予定日超過

November 11 [Thu], 2010, 21:30
予定日まで2週間ちょいだけど、遅れる感じと通告あり。

一切、散歩とかしないからかにゃ〜
でもスイミングに週2で通ってるし、普段以上に運動してるんだけど…

まぁ 何をどうしようと私の力でどうにかなるものでもないし、むしろ残り少ない一心同体を満喫したいとすら思う前向きっぷり(笑)
先日大泣きしながら、里帰りしたとは思えないスッキリさ
やっぱり共同生活ってムリがあるんだよね…

この穏やかな感情が続けばいいんだけど。

名づけ

November 03 [Wed], 2010, 23:48
予定日まで1ヶ月を切ったのに全然名前が決まらない。
私が産むんだから私がつけると息巻いたものの、二人の子であることは変わらないわけで、
夫の意見を取り入れようと思ったのが間違いだった。

字画を意識するということで合意したものの、基本的に私が提案して夫がその漢字は嫌いだとか
いとこの子供と止め字が一緒だとかで否定はするものの、これといった名前も提案してこない。

あまりにも嫌いな漢字が多いから、嫌いな理由を聞いたところ、例えば「恵」で女っぽい。
「吾」に至っては吾作とかの吾だから田舎くさいっていう理由だった。。。

もっと最初から詳細に嫌いな理由を聞いておけばよかった。
ほんまありえへん。
そんなしょーもない理由で今まで、いくつの名前を却下されてきたのだろう。

嫌いな人と同じ名前とかモトカノやモトカレと同じ名前・響きということで「嫌い」で却下されるのはしょうがないし
むしろそうして欲しいけど、本当にただ単に嫌いなだけだった。
そんなばかげたこといっていて、字画を意識した名前なんて決まるわけないやろ!!!
脳みそ腐ってんのか!カス!!!
とののしったものの、怒りは収まらず・・・
怒りすぎて、お腹が張って苦しいし、もうほんとろくでもないよ。

名前も決まらないまま、子どもなんて産みたくないってますます強く思ったけど、よく考えたら
それこそお腹の子には全く罪はなく、夫のアタマの悪さが原因だった。
すまん、胎児よ。
突き詰めればそんな男をあなたの父親にした私が悪いんです。
ごめんね。
夫が気に入るか気に入らないかはもういい。
私があなたに最初のプレゼントをします。

これぞ母性愛???

一人の週末

October 30 [Sat], 2010, 12:57
夫が法事のため実家に帰り、一人の週末。
私も実家に帰ろうと思いつつ、準備がだるくてネットサーフィンしながらぼんやり…

今まで付き合った人のことを思い出してみて、一番長く付き合ってた人で唯一自分から告白した人が
とんでもなくだめ人間であったと確信。

若さとは怖い。
自分を悲劇のヒロインにしたがる妄想族タイプは本当に気をつけないといけないなぁとしみじみ思う。
本当に何であんなに尽くしていたのか、あんなに長く付き合っていたのかわかんない。

妊娠初期になぜか自分が振った人たちが夢に何度も出てきて、ストレスだった。
二股するくらいなら早く別れるべきなのだか、言い出せなかったことを思い出した。
人との縁を切るのが怖いのだろうか。
なんとなく矛盾。
もちろん夢の中でもどうやって別れ話を切り出せばいいか悩んでた(笑)

安定期に入ってからはそんな夢は見なくなったけど、同僚30歳独身彼氏なしの言った一言。
「結婚して、すぐ妊娠できて、実家が近くて、義実家は遠くて干渉もしてこない。旦那さんは優しくて、家事もしてくれるし、自分の給料は自分のもので全てが満たされてるね
というのが引っかかっていたのだろう。

確かにそう言われてみると過不足ない状態なのだろうけど、全て私が望んだわけじゃないし、家事は大っ嫌いだから毎日本当にストレスいっぱい。。。
私は夫が結婚も考えられる彼氏であったころ、週末一緒に過ごして、普段は実家で上げ膳下げ膳という生活をしていて、それが一番気に入ってた。
でも反論するのも、婚活必死な彼女に対してムキーさせてしまうことになるだろうと思い、あいまいに微笑んどいた。

私自身は結婚にはやっぱりメリットを感じないし、彼氏がいる状態で自由に遊びまわれる環境にいることが最強に楽しいと思うけどなぁ。
好きなものも買えるし、自分の都合だけで旅行も行けるし。

働いているわけだから、以前と同じように収入はあるわけだけど、夫に節約しないと!!と言いつつ、自分だけ買い物するのは良心が痛むし、しかも妊娠したからバレエシューズとかチュニックとかふわっとしたワンピースとか、必要にかられて本当に自分が欲しいものが買えないのが嫌だったな・・・
夏休みに予約した海外旅行もキャンセルしないといけなかったし、ほんと我慢の連続。

とは言っても、産休記念にクロエのバッグ買っちゃったけどね(笑)
たまにはこういうこともないと生きていけない。。。

価値観

October 29 [Fri], 2010, 11:37
マタニティスイミングに通ってるんだけど、そこの手作りマンセー!子供大好きベビチャン楽しみみたいな空気にどうしてもなじめない。

共通点は同じ時期に妊娠してるってだけだしね。
基本的に専業主婦ばかりだから、結婚しても妊娠しても仕事を辞めない私のこともきっと変と思われてるだろうけど。

ちっちゃな会議室で持ち寄りのお弁当と無料のお茶を飲みながらグダグダおしゃべりするのも、何か違う感じだし、それなら外でランチしたいと思ってしまうのよね。
でもそういう価値観も今後のために意識したほうがいいのか考え中。

でも私が苦しめられてる恥骨痛に関しては、様々な情報をゲットできてそれは満足。
私は始まった時期も遅いし、まだましだから何とか耐え抜こうと思ったよ。
みんな骨盤ベルトを巻いてるらしいんだけど、我が家にあるのは産後のものだけでもちろんサイズは合わなかったので戌の日参りでもらって放置プレイしていたさらしをケツに巻いて、ちょっとましになった☆
夫はそんな私を見て爆笑してたから、軽く殺意がわいたよ

そんな感じでいいとこ・わるいとこそれぞれ利用しながら、まったりと付き合っていこうと思うんだけど、
やたらとべたべたしてくる人がいてそれに辟易してる。

一緒に映画行こうとかお茶行こうとかスクール外での付き合いも求めてくるんだけど、その人はやっと安定期に入ったトコで私は臨月。
恥骨が痛くて(笑)そんな余裕がないし、第一私はミニシアター系が好きだから「君に届け」とか見に行きたくないんだよね・・・

泳ぐのは本当に大好きだから、一人で黙々と泳ぐのが今日の私の夢でした。

臨月

October 28 [Thu], 2010, 21:05
すったもんだを自分の心の中だけに収めて、ひとまず結婚式を挙げた。
一緒に暮らすとより一層違和感は強まり、自分がいかに結婚にむかない人間か痛感した。

母が鍋やタオルを詰めてくれたダンボールを整理しながら、母は私に幸せになってほしいと思ってこうやっていろいろなものを詰めてくれたのに、この家には不幸の空気しか漂っていない。
そう思うと泣けて泣けてしょうがなかった。

だから籍は入れないままにしておいた。
いつでも逃げ出せるようにしたかったから。

そうして数ヶ月たって、私はニンシンしていることに気づいた。

私は生理不順でここ数年は薬を飲まないと生理は来なかったので、てっきり不妊だと思っていた。
性交の回数も、覚えられる範囲内。
排卵日と言われる時期にはしていないにも関わらず、キセキテキにニンシン。

産婦人科で「できたんなら産みますよ」ってふてくされていたのが昨日のようだ。
それから籍を入れて、夫はこどもができたのが相当嬉しかったのだろう、私に対して優しくなった。
私は逃げることができなくなったので諦めることにした。
お酒もタバコもやめた。

二人の関係もまあ落ち着き、妊婦という実感がわかぬまま、噴水のようなゲロを吐き、異様に膨れていく腹を眺め、内側から殴られているような胎動に耐え、産休を迎えた。

そして臨月近くなり、今は股関節痛と胃もたれに苦しめられている。
毎日仕事をしない生活にも慣れない。

ただひとつわかるのは、使い古されてる言葉だけど、「お腹の中の子供に罪はない」ってこと。
自分だけ被害者面してはいけないし、決して自分は被害者ではない。

でも夫と比べると、私は我慢ばかりしているし、とても損しているような気はする。
だからなるべく何も考えたくなくて、忙しい毎日を過ごそうと心がけていたけど、この時期はそれを許してくれない。

今は自分がどうしたいのかも、何を求めているのかも、どこへむかっているのかもわからない。
ただ自然の流れに沿って出産を迎えるだけだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:果歩
読者になる
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
Yapme!一覧
読者になる