13どこの階段

July 05 [Fri], 2013, 11:30

でも一気に駈け上るのが癖になっている吾輩もこの時ばかりは気が引けた。匐(は)い上るような恰好で、杖を突張り突張り段々を踏んだ。スッカリ毒気を抜かれていたばかりじゃない。古い板階段の一つ一つが、磨り残ってビィヨンビィヨンロンシャン バッグ

している上に、下向きに反(そ)り返っているので、ウッカリすると辷(すべ)り落ちそうな気がしたからだ。今朝(けさ)早く、汽車弁当(べん)を一つ喰った切り、何も腹に入れていなかったせいかも知れないが……。
 ヤットの思いで上に登り付くと、小使が仁王立ちになって待っていた。それでも最上級の敬語であったろう……、ロンシャン トラベルバッグ
「ココへ這入って待って居(お)んなさい。今津守さんが見えますけにナ……」
 と云うと、又もドシンドシンと雷鳴を轟(とどろ)かしながら暗い階段を降りて行った。
 ……又、心細くなりそうだな……と思い思い出来るだけ心細くならないように……イヤ……出来るだけ威勢よく見せかけるために部屋の中を見まわした。ロンシャン 折りたたみ

 多分、応接室のつもりだろう。穴だらけの青羅紗(ラシャ)を掛けた丸卓子(テーブル)の左右に、歪(ゆが)んだ椅子がタッタ二つ置いてある。右手の新聞原紙(ゲラ)で貼り詰めた壁の上に「南船北馬……朴泳孝(ぼくえいこう)」と書いた大額が煤(すす)け返っている。それに向い合(あい)に明治十二年発行の「曙(あけぼの)新聞」の四頁(ページ)が、硝子(ガラス)枠に入れて掛けてあるのはチョット珍らしかった。泥だらけの床の片隅に、古い銅版がガチャガチャと山積してあるのは、地金屋(じがねや)にでも売るつもりであろうか。……そんなものを見まわしているうちに思いがけなく腹がグーグーと鳴り出してタマラない空腹を感じ出した。そこで吾輩は意気地なく杖を突張って我慢しようとしているところへ、うしろの方に人の気はいがしたので、ビックリして振り向いてみると、すぐに奇妙な恰好をした小男と顔を合わせた。ロンシャン トート
背の高さは五尺足らず……ちょっと一寸坊といった感じである。年は四十と七十の間ぐらいであろうか。色が真黒で、糸のように痩せこけているので見当が付きにくい。白髪頭を五分刈(ぶがり)にして分厚い近眼鏡をかけて、顎の下に黄色い細長い山羊髯(やぎひげ)をチョッピリと生やしている。それが灰色の郡山の羽織袴に、白足袋(たび)に竹の雪隠草履(せっちんぞうり)という、大道易者ソックリの扮装で、吾輩の直ぐ背後(うしろ)に突立っていたんだからギョッとさせられた。今の腹の音を聞かれたんじゃないかと思って……。ロンシャン 刺繍 バッグ
 その山羊髯の一寸坊爺(じい)は、身体(からだ)に釣合った蚊の泣くような声を出した。
「お待たせしました。わたし……津守です……」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:awrtrea
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sxrfr/index1_0.rdf