借金消す!債務整理教本 口コミ 効果 内容 方法 レビュー 

June 13 [Fri], 2008, 9:37
詳細はこちら








最強債務整理教本、感想をいただきました。

山田さん

元外資系金融機関に勤めていた僕でも、「ここまで融資の実態を知っている人がいるとは・・・」と絶句するほどの内容でした。

日本の企業のうち、95%を占めるすべての中小企業経営者が、いざというときの為に傍らに置いておくべき内容だと思います。

この内容をもっと早く知っていれば、僕もあらゆる手立てを使っていたかもしれない裏ワザが満載・・・・・・

山田さん、この内容、本当に公開していいんですか?

ちょっとノウハウにしては強烈過ぎて、金融機関からクレームが来るんじゃないかと心配です。

それくらい銀行返済で苦しんでいる中小企業経営者には必携のノウハウです。買って損はありません。

間違いなく、経営者にとって必携アイテムになること間違いなしです。




詳細はこちら





パワーサイトプロジェクト
小澤 亘 様

貨幣経済。お金が中心となってすべてが動く。

人はお金のために朝起き、お金のために昼間働き、お金のために夜寝る。

すべてがお金である。

そんな世界に生きている存在には、まったく2つの異質な属性が与えられる。

ひとつはお金を持つもの。

ひとつはお金を持たぬもの。

お金を持たぬものは、生活を切り詰め、貧困の中で生きるしかない。ほとんどの人々が自覚してようがしてまいが、この状況にある。

僕も昔は金をもたぬものだった。

父が生きていた頃、父が借金をするのに同行させられたことがある。

自分の息子は早稲田に入り、ゆくゆくは会社を継ぐことになっている。だから会社は安泰だから、金を貸せ、といういわば将来の見えない担保のようなものだ。

本当に嫌な思い出だ。実際、借りた金を父は会社の運営資金などではなく、自分の個人の借金返済にあてていることを知っていたからだ。

嫌な思い出だ。





詳細はこちら




その父は自転車操業のごとく借金を繰り返し、気がつけば完全に首が回らないような状況だった。

その渦中で癌を患って死んだ。

父の様子を僕は背後からつぶさに観察していた。

すなわち、借金の返済日が近づくとあわてて返済資金を集めにかかる。いったん返済をすると、平日なのにゴルフバッグを持ってゴルフへ行く。

そんな父に「借金の返済は大丈夫なのか?」と何度も聞いた。そのたびに「大丈夫なわけないだろ」と父は答える。

「何か具体的に返済を考えているのか」と私。

「○○○の土地を売ろうと思っている」と父。

その土地は父のものではなく祖母のものだ。実際、祖母が所有していた土地の多くは父の借金に消えていった。

父は借金に対して正面から向き合ってないのだ。おそらく、金融機関から送られてくる封筒も、返済の直前になるまで開封しなかったと思う。

つまり自分がどこからいくら借りている、という状況を把握してないわけだ。いや把握してないどころか【実情を把握したくない】のだ。

つまり父にとっては今の現実は悪夢であり、いつか夢から覚める程度にしか考えてなかったのではなかろうか?

悪夢は自分の意思ではなく、他の力で見せられている、だから自分には責任はない、程度に思っていたのではなかったか?

反面教師。

偉大なる反面教師の肖像。

山田さんの商材は、借金で首が回らなくなっている人間に対する、はじめての具体的な行動プランであるはずだ。

まさに、漫画「ミナミの帝王」の萬田銀次郎が虚構から現実へ飛び出してきたような錯覚を覚えた。

借金を帳消しにするとはある意味でこの世の錬金術に等しい。その錬金術を可能にするのが法律の知識で武装することだ。

法律とは立法者(つまり人)が作成したスタティック(静的)な世界。しかし現実は動く、流動する、絶え間なく形を変える。このダイナミック(動的)な現実を法律は完全にとらえることができない。

ここにグレーゾーンが出てくる。

どのように解釈するかは、現場の当事者任せということである。

有能な債務者はここで法律で知的武装し、自分に有利なように解釈をし、知的欠損状態にある相手(債権者)をねじ伏せる。

もしこの世にタイムマシンがあったら、この商材を父が生きていた10年前の僕に送り届けます。



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:syakin
読者になる
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる