けっこう多くの世帯で引っ越すときに様々な側面から

January 25 [Wed], 2017, 23:55

けっこう多くの世帯で、引っ越すときに様々な側面から、生活そのものを再点検するでしょうが、NHK受信料を支払うかどうかも今後の対策を考える時です。





まして、引っ越すときにテレビを処分するのなら受信料という無駄なお金を払う必要もないので、受信料が引き落とされているならそれを止め、転居後は解約するよう進めていく手つづきを、やってみる価値はあります。荷物を運び出すときに冷蔵庫が準備できていなくて、思わぬ騒ぎになったという話もあります。


準備のためには、前日までに庫内にものがないようにして、スイッチもすべて切って下部の水滴貯めパレットに水がたまってくるので、それを捨てれば他にやることはありません。


当然ながら、生ものや氷は、引っ越し前日までになくなるようにして、購入するのも計画的にして、冷蔵庫を使わなくても済むように準備しましょう。お店などで、何かをしてもらったタイミングでチップを出す、という習慣は、かなり馴染みのないものですが、しかし、引っ越しの時に限り、料金以外のチップの様なお金を、業者に渡している人は相当大勢いるようです。



引っ越し作業という大シゴトをしてくれるスタッフに感謝をこめて幾らか手渡したり、また、飲み物など差し入れを、あらかじめ用意したりします。言うまでもなく、こうしたことをする必要は全くありませんが、大変な、気の抜けない作業をしているスタッフからすると、心付けを貰えるのはやはり嬉しい、というのが本当のところのようです。単身世帯でも、大家族でも引っ越しの際にはダンボールを使う理由で、引越し業者さんが、無料でダンボールを提供することもすさまじくありますが、有料の業者もいるので注意が必要です。



ダンボールが足りなければ、スーパーなどでダンボールは無料で手に入ります。



その場合、サイズは一定していません。



荷物が入ったダンボールを縦横に積み重ねるので、サイズが一定していない場合はよく考えて崩れないよう積んでいってちょうだい。




さていよいよ引っ越しの段取りをたてないと、という時には引越し業者選びも大事です。




数が多いので困ってしまいますが、選択に迷ってしまうのであればよく知られた大手引越し業者を選んだ方が安心できるのではないでしょうか。


例を挙げるなら、コマーシャルでも馴染みのある、アリさんマーク引越社といったあたりでしょう。名のある大手ということで、利用する人も大変多く、シゴトをそれだけやってきたということです。


ですから大抵のスタッフは経験を積んでいますし効率よく引っ越しを進めてくれるでしょう。引っ越しの時は引っ越し前と後の近所の人にしっかりと挨拶をしておいた方が今後の生活にプラスに働くと思います。




挨拶をしておかないと隣人との関係がこじれるというケースも珍しいことではありませんから、重要です。




普通に生活しているつもりでも思いもよらない迷惑をかけていることもあるものです。円満に解決するためにも、隣近所の住人には、積極的に挨拶をしておいた方が良いと言えます。



引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物のあつかいで、傷つきやすい木製家具や衝撃で壊れやすい家電には傷、へこみなどのダメージをつけないようにします。新居のためのインテリアとして購入した家具であったりする場合は、市販の緩衝材などもふんだんに使って注意深く運びたいところです。





新品家具を、新居に置けると思うと嬉しくなります。しかし、運んでいる途中で傷だらけにしてしまうと、少し気分が落ち込んでしまうかも知れません。



出来るだけ引っ越しの出費を抑えたいとい方の味方になってくれるのが赤帽です。





中でも、一人暮らしの引っ越しといった小規模のものに他業者よりも強いです。



料金が時間制なので、ご自身でも運搬をすることで作業にかかる時間を抑えることが可能です。



赤帽が使う運搬車は軽自動車ですが、思ったより多くの荷物を積み込めるので、一般的な引っ越しの荷物の数であれば問題ないと思います。




引越しで居住地が変われば、あちこちに届け出をして転居後には変更しなければならない事柄も少なくありません。引っ越し後も固定電話を使う場合、番号が変わることがよくあるものです。



引っ越しの日が決まったところで、早めにNTTに連絡し、TEL番号変更の手順を掌握しなくてはなりません。


ご存じの通り、固定電話の番号は、市外、市内局番、個別番号の順になっています。





市内局番のエリアが変わらない転居であれば、同じ電話番号を使うことが可能です。


うちの洗濯機はドラム式で、以前、転勤で少し距離のある引っ越しを経験しています。



新居に引っ越した日、荷解きをしていたら、ダンボールが濡れているのを見つけてすぐに業者に電話をしました。その原因は、洗濯機のホースに残っていた水で、車に揺られているうちに、染みでてきて、その通り運んできてしまった、ということです。



ダンボールが破れたりした理由ではなく、害は無かったようなものでしたけど、洗濯機のホースから水を抜いておく、ということは思いつきませんでしたし次回からは気を付けたいです。新居に引っ越すための作業に着手しようとする際、なくてはならないアイテムと言いますと、まずはダンボールです。荷造りではとにかく大活躍します。用途に合わせて使い分けられるように、大小いくつか種類があると荷造りがはかどります。家中の物を詰め込んでいきますし、人によってはかなりたくさん使うことになるでしょうから、念のため、数はあった方が安心です。


スーパーなどのお店からもらってくることもできますし、ホームセンターで販売もされていますが、業者が用意するダンボールを利用するのが無難かも知れません。





市販のものを購入するより安くつくことが多いです。



引っ越し業者も星の数ほどありますが、全国レベルの実績を上げているのが引っ越しのサカイだといわれているのです。



全国規模で170社以上の支店を展開しており、3500台以上の自社が保有する車によって大手らしく、充実したサービスを用意しているのです。さまざまなサービスが提供できるように、どのスタッフもきちんとシゴトをしているので安心して引越しを任せることが可能です。



自分の所有物件ではなく、賃貸住宅から引っ越すのであれば、必ず、退去時の原状回復義務があります。一方で経年劣化は避けられません。破壊や破損が明らかな箇所は退去時に修理費用を払わなくてはならないことが普通ですが、壁紙の自然な退色や、モルタルの小さいひびなどは修理費用を請求されることはありません。





いずれにしても、住宅を傷つけたり、損なったりしないことが次に住む人のため、そして自分のためなのです。



都会のマンションやアパートでは、最近は隣や上下に住んでいるのはどんな人か、はっきりしなくても何とかなるというのが当然と思う人が増えています。





だからといっても、日頃から挨拶する、何かあったときに助け合うくらいの関係はあってもいいのではないでしょうか。関係造りの最初の一歩として、引っ越してきたときには手土産を持ってお隣に顔見せの挨拶をしましょう。



現在の家に一家で引っ越したとき、1歳の子供がいました。


引っ越して、小さい子でも環境の変化はわかるもので戸惑いながら少しずつ慣れていったのがわかりました。子供のものも知らぬ間に増えていたのでもう使わないものを片付けていきました。





いろいろ片付けていて母子手帳の今までのところを読んでみたんですが、そんなに時間が経っていないのに、懐かしいと思ったものです。




http://whythecall.org/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ももか
読者になる
2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/swxnqiqost2099/index1_0.rdf