こんな所にこんな事書いても埒があかない、でも、書く。 

2005年11月16日(水) 2時23分
疲れが精神に根を張っている。
恋もサークルも映像も学生生活も人付き合いも、消費活動も夢も会話も
笑い声も、相方も好きな人も嫌いな人も生活リズムも
…なんだか結構多いな。
人と触れ合いたくない。うざい。
その時は楽しいと思う。でも、終わって、から・・・、腹が立つ。
自分の気分に統一が出来ない。
好きなものはやがて嫌いになる。
愛しいものはいづれ憎む存在になる。

では最初から憎んでしまえ。
私が嫌いな、そしていづれ好きになる自分になってしまえ。
殻に閉じこもりたい。お金が欲しい。あの時の自分を消したい。

きっと全部夢。いつか必ず終わりが来る。正論なんていらない。
破壊もいらない。静寂がほしい。きっと他者はいらない。

着飾って何になる。
真面目に生きるのは疲れた。言葉では言い表せない精神がここにはある。
誰もわからない。自分にもわからない。
でも静かな炎が骨まで食い込んで、私の時間を蝕んでる。
だったら時間なんてお前に最初からくれてやる。
それをもらって惨めに泣けばいい。苦しめばいい。
おまえらの苦痛は私の幸福。
私に求めた罪。代償。
おまえらなんて最初から好きではない。
好きではないのだ。
私に求めるな。
もうおこぼれはない。
甘くない。それに気付け。

私にかまうな。
せいぜい主人公を演じ続けろ。

私は脇役でひっそりと利己的に生きるのだ。

私に入ってくるな!!
それがどれだけむごいことか気付いているのか!?

私は利己的に生きたいのだ。

生きないのか・・・

死ぬのではない。

ただ、死んで欲しい。

あうぇsrdtfぎゅk 

2005年06月21日(火) 3時11分
優しさは優しさとは限らない。
考えは決定ではない。行動からスタートが始まる。

今日は沢山話した。
少し腹立たしいけど、忘れてはいけない出来事だと思う。

 

2005年06月20日(月) 13時03分
恋らしき恋は去年の経験が生まれて初めてだった。
でもそれは終わった。「もう発展するものではない」と、
はっきり感じられるものだった。
だけど、本当に好きなら、そう簡単には諦められない、って聞く。
でも私は諦められた。忘れてはいないけど。
その人と会うと未だにドキドキする。
でも発展を望む「ドキドキ」ではない。
あれ以来、憧れる人や私に好意を抱いてくれてる人には
わずかだけど出会った。
「この人を好きになったら面白くなるかも」
とは思った。でも、そう思ってる時点で恋じゃなかった。
今まで恋をしなかった女は、今更自分にとって不可欠なものでは
ないのだろうか?もちろん恋愛できるならそれに越したことはない。
でも、実際こうも自分の認める恋愛感情が表れないと、
自分にとっていらない感情なのかと思われてくる。
果たして、自分の感情に厳しいのか、鈍感なのか、それとも…?

先日、私の知人が恋人を追って電車に乗り込んだ。
その話を聞いて「美しい」と思った。
正直、憧れた。でも私はそこまで出来ない。
そこまで見境もなく恋に没頭出来ない。
その前に交差点が赤信号になる。
でも、その赤信号はあくまで自分で望んだもの。

全く別の生き方、恋の仕方がこの世にはあふれている。

今、新たに気になる人はいるけど、まだ答えは出せない。
ある人が「恋はいつでも初恋だ」って言ってた。
だから前例を参考に出来ないんだろうな。
私があの人を気になるように、
向こうも私のことを気になってくれてたらいいなって思う。
これは恋なのかな?わからないな。
どこからが恋で、何処からが気の合う人なんだろう?
私の場合その境界線は雲みたいで、変わりやすいし、
掴みにくいし、なくなりやすいのかもしれない。
ただ、その上はいつも晴れてるはずなんだよね。

実は惚れっぽいだけなのか?
わからないな。

ライヒ 

2005年06月20日(月) 12時45分
ライヒの『The Cave』のDVDを探しているが見つからない。
販売はされてないが、欲しい。
どうやって入手できるんだぁ。
コネなんてないのに。ううううううぅぅぅぅ。
大学教授って得だヨナァ。

つれづれなるままに 

2005年06月20日(月) 3時08分
太宰治の娘の小説を読んだ。びっくりするくらい駄作だった。
あれでよく作家になれたな、と思う。

映画撮るのが怖い。なんか、私の作品自体、
駄作になってしまってる気がして気が引ける。

嫌いな人や苦手な人がいて困る。
なんでああいう考え方が出来るかな。
でも向こうもこちらのことそう思ってるんでしょうね。

将来について考える。
私がしたいことなんてとても些細なこと。
でも、そういった小さなつぼみを見逃しては、
結局どーでもいいような仕事についてしまいそうだ。
それは、嫌なんだ。
はっきりと思うよ。嫌だって。

じゃぁ、この平凡な大学生は努力を積むべきなんだ。
「不可能って可能に出来るんだよ」
と言える大人になりたい。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sykmy
読者になる
Yapme!一覧
読者になる