ついに公開!ユーザー車検マニュアルの口コミや感想のレビュー

車検費用が10万円節約

ユーザー車検マニュアルを参考にしたら、車検料金が約10万円ほど浮かせる事に成功しました。本当に驚いているんですが、これは誰でも私と同じように節約する事に成功すると思います。再現性に優れたマニュアルなんです。



>>もっと詳しく



車検のたびに高額な費用に悩んでいるあなたへ。車検のプロが、最低限の費用だけでできる車検の方法をありのまま全て公開しています。

もしもあなたの車が違法改造もなく問題なく走行しているなら、車検費用が今までの半額になる可能性が非常に高いのです。今後、あなたは車検費用に悩まされることなく、金銭的なストレスのない人生を歩んでいただけることと思います。



PS:今なら特別価格のようです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

リサイクル料金について

2005/1/1より自動車リサイクル法の施行されました。2008/1/31までの間に、リサイクル料金が未預託の車両は、最初の車検時に料金を支払う事になっています。各メーカー、及び自動車リサイクルシステムのHP等でリサイクル料金を照会することが出来ますので、確認するといいですよ。
 

軽自動車車検の料金

軽自動車を車検に通す場合、どのぐらいの料金がかかるのでしょうか?
車検自動車では普通車と比べて重量税などが安いです。中でも自分自身で車検を行うユーザー車検と、次の車検まで故障しないように、車に保証もつけている整備業者などへ車検を依頼した場合では、車検全体にかかる料金にも大きな差が出てきてしまいます。

軽自動車の車検にかかる法定費用は、軽自動車の場合には29180円です。高級セダンなど普通車の法定費用は8万円近くになる場合もありますから、それと比較すると、最低限かかる車検費用は軽自動車だとずいぶん安い事がわかります。

自分自身で車を検査場に持ち込む、ユーザー車検の場合には、この法定費用だけで車検を行う事ができます。これが最低料金となります。また、ユーザー車検などの代行を行っている業者に依頼した場合には、この法定費用の上に代行手数料などがプラスされますから、だいたい2万円程度高くなるようですね。

代行業者のユーザー車検の場合は、車を、ただ軽自動車検査場に持っていくだけではなくて、面倒な手間を代行してくれる手数料も含まれていますので、最低限のメンテナンスは行ってくれます。例えばライトの向きがあっているか調整したり、軽自動車の下面を水で洗浄してくれたり、そういった細かい配慮等です。

※車検を通すために修理や部品交換が必要な場合は、さらに費用が発生しますから注意が必要です。