【 更新情報 】

スポンサード リンク

モビリオスパイクで車中泊に挑戦

モビリオスパイクで車中泊に挑戦してみませんか。

ホンダのモビリオはファミリー向けの7人乗りですが、

モビリオスパイクはスポーティータイプを重視した5人乗りの車です。

天井が高くて、らくに乗り込めるように作られています。

また後部スライドドアは、しかも左右二面ですから本当に便利です。

リヤゲート幅をより広げるために、

リアクォーターウィンドウを潰してテールランプをリアバンパーに埋め込んであります。

そのため7人乗りのモビリオに対して、モビリオスパイクは5人乗りですが、

全長はモビリオより少し長いのです。

モビリオスパイクで車中泊に挑戦にはピッタリの車といえるでしょう。

モビリオスパイクの後部座席を倒せばフラットになり、

薄いマットを敷けばらくらく足をのばして寝ることができます。

エアーベットは必要ありません。

後部にも自転車を立てたままで出しいれができるほどです。

モビリオスパイクほど車中泊に適した車はありませんね。

またDVDプレーヤーや携帯ゲーム機などをもっていけば車内でも楽しく過ごせそうですね。

バッテリーはすぐに消耗するので、ポータブルバッテリーがおすすめです。

バモスで車中泊に挑戦

バモスで車中泊に挑戦です。

バモスはホンダの軽自動車です。

最近の軽自動車は、見ためも大きくて普通自動車なのか、

軽自動車なのかわからないほどです。

特に、バモスは大きく感じますね。

バモスは、荷室の広さが自慢の車です。

ホームページでも紹介していますが、

ソファがゆっくりと積めるスペースがあります。

低いフロアなので乗り降りもらくにでき、大きなドアの開口部が特徴です。

ドアが小さいと、大きな荷物も入りませんからね。

また、前席の下には後席に座る人の足がすっぽり入るようになっていて、

ゆったり乗っていられます。

これなら長距離を走っても疲れませんね。

リクライニング機構を備えたリアシートは、

ヘッドレスも含めてゆったりサイズですから、車中泊にはピッタリです。

バモスで車中泊に挑戦するなら、二人くらいが良いのではないでしょうか。

二人なら後部座席を倒して、布団やその他の荷物もたくさん積めますし、

寝るときも、足をのばして十分に寝ることが可能です。

最近は、道の駅で車中泊をする人が多く増えているそうです。

適当なところで車中泊していると、見まわりのパトカーに尋問を受けたり、

その場の管理者に注意されることもあるようです。

ステップワゴンで車中泊に挑戦

ステップワゴンで車中泊に挑戦です。

ステップワゴンのようにフラットシートの車は車中泊にも適しています。

2列目、3列目シートをフルフラットにして、ゆったりと寝ることができます。

マットなどを積みこんで敷けば布団で寝てるのと同じような感覚で眠れるそうです。

シートとシートの間などは、タオルや衣類、他の荷物で窪みを埋めるとより快適になります。

ステップワゴンのように室内が広いと、車中で何泊もできそうですね。

車中泊のメリットは、連休などでホテルや旅館の確保が難しいときでも車で寝ればいいし、

時間を気にすることもなくマイペースで車を走らせればよいのです。

さらに最近はカーナビを積んでいる人も多く、

道路交通情報や地図、観光地情報なども簡単に入手できます。

道の駅やファミリーレストラン、トイレ、入浴施設などもカーナビで検索可能です。

車中泊の場所は、やはり道の駅がおすすめです。

よく高速道路のパーキングで車中泊している車をみかけますが、

高速道路のパーキングは、一晩中往来が激しかったり、車のライトが気になります。

また大型トラックがエンジンをかけっぱなしで停まっていますから、ゆっくり休めないそうです。

ジムニーで車中泊に挑戦

ジムニーで車中泊に挑戦してみませんか。

ジムニーはススギから発売されている4WD、ジープタイプの軽自動車です。

新しいジムニーワイルドは、座面を暖めるシートヒーターが装備されていて、

寒い冬でも快適にドライブが楽しめます。

夏場の日差しに対しても、レスサーモ機能によって、赤外線の熱エネルギーを抑え、

シートの表面の温度上昇を軽減します。

ジムニーで車中泊に挑戦するには、夏でも冬でも嬉しい装備ですね。

ジムニーで車中泊に挑戦ですから、ハッキリとした行き先を決めず、旅館なども予約せずに、

渋滞具合などで随時変更しながら出かけることができます。

また、疲れたら休めば良いし、眠くなれば寝る、お腹がへれば食べるなど、

自由気ままにできるのが車中泊の良いところでしょう。

車中泊の基本はフルフラットです。

ベットは自作も可能ですが、既製品を使用している人が多いようです。

ジムニーには、ワイルドグースからベットキットが出ているので、

軽自動車といえどもフルフラットが実現できるのです。

あとは布団や寝袋を積みこんでOKです。

これなら、車中泊にも安心して挑戦できますね。

エアウェイブで車中泊に挑戦

エアウェイブで車中泊に挑戦です。

エアウェイブはホンダから2005年に登場したコンパクトステーションワゴンです。

エアウェイブの特徴は、燃料タンクが車体の中央にありセンタータンクレイアウトにより、

後席や荷室がとても広く余裕があります。

低床なので荷物の積み下ろしもらくで、後席を倒す際は、

座面ごと下に沈んで荷室床をほぼ水平にできます。

エアウェイブはステーションワゴンとしての使いやすさで大人気の車です。

またエアウェイブは前席頭上かに後席までスカイルーフになっているので、

車中泊したときに青空や星空を見ることができます。

リアのカーゴスペースは標準でフラットにでき、

182cmある荷室は足をのばして寝ることができます。

本当に快適な空間となること間違いなしですね。

食事の時間やチェックインなどの時間を気にせずに、自由気ままな旅ができるとすれば、

やはり車中泊がおすすめかもしれません。

エアウェイブのスカイルーフは

プライバシーガラスと熱線吸収UVカットガラスの合わせガラスを採用していますから、

日差しを気にすることなく過ごせます。

これだけ車中で快適に過ごせるなら、ぜひエアウェイブで車中泊に挑戦してみたいですね。
P R
カテゴリアーカイブ