妻の借金が発覚した場合の対処方法

February 10 [Mon], 2014, 13:58
妻が借金していました…

今まで大切なパートナーとして、
信頼も愛情も注いできた妻の借金が発覚。

目の前が一瞬真っ白になるという経験は、
できればしたくないものですが、
そんな状況になった時にどのように立ち回れば良いのでしょうか?

状況に応じていくつかのパターンを見てみましょう。

1.妻の借金は夫が返済するべきなのか?

「そんなの当たり前でしょ」と思う方もいるでしょう。
借金をした奥様も、「払えなくても夫が払ってくれる」と思って
借り入れをしたかもしれません。

しかし、奥様が借金をされていても、
連帯保証人になっていなければ支払う必要はありません。
夫婦とはいえ、借金の肩代わりをする必要はないのです。

連帯保証人でなくても、
奥様の名義の借金で支払い義務が発生する事もあります。
あなたへの支払い義務が発生する場合は、
電気・水道・ガス・食料など最低限の生活を維持する為に
必要な短期的債務のみです。

こういった場合は、肩代わりをしてしまう前に、
まずは無料相談で弁護士等に相談し、
債務整理を依頼することをお勧めします。

【借金の無料相談は板垣法律事務所】



2.妻の借金が200万円近くあるようたが、どうしたらいいのか…

借金が発覚した直後には、
頭の中に「どうして?!なんで?」という言葉が渦巻いて、
なかなか冷静に考えられないものです。

こういった場合は、なるべく冷静になることに心がけて、
どこから・いくら・どのくらいの利息で借りているのか?
借金を整理することから始めて下さい。

利息が18%〜20%もある高い金利の場合は、
過払い金を変換請求することができます。
支払わなくてもいい借金もあるのでよく調べて返済計画を立てて下さい。




3.妻が私の名前で借金をしていた

借りたのは妻だけど、私の名前で借りたのだから…と
支払いに応じてはいけません。

たとえ1円でも支払ってしまえば、あなたの借金であると認めてしまうことになります。
民法には「日常家事に関する夫婦の代理権」というものがあって、
相手が知らない場合でも自動的に連帯債務になりますが、
日常家事に当たらないもの(ギャンブルやブランド品をかう為の借金)には、
てきおうされません。

借り入れをした時のサインは奥様があなたの名前を書き込んでいると思われますので
これは「私文書偽造」ということになります。
たとえ夫婦間といえ特例は無いので、
離婚をお考えなら告訴することも可能です。

このような場合、離婚も含め断固とした態度を取るのであれば、
金融業者には債務が無効であることを内容証明などで通知し、
妻を私文書偽造で刑事告訴、それとは別に民事訴訟を起こし、
離婚の原因が妻にあることを認めさせ慰謝料を請求することもできます。

こちらも行動を起こす前に一度弁護士に相談することをお勧めします。




最後に。

借金は病気のようなものです。
一度、許しても何年か後にまた発覚することも珍しくありません。
もし、奥様を許してこれから借金をさせないとお考えの方は、
『借金体質改善プロジェクトDCI』
を一度読んでみて下さい。

これには、お金に関する悪い習慣を改善する提案や、
借金との向き合いかたなど、借金とお金に対する知恵と手段が書かれています。
奥様の借金に対する考え方や、
お金の使い方を完全させるヒントが見付かるかもしれません。

是非、ご一読して頂きたいお金の参考書です。







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:くろすけ
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/syakkintsuma/index1_0.rdf