社労士試験に独学でゼロから最短合格

April 27 [Fri], 2012, 19:46

社保士 坪式勉強法

社労士独学勉強法

“過去問を一杯やるのが合格の最短距離かな”
と思われているかもしれませんね。

しかし、それだと残念ながら違うのです。
毎年、過去問以外の出題があるからです。          

だから、


過去問+過去に未出題だけど
出題可能性の極めて高い箇所



を勉強してはじめて最短距離での合格につながるのです。

この勉強法は、「独学の受験者でもゼロから短期一発合格できる方法」
にも主眼を置いています。

したがって私が長年研究してきた


・独学の受験生にとっては最大の敵であるモチベーションを維持する方法
・社労士試験に抜群の効果を発揮する記憶法


といった内容も盛り込んで万全を期しています。


詳しくはこちら ⇒ 社労士 独学で合格



坪義生 プロフィール

April 27 [Fri], 2012, 17:30

大学在学中に、社労士試験・行政書士試験・宅地建物取引主任者試験に合格。
厚生省特殊法人(社会保険診療報酬支払基金)、
衆議院議員秘書、経済系シンクタンク等を経て、


1991年 :「じんじ労務経営研究所」を開設。
1992年〜1994年:厚生労働省管轄 労働基準監督署相談員を委嘱。
1992年〜現在 [スクール講師活動]:
社労士試験スクール講師として大手資格スクールをはじめ、
4つのスクールで講座を受け持ち、合格者を多数輩出する。
教材の制作や模擬試験の作成に携わる。
他にも、行政書士試験、宅建試験、司法書士試験などの国家試験をはじめ、
多くのスクールで講師を務める。


現在:千葉県社労士会会員、日本労使関係研究協会会員
清和大学法学部非常勤講師(労働法、社会保障法、資格対策講座)、
新国際福祉カレッジ非常勤講師(社会福祉行政論)、
人事関連専門誌への連載など多方面で活躍。


著書

  


・『社会保険・労働保険の実務 疑問解決マニュアル』(三修社)
・『管理職のための労務管理としくみマニュアル』(三修社)
・『人事考課項目・考課基準総覧』(アーバンプロデュース出版部)
・『多面評価制度の導入実例』(アーバンプロデュース出版部)
・『企業実務臨時増刊号 最新・ビジネス法律常識ハンドブック』
 (日本実業出版社、共著)

ほか、執筆は多数。


詳しくはこちら ⇒ 社労士 独学で合格