ディズニーランドに行くのに車中泊、家族のために頑張れパパ!

September 14 [Mon], 2015, 21:41
ディズニーランドは、女性にとっては夢の国ですよね!

でもディズニーランドは入園にしても、宿泊のホテルにしても、

結構、お金がかかってしまいますので、なるべく節約をと考えて

いる人も多いようです。

では、費用を削減出来るところはどこでしょうか?

ホテルは、なるべくランクは落としたくありませんし、入場料も

食事代も、ほぼ決まっています。

私は、兵庫県に住んでいて2回ほど新幹線を利用して行きましたが、

やはり運賃が高いです。

そこで費用を削る事が出来るのは、交通費しかないと思います。

私の嫁さんの、お友達は よく車で行くそうです。

距離にもよりますが、大体は夜出発して朝方到着ってところだと

思います。

パパさんには、申し訳ありませんが、奥様と子供たちのためにも

夜通し走ってもらわないと行けないと思いますので、到着してから

の仮眠となると思います。

仮にミニバンで行かれる方が殆どだと思いますが、そのままシート

を倒して寝てみるのですが、これではなかなか熟睡できないと

思います。

例えばセカンドシートとサードシートをフラットにして、布団や

毛布を敷くという手もありますが、やはりシートが凸凹して、

寝れないと思います。

そこで、おススメするのが、今回フルモデルチェンジした

オンリースタイルの「車中泊専用マット」なのです。

このフルモデルチェンジした「車中泊専用マット」の秘密とは、

10cm厚の高密度ウレタンフォームを採用したことにより、

シートを倒しても、凸凹がなくほぼフラットな状態を保つことが

可能になりました。

これにより、段差も気になることなく走行中でも、熟睡できるの

です。

翌日の疲れは、車中でどれだけ寝られたかにより、その日の計画

が予定通りに行くのかが全然、変わってきます。

奥様と子供たちは、ぐっすり寝かせてあげたいという気持ちも

あると思いますが、パパさんも夜通し運転するのではなく、

無理のないよう適度に休憩や仮眠をとり、例え1時間でもこの

車中泊専用マットで、思いっきり足を伸ばして寝てもらいたいです。

この車中泊専用マットは、車内で使うことを想定し、寝心地・適度

な硬さを、徹底的に追及したマットなのです。

さらに、詳しく知りたい方はこちらになります。