不動産屋さんからローンを組むなら今と進められました。

May 28 [Tue], 2013, 10:20
引越しを決めたのは、夏のことでした。


11月の末には、それまで住んでいた賃貸マンションの更新が行われることになっていました。


契約更新時には更新手数料がかからないという契約を結んでいたはずなのですが、オーナーが変わったために当時の契約も少し変更があったということなのです。




賃貸物件のオーナーさんは同じマンションで管理会社も並行して営んでいらっしゃいました。


契約書を交わす時に始めて不動産屋さんでお会いした人が、まさかマンションのオーナーさんであるとは思いもよりませんでした。


優しい小柄な男性で、話しやすい人でした。


その後、体を壊されたらしく弟さんがオーナーに代わったと聞きました。


このときに契約内容の変更があったそうです。


更新料を取られるくらいなら、いっそ家を買おうかとの話になったのです。


住宅ローンは未知の世界なので不安だらけでしたが、正社員として長く勤めてきたので、ほぼローンを組むことはできるだろうと不動産会社の営業マンが言ってくれたからです。


どんなに頭金を用意しても、万が一、会社が倒産やリストラなどにあってしまうと勤続年数が足りなくてローンが組めなくなるといわれました。


今しかないと思い、購入を決めました。