのでしょう。
そして、飛行機が最終着陸態勢に入って方向を変えた時に、矢印みたいな形に見えたんでしょうね。

今度、夕方から夜にかけてよく晴れた日があったら、撮影にトライしてみます。(冒頭の連続写真では感度が低かったのでよくわからないですね)




しかし、「平成22年10月21日、羽田空港のD滑走路供用に伴い、羽田空港の離着陸機の飛行ルートが大きく変更になります」という情報もあって、スカイツリーの間近にきらっと光る点が並ぶ姿はもうあまりみられないのかも・・・?
 
   
Posted at 23:53 / 流行 / この記事のURL
コメント(0)
超懐かしのICU歌劇団(動画付き!) / 2010年09月24日(金)
連休どこにも行かなかったので、せっかくだから今流行りの断捨離しよう、まずは前世紀の遺物のCDを、と棚をかきまわしたら、超懐かしのICU歌劇団CDが出てきた!

今回発掘されて、itunesにいれたのは以下のラインアップです。

・みゅーじかる ねこ(1997年1月)
・ガラコンサート「No day but today」(1997年夏)
・Into the woods(1997年冬)

僕がICU歌劇団にかかわったのは、1996年の「マイフェアレディ」から。
野尻キャンプ繋がりで、ICU祭の本部企画で助けてもらったFuЯiOに、交換条件として歌劇団手伝って、と言われたのがきっかけでした。
素人の僕をいきなり舞台監督に任命してくれて、それ以来学生時代の半分くらいを歌劇団活動に注ぐことになったのでした。
4年生になって、就活が終わったら、ついに裏方から表舞台に!「No day but today」と「Into the woods」では役者として舞台に立ってしまいました。

いまではすっかりPerforming artsな活動はご無沙汰なのですが(カラオケすら行ってない!)、10年以上前のあの頃を思い出すと、なんだかむずむずした気持ちになります。


今回、CDだけじゃなくて、「No day but today」のビデオも発掘されたので、ちょっとおはずかしながらYoutubeにアップしてみました。
限定公開としたので、Youtube内で検索しても出てきません。ここのみでのこっそり公開ですが、映ってる方でどうしても公開は勘弁してくれ―、という方いらっしゃいましたらすぐご連絡ください。

また、僕が動画で持ってるのってこれだけなんですけど、他の公演のビデオをもってるよ、という方いらっしゃいましたら、ぜひ見たいです!一緒に10数年前の思い出に浸りましょう〜♪


1. I pray I make PA
2. Heaven help my heart
3. Think of me
4. I'll cover you
5. Wishing you were somehow here again


6. Dear one
7. Music of the night
8. Now that I've seen her
9. Last night of the world



10. No day but today
11. Bring on Tomorrow
 
   
Posted at 00:59 / 思い出 / この記事のURL
コメント(1)
mixi, facebookとツイッターを連携してみた。 / 2010年09月24日(金)
yaplogに書くのは2カ月ぶりです。すっかり寒くなりましたね。

最近、ツイッターと各種SNSを連携させる機能を使ってる人が増えてるような気がしたので、ためしに僕もつないでみました。
ここに投稿すると、あっちこっちに同時反映するのかな。
同じ内容が連発したらなんかうっとおしいし、使い分けたいような気もしてたので、いままで連携を躊躇してたのですが、そもそも発言自体が少ない僕なのでまあご勘弁ください。

ということで、連携記念のテスト投稿です。
 
   
Posted at 00:47 / テスト / この記事のURL
コメント(0)
再度欧州、Ipad、実験 / 2010年07月19日(月)
我が家にIpadが来て約1ヶ月弱。毎晩ベッドを共にしています

先月の15日、Applestore画面上で「7〜10日後発送」とあったので、28日からの出張に間に合う!と思ってオンライン発注。しかし、直後に届いた「ご注文成立のお知らせ」というメールでは、しれっと「お届け予定日:2010/07/01」となってる!orz

しかし、出張直前の26日朝、ヤマト運輸のお兄さんが我が家に来たのです!
「これって、もしかしてアレですか?!」と興奮するぼくに、お兄さんもニンマリ。
無事、2度目の欧州出張に間に合ったのでした。

僕のは安いwifiモデルなのですが、成田空港でも問題なく使えました。
パリまでの12時間強のフライト中、ずっとつけっぱなしてる訳ではないので、バッテリーは全く問題無し!
(相武紗季似の)キャビンアテンダントの方から珍しがって話し掛けられる、という貴重な体験もありました。
特に帰路は出張報告まとめにIpadくんが大活躍!ミラノ発のジャンボ機でMAGIC-II(映画等がオンデマンドで見られないタイプ)だったこともあり、暇つぶしにも大いに貢献してくれました。

Ipadと比べると、出張用のモバイルPCのでかいこと!次回はIpadだけにしようかな。

今回の欧州出張は南欧巡りとしたので、食事がたいへんおいしくて感激でした

さて、タイトルの最後のキーワード「実験」です。
Ipadは雑誌サイズで何でも表示出来ちゃう便利物。そこで、雑誌みたいにコピー機で画面のコピーが出来るんじゃないか?
試した結果は、このとおり。


白黒コピーでは真っ黒になっちゃいました。


でも、こうやって写真に写るんだから、なんとかやれないのかな?カラーコピーモードにして、濃さを最も薄くしてみたのですが、、、

ほとんど効果なし


そんな悪戦苦闘をしていたら、職場のITギアに詳しい方から、スクリーンキャプチャの方法を教わりました。なーんだ、こんな簡単にできるのね。。。
 
   
Posted at 22:54 / 流行 / この記事のURL
コメント(0)
隅田川BBQ / 2010年06月08日(火)
先週の土曜日、家の近所の河原でバーベキューしました。

予報ではずっと晴れだったのに、直前になって怪しい雲行き・・・、
でもそこはもちまえの晴れ男パワーで、炭がいい感じになるころにはすっかり晴れました。

今回集まった仲間はみんな既婚でちびっこたちが大勢いたのに加えて、うちの長女が近所のともだちを大勢つれてまざってきたので、一時収集がつかない大人数になりました

毎回好評のダッチオーブンのローストチキン、今回もうまくいきました

さて、今回の開催場所は、特になんの予約や許可も得ずにゲリラ的に開催したのですが、知らないおじさんから「火は河川法で禁止されてる」とクレームがありました。

で、調べてみたんですが、河川法では火に関する規制は無いようです。

河原でテントを張ってバーベキューするのに許可はいる?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2132646.html

・・・(前略)
川はみんなの財産なので、他に迷惑をかけない一般的な用途であれば誰でも自由に利用することができます。
(中略)
よって、河原でバーベキューを行うときには、一般的には許可はいらないと考えて良いでしょう。
(以下略)


荒川なんでも相談室
http://www.ara.go.jp/arage/column/qanda/red/right.html#2

Q 河川敷でバーベキューはできるのでしょうか? 
A 基本的に許可というかたちではありませんが、他に迷惑をかけない小規模なものであれば差し支えないようです。ただし、改めて、火使用の是非を聞かれた場合には、バーベキュー場以外では、だめだと返事をせざるを得ないかもしれません。ですので常識の範囲で、自己管理責任のもとでお願いします。(ゴミ、火の処理、周囲への対応等)


「消防法」では、あぶない火の使い方をしてたら消防の人に禁止命令されることもあるみたいです。
後片付けをきちっとするといった常識的なことに加え、煙で近所迷惑にならない等の配慮も必要ですね。

次回は堂々とできるようにバーベキュー場という名のつくところでやりましょう。

おまけ:バーベキューがよりおいしく「岩塩プレート」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/hit/20100527/1031932/
・・・次回試してみよう
 
   
Posted at 01:19 / ファミリー / この記事のURL
コメント(0)
  | 次へ  
 
Global Media Online INC.