卒業、そしてこれから

April 17 [Sun], 2011, 16:50
無事、業できたみたいです。本当によかった。けど、業式はありませんでした。学校側の言い分にも、わかる部分はあったけど、やっぱり納得いかなかった。抗議の電話もしたけど、だめだった。けど、最後に皆で集まれてよかった。保育児童学科。年の頃は、毎週飲み会って言っても過言じゃなかった。金曜、土曜と連チャンでやった時もあった。クラのやが誕生日の時には、サプライズでケーキ作ったり、いきなり家に押し掛けたりした。花火したり、もした。行動派が多かったな。笑授業中は寝てるや、お喋りしてるや、ゲームしてるや、漫画読んでるや、メイクしてるやとにかく授業受けてるやは少なかった気がする。笑極少数、真面目に受けてて、ディスカッション系の授業と怖い先生の授業だけは皆真面目に受けてたな。笑実習は大変だった。子どもと触れあったりするのはやっぱり楽しかったけど、日誌が苦だった。でも、やってよかった。先生方からは自分の期待以上の評価を頂き、終わってみていざ振り返ってみれば、もっとやりたいって気持ちがあった。http://www.lovemanko.net/ゼミでは急遽参戦。不思議な国のアリスのミュージカルをやりました。最初の、ヶ月で歌覚えて、残りで役作って、最後のヶ月くらいで舞台作って何もかもを急ピッチで仕上げて、ドタバタしながら本番を迎えて。けどミュージカルは大成功だった。後輩からは良い評価を頂き、また一、楽しさを知った。ありがとう、保育児童学科。フットサルサークル。入るきっかけを作ったのは侑哉。レク終わって、そのまま保育の男子でお遊びフットサル的なものをやってたらあ、フットサルの先輩ですかって来て、あ、すみません。自分たち年で、レク終わってそのまま遊んでるだけなんですけどマジじゃあ今日フットサルあるんだけど一緒に見に行かないまぁ暇だしいっかなぁーあ、いいですよってな感じで、自分たちの代は侑哉と自分が最初に入部しました。次の週くらいに翔太とヒデがきました。なんか凸凹してるなぁと思ったまま、いざプレーしてみると、翔太はガッツリドリブラーで、ヒデはとても合わせやすいプレーヤーでした。そういえばキム兄もいたね。ルール知らなくて、スライディングして先輩にキレられてたけど。笑こうして基盤ができてきて、なんと上武大生がいきなりきました。もちろん良介と萬場です。あ、トクも何回か来ました。良介はフィジカルって感じのプレーが割ですが、意外と足元もあって、けどシュートの決定力がないってイメージでしたね。後は色紙に書いた通り。笑萬場は最初っからテクニックタイプで、足長いし厄介だなぁと思いました。けど、どこでパスが欲しいか、どこにドリブルするか、よくわかりあってました。型で、魚座で、ド。僕らの共通点です。笑後は、色紙に書いた通り。笑そうした中に、真司や哲也、万平など、新たなメンバーが加わり、話し合い、ぶかり合い、笑い合ったりしながら、フットサルサークルに絆が生まれました。女子とは、今こそ仲良しですが、最初から仲が良かったわけではありませんでした。年の頃仲が良かったのは、悠、さち、千明、くらいですかね。千明とは高校も一緒でした。高からの仲です。悠とさちはよくご飯に行きました。その度に、男女の仲の悪さにいて話してた気がします。そこで、男女の仲を良くしよう会を開きました結果は、失敗でした。けど諦めが悪い自分たちは、何回も男女の仲を取り繕い、ミックスの大会に出たり、合宿を開いたり、試行錯誤しながら、今の仲になりました。特に合宿を通して、あや、麻理、もーちゃん、亜貴、また、ユリを初めとした後輩女子、たくさんの男女が仲良くなりました。新歓、私学打ち上げ、忘年会、男女の仲を良くしよう会、誕生日会、クリスマス会、鍋パ、テジュン会、合宿、旅行など、数々のイベントがありました。これ以上は省略します。やっとくらい書けた気がします。笑とにかく、一番濃かったと思います。ありがとう、フットサルサークル。サッカー部。真司に何回か誘われるも、様々な理由をけて拒否。当時はファミマでバイトもしてたので、時間の都合が合わなかったのも事実です。確か最後の方に言った理由が先輩がいなくなったら行くよ。これが原因でした。年の、月。先輩いなくなったから練習来いよ。約束は守らなきゃ。練習に行きました。そこには良介と諒君、当時はタクと呼んでましたがトク、瑛仁など、顔見知りばかりがいて、最初から馴染んでいた気がします。入部してから、全く知らなかったタクと絡むようになり、他の人とも徐々に仲良くなっていきました。リとは最初からコンビが確定していました。何処でボールが欲しいか、何故かわかるんです。不思議な感覚でしたが、本当に組みやすかったです。入部週間で試合に出されました。しかも不慣れな右サイド。真司に怒られまくって、凹んでました。だから右サイドは嫌いでした。笑あ、今はどっちでも平気です。桑ちゃんとか瑛仁とかイッチとーのマッチアップは本当に嫌だったけど、本当に楽しかった。こいら抜けない取りずらいしってやをたまに抜くあの爽快感ボールを取る爽快感味方になればこれ以上頼もしいやはいなかった。には神奈川、月には箱根。やっぱ長距離運転は疲れます。笑けど、それだけの価値がありました。絶対に大学生のうちじゃなきゃできないこと。ありがとう。サッカー部。テニス部。マサシとぐっさんと百瀬と行きました。初活動終了後、マサシとぐっさんと車の中で夜中まで話していた記憶があります。笑年までは主でやってました。もほぼ皆勤賞でした。真夏の炎天下の中、真っ黒になるまで練習しました。初心者ながらユウヤやタカオ、ヤス、ケイスケに挑む無謀者でした。笑そのままケイスケの家でやって、スマブラやマリオテニスにハマってました。先輩にはとてもよくしてもらいました。小内さんを初め、市村さん、白前さん、須藤さん、水出さん、長谷さん、益田さんなど、個性派揃いで、とても印象強く残っています。タメはいいやらですケイスケにはのコントローラーをパクられたままでしたが、彼女経由で無事返ってきたし。笑後輩とはあんまり絡まなかったですね。というか後半は行けなくてすみません。また、テニスがしたいです。ありがとう、テニス部。上部。創部に携わりました。初代副主任みたいなものもやりました。最初は本当にレベル低くて。まぁ今も高いわけじゃないんですけど。ペースが遅いけどちょっときかったてなくらいのレベルで始まりました。最初の年でやっとで。大丈夫か、これ正直部活ってよりサークル感覚でした。それでも、やっぱり楽しかったです。むしろ、ちょっと緩い感じだったから走る楽しさを見いだせたのかもしれません。初合宿は高崎でした。笑農二の皆さんが、一発でわかる内容で書きます。伊勢崎出発後、観音山ファミリーパークに到着。スタートし、マラャ塔Rースを周、流しを本。以上です。笑合宿というより、ただの移動練習です。けど、鈍りに鈍ったこの体では皆それが限界でした。そのくらい低レベルな状況で始まった上部。そこに、山本君という救世主が現れました。作新学院出身で、分台。我が大学にとっては超救世主です。自分も負けじと頑張りました。切磋琢磨し、お互いに高めあい、榛名湖駅伝にも出場しました。結果はブービー。自分たちの甘さを実感しました。まぁ顧問がいない時点で厳しいメニューは組めていませんでした。自分たちで考え、初心者がちょっとこなせないようなメニュー作りが限界でした。それでも、走れる日は走り、少なくとも高校年の時よりは速い自信があります。笑ありがとう、上部。ドッヂボールサークル。これも真司に誘われて入ったなぁ。笑ドッヂボールサークルとは名ばかりで、活動内容はバスケやらバレーやら、たまーにドッヂボール。笑そんな自由なサークルでした。教育のタメ年が立ち上げ、そこに保育が少し入った形でした。時から時まで、休憩を入れながらひたすら球技に打ち込みました。そう考えると、皆大学生の割りに体力ありましたね。笑プリンス、瑛仁、児玉、タカシなど、これまた濃いメンツでした。文化祭では、お化け屋敷を開きました。脅かし役が楽しくて。笑天性でしたね、人が怖がるところを楽しむの。笑生意気な小学生がいまして。本気で怖がらせました。ワーキャー言ってました。出てきてからは強がってましたが。笑ありがとう、ドッヂボールサークル。バドミントンサークル、菜っ葉っ葉。懐かしい思い出ばかりです。新歓では、ぐっさん、はな、たらちゃん、きむにいたちと写真を撮った形跡がありました。あの時は髪長かったなぁ、俺。笑合宿も参加したかったのに、日前にマサシの家に泊まって風邪ひいて、結局治ったのは週間後。車出しにもなってたのに、本当に垂オ訳ないことをした。ごめんなさい。春期お疲れ会では、藤生さんうるさすぎ。笑ぐっさんたちイチャきすぎ。笑プリクラに人越えとか、きすぎ。笑ハプニングだらけの楽しすぎた飲み会でした。あー結局たらちゃんからはポイントもとれないまま負けて終わっちゃったな。たらちゃん、いかまたバドミントンしてポイントでもとりたいから。笑ウブのスマッシュ速かったなぁ。てか野球部のスマッシュは反則でしょ。笑りょう君、玉ちゃん、キム兄。めっちゃ楽しかった。バドミントンするのも、飲み会で騒ぐのも。先輩方、タメのやら、後輩たち。ありがとうございました。ありがとう、バドミントンサークル。筋トレ。始めたのは、年の月。私学大会前に足掻きました。笑そこからはまり、年間で体脂肪率だけが下がりました。笑良介やタカ、マサなど、ストイックな人間が周りにいたからこそ、負けたくないと思えたから続けることができました。そして、就職を決めました。自衛隊に。ありがとう、筋トレ。学科、部活、サークルなど、自分の大学生活はとても濃いものでした。様々なことがありました。本気で打ち込んだ部活サークル活動、恋愛、大切な人との永久の別れ。これらのことがあったから、今の自分があります。友人に会えたこと、友人と離れたことによって、得たものもあります。一でも欠けたら、今はないでしょう。皆と仲良くなれたことに感謝。皆と出会えたことに感謝。もっと遡るなら生んでくれた父と母に感謝。その環境に感謝。地球に感謝。宇宙に感謝。やり直せるなら、また、この大学がいい。そう思える自分は幸せだと思います。東京福祉大学、ありがとう。自分は、明日から自衛隊に行きます。福島原発や、被災地等に行く可柏ォは高いと思われます。また、活動に行く可柏ォもあります。不謹慎かもしれませんが、もしものことがあったら、線香くらい上げにきてください。長々と読んで頂き、ありがとうございました。再び会う機会がありました、その時はよろしくお願いします。また、会う日まで。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sxzkiigwcb
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sxzkiigwcb/index1_0.rdf