iPhone SEは、幅58.6mm×高さ123.8mm×奥行7.6mm、わずか113gと、非常にコンパクト

June 27 [Mon], 2016, 23:41
iPhone SEは、幅58.6mm×高さ123.8mm×奥行7.6mm、わずか113gと、非常にコンパクトなモデルだが、iPhone 6sと同じA9チップが搭載されており、カメラ性能はフォーカスピクセル対応の1200万画素という、6s級の性能が魅力だ。

 デザインはiPhone 5/5sを踏襲し、高級感さえ感じる。
シャネルiphone6ケース小型であってもチープな印象を与えない。iPhone 6以降のデザインよりもこちらのほうが好みだという人もいるだろう。
シャネルiphone6sケース

 価格は、Apple Storeだと6sが9万8800円に対し、SEは64GBで6万4800円。3万円以上も安い。
ケース コピースペック・デザイン・コストのバランスに優れていると筆者は感じた。

 MMD研究所の「iPhone SEの購入意向調査」(有効回答数15〜69歳の男女2129人、調査期間3月23〜24日)では、「購入したいと思う」(8.6%)、「やや購入したいと思う」(11.1%)の取った手にスッポリ収まるサイズ、それでいてiPhone 6sの性能。
6PlusケースシャネルiPhone SEがいよいよ発売となる。

【iPhone SEとiPhone 5sを比較】

 大画面のiPhone 6s/6s Plusのサイズには慣れられず、4Kビデオ撮影やライブフォトなどの最新機能をちょっとうらやましがりながら、これまでiPhone 5やiPhone 5sでガマンしてきた人にとっては待望の最新機種であり、ぜひともお勧めしたい1台だ。
Michael Kors iPhone6 plusカバー 激安

 手の腹にちょんとのせ、持った手と反対側のキーにもしっかりと指が届き、もう一方の手を添えずに片手だけで文字入力ができるあのサイズ感はもちろん、手のひらで感じる本体の感触までiPhone 5sそのまま。

 かつのてiPhone 4/4sシリーズ、5/5sシリーズがそうだったように、フラットな底面や側面を生かして平台の上に自立させてのセルフタイマー撮影も可能。
シャネルiphone6ケースそれでいて新しい喜びも満載、それがiPhone SEだ。

 これから満開になる桜の花びらのような新色、ローズゴールドの本体色の愛らしさはもちろん、現在、世界の街角のそこかしこに張り出されたAppleの広告で使われているような大判印刷にも十分耐えるiPhone 6s品質の写真が撮れることはもちろん、未来に残したい映像を“未来基準”の4K解像度で撮影できる動画機能もうれしい。
超人気 マイケルコースiPhone6ケース

 だが、なんと言ってもありがたみを感じるのは、Touch IDでの本体の解錠から、アプリの切り替えや起動、操作、さらには通信のスピードまですべて隔世の感があるほどに向上していることだろう。

 それもそのはず、iPhone 5sで使われていたA7と呼ばれるCPUに対して、iPhone SEはその後、A9と呼ばれる2世代後の大幅に進化し、高速化したCPUを採用しているのだ。
iphone6ケース ブランドiPhone SEの登場で悩ましい思いをしているのは、既にiPhone 6/6 Plusあるいは6s/6s Plusに移行済みのユーザーだ。

 筆者もその1人で、最近では6sでも片手で文字が入力できるようになり、何かあるときに写真などが気持ちよい大きさで閲覧できる4.7型の大型(中型!?)画面サイズに満足している。
iPhone 5 ケースコピー

 片手文字入力はとっくにあきらめて、5.5型の見やすく読みやすいiPhone 6 Plus、6s Plusに移行し満足できた人は、おそらくiPhone SEは検討の対象外だろう。

 一番悩ましいのはiPhone 6と6sのユーザーだ。
iPhone6 ルイヴィトンもし、これらの機種でやはり文字入力に慣れられない、という人は、iPhone SEはよい選択肢かもしれない。一方、文字入力にも慣れてきて、映像やWebページを見るのにも4.7型が快適と思い始めている人は、慌てることなく(おそらく秋ごろに)iPhone 6s/6s Plusの後継機が出てくるのを待ってから決断してもいいはずだ。
iphone6sケース

 iPhone SE、6s、6s Plusの最新3モデルは、どれがより先進的、どれがよりよいなどと、答えが1つに出るモノではない。人によって違う答えに対して、Appleが真摯(しんし)に耳を傾けて用意してくれた充実のバリエーションであり、いずれ劣らぬ素晴らしい製品に仕上がっている。
ルイヴィトン マフラー

●ほとんどのケースがそのまま使える

 iPhone 5や5sから、iPhone SEに移行する人にはとてつもなくうれしいニュースがある。

 Appleの新製品ではサイズは同じでも、微妙に形状が異なったり薄さが異なり、また一からケースを買い直さないといけないということが多い(実は別の記事でレビューしているがiPad Air 2と9.7型版のiPad Proがまさにこれに当たる)。
エルメスiphone6ケース

 しかし、今回のiPhone SEは、名前こそまったく異なるが、iPhone 5/5sシリーズとまったく同じ形なのだ。

 4年前、2012年のiPhone 5とともに登場し、安心安全な日本で盗難事件が起きるほど人気だったこの機種の形状は、翌2013年のiPhone 5sでもしっかり守り抜かれたが、そこからさらに2年半を経て登場した今回のiPhone SEでも継承することになった。
iPhone6 シャネルス計19.7%、421人に購入意向があるという結果が出た。

 購入したい理由は、「iPhoneに興味があるから」「携帯電話・スマートフォンの更新タイミングだから」「4インチが発売されるのを待っていたから」「操作性が良さそうだから」「iPhoneのデザインが好きだから」が上位。
iphone6sケース

 SEの特徴から推測すると、ターゲット層はもともと小型モデルが好きだという人はもちろん、大型ディスプレイに馴染めなかった人も含まれると考えられる。大画面に慣れると元のサイズに戻れない人も多いが、片手での操作が難しく、重量もそれなりにあるため、やっぱり小さいほうが使い勝手が良いと感じる人もいるだろう。
Dior iphone6ケース

 また、5s以前を使っているユーザーにも魅力的なモデルだ。現在使っているものより性能が上であり、価格も手ごろである。
グッチマフラー

 SEはあくまでも最新・最高スペックでない上に小型であるため、購買層がかなり限定されそうなものだが、幅広い層にアプローチできる可能性を秘めているのだ。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/syhssf/index1_0.rdf