グレーブヤード ゾンビの墓場

October 31 [Mon], 2011, 22:32

グレーブヤード ゾンビの墓場(Graveyard of the Living Dead)は、2008年にドイツで製作されたゾンビ映画。

「キネマ旬報社」データベースより
次々と襲い掛かるゾンビの恐怖を描いたホラームービー。
何も知らずに、多くのゾンビが眠る墓地に迷い込んでしまった若者たち。
封印を解かれ、墓の中から甦った不気味なゾンビに囲まれた若者たちは、意を決して彼らに立ち向かっていく。

「感想」
一言で「学生映画レベル」です。
低予算のゾンビ映画は色々見てきましたが最悪でした。
まず、パッケージに完全に騙されました。
ゾンビが墓場から雷が鳴る夜に出てきている感じのパッケージですが、真昼間の撮影で朝から夕方までと言う感じです。

内容も薄っぺらで、ヤンチャ兄ちゃん姉ちゃんが墓場でパーティーしようとしたらゾンビに襲われる。
小屋に逃げ込みそこから脱出を描いているのですが、ゾンビに襲われているのに緊張感、緊迫感はゼロ。

小屋から逃げ出すのに、まさか手でゾンビを押しのけて出るとは斬新。

出てくるゾンビも最悪で特殊メイクは皆無、血のりも赤い絵の具で作ったようなサラサラで水のよう。

ゾンビがピストルで額を打ち抜かれたのに、血が頭頂部から噴水のように出てるし・・・

さらにヒロインがお世辞にも可愛いとは言えない。

吹替えも最悪で漫才レベル。

レンタル料金が100円で良かった。


ゾンビ映画の豆知識 2

October 31 [Mon], 2011, 18:34
ゾンビ映画の巨匠「ジョージ・A・ロメロ監督」には「ロメロのゾンビ映画三部作」と言われる作品があります。

豆知識1で紹介した68年公開「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド

XBOX360の大人気ゲーム「デッド ライジング」の元となったと言われる79年公開「ゾンビ

そして85年公開「死霊のえじき」の3本。

どれもお勧めですが、私は特に「ゾンビ」が好きです。

このロメロ監督作品がなければ後に数多く作られるゾンビ映画や270万枚を超える大ヒットTVゲーム「バイオハザード」も生まれなかったと思います。



ゾンビ映画の豆知識 1

October 31 [Mon], 2011, 17:36
ゾンビ映画の元祖は「恐怖城 ホワイト・ゾンビ [DVD]」と言う戦前の作品です。

1932年の作品、日本では「満州国が建国宣言」世界では「ドイツ総選挙でナチス党が圧勝」など、かなり昔のお話。

後学や雑学の為に見るなら良いですが、ゾンビ映画を楽しみたいと思う人は見ない方がいいです。

本格的にゾンビ映画が広く知られるようになるのは、これから30年以上経過した1968年に公開された「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」まで待たなくてはなりません。

ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督が製作した「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」は低予算ではありますが、なかなか見ていて面白い。

そのあとリメイク版の「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世紀」もお勧めで、オリジナルとエンディングなどが異なります。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゾンビ狩人
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:3月18日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画鑑賞-ゾンビ & ミステリー
    ・TVゲーム-バイオシリーズなどゾンビ系
読者になる
最近TVが面白くないので休みはもっぱら100円でDVDを借りてきてみる日々。
特に洋画のゾンビ物が大好きで週一で見てます。
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/sylvanian/index1_0.rdf

P R