社会保険労務士 短期合格 坪式独学勉強法 

2012年04月07日(土) 15時14分

社労士 坪式 独学講座

あなたは社労士試験の勉強をしていて、こんな悩みを持っていませんか?

“理解はできるけど、なかなか覚えられない”
“なぜ実務の役に立たなそうなことを山ほど覚えないといけないの!?”
“どうやったらこんな難しい問題を解けるようになるのだろう・・・”

でも大丈夫です。

「正しい勉強のやり方」さえ知っていれば、たとえ初学者のOLの受験生でも
短期間の勉強でいきなり一回目に合格している例は決して珍しくないのです。

社会保険労務士独学勉強法

全くの初学者が
半年以内に独学の勉強で一発合格できる方法


を紹介します。

ただし、この方法は現行の社労士試験の“特殊性”に注目し、

「合格」だけを目標とした方法です。

社労士として活躍するには、
合格後の研鑽が不可欠ですので予め理解しておいてください。


個人的には、重箱の隅をつつくような現行の試験制度の改革を
願っている一人ではありますが、すぐには叶わないでしょう。

そこで、あなたに少しでも早く社労士になって活躍していただくべく、
最短距離で試験を突破できる学習法についてお話したいと思います。


詳しくはこちら ⇒ 社労士 独学勉強法


社会保険労務士 坪式独学勉強法 

2012年04月07日(土) 16時37分

平日でも朝1時間、
夜1時間半の勉強で合格ラインを突破


社労士試験 坪式 独学講座

半年で合格するコースの場合は、仕事が忙しい平日でも朝1時間、
夜1時間半の勉強で合格ラインを突破できるプログラムを組んでいます。
(朝が忙しければ夜まとめて勉強でも可)

「最短距離で合格する勉強法(=ツボ式学習法)」を実践すれば、
常識で言われている「半分以下」の勉強時間で社労士試験に合格できます。


他の受験生より勉強時間を半分以下で済ませるために、
「どこを勉強するか」そして「どう覚えるか」を
戦略的に行う必要があります。



“ヤマを張る”といったリスクの高い対策は論外です。
あくまでも論理的に出題予想をする必要があります。

出題されるであろう箇所を絞り込むことは、
実は方法さえ知っていればあなたにもできるようになるのです。

この出題箇所を予想することもできる「ツボ式学習法」について
あなたにお教えしたいと思います。


詳しくはこちら ⇒ 社会保険労務士 坪式独学勉強法




資格スクール業界の現状 

2012年04月07日(土) 20時44分

実際は、試験に合格していない“ベテラン受験生”と言われるアルバイトの人が、テキストを作ったりします。

これはスクールの規模の大小を問わず珍しい話ではありません。

そのことが無駄な勉強を生じさせることにもなるので注意しなければなりません。

スクールのテキストの問題点、それは「合格には無駄な部分が多い」ということです。

“スクールに通わなければ社労士試験合格はかなり難しい”という根拠のない神話があまりにも世の中に蔓延していますが、「どこを勉強するか」そして「どう覚えるか」を戦略的に行えば、短期に一発合格することは可能です。


詳しくはこちら ⇒ 社会保険労務士 坪式独学勉強法