韓国経済 光と影 危機から生まれた競争力…日経新聞11月26日1面より

November 29 [Tue], 2011, 18:14
金融市場なお残る弱さ文中黒字化は芥川。
有事の安全網として、心理的にも役に立。
韓国企画財政省の申斉潤シンジェユン第次官は日中との通貨スワップ交換協定の枠を月、合計億ドル兆億円と倍強に増やす合意ができたことに安堵する。
ウォンの対米ドル相場は欧州債務危機のあおりで、月にも下落していた。
ウォン安志向一転李明博イミョンバク政権はサムスン電子や現代自動車の輸出を後押しするウォン安を志向してきた。
通貨当局が外貨を入手しやすくするスワップ枠の拡大で一転、ウォン安に歯止めをかけたのはなぜか。
韓国の外貨準備高は月末時点で億ドルと世界位。
政府の年末の債務残高の国内総生産比はで、日本や危機に陥ったギリシヤに比べて健全だ。
だが、韓国の対外債務の割は返済期間年以内の短期債務が占め、逃げ足が速いとされる。
政府債務は安い電気料金の維持など公営企業にツケを回した分を合わせると、倍超に膨らむとの試算もある。
韓国では年の危機の記憶が生々しい。
アジア通貨危機の当事国となり、ウォン相場は半年で半分に暴落。
外貨が枯渇して国際通貨基金子の管理下に入り、年の経済成長率はマイナスに落ち込んだ。
韓国銀行中央銀行の李柱烈イージュヨル副総裁は金融資本市場の規模が小さく、外部環境によって急変すると指摘する。
ウォンが再び制御不能になりかねない国際収支のもろさを残しているのだ。
歳定年の重圧政府は危機の際に財閥を解体再編し、電機でサムスンや電子、自動車で現代自など主力産業で大手企業をくった。
国内の寡占による高収益が、海外での競争力を支える地元アナリスト形で韓国勢は躍進したが、一方で社会のひずみを広げた。
歳定年。
危機を境に変わった大企業の社内競争を象徴する造語だ。
競争の特徴は信賞の報酬体系。
サムスンでは部長の年俸は日本の同業他社より低い。
ところが、執行役員級に昇格すると年俸は一挙に倍増し、高級社用車やゴルフ会員権を使えるようになる。
必罰も徹底する。
同社は月、赤字続きの液晶パネル部門の役員人に自宅待機などを命じた。
社内では年末人事で役員を解任され、年後には事実上、会社を追われるだろうとささやかれる。
大企業では、歳が出世できるか否かの分かれ目だという。
上司の成功と挫折をぶさに見る若手はどの日本企業より猛烈に働く同社幹部社風を育む。
職探しでは日本より大企業志向が強かったが、過熱する競争を敬遠する層も増えてきた。
人気は神の職場だ。
この造語は終身雇用で、給料が高く、残業や昇進競争が緩やかな地方自治体や公社を指す。
例えば、東部の蔚山市東区が今月初め、清掃担当者を人募ると人が殺到した。
勤務時間次第では年収が万ウォン約万円を超え、区長をしのぐ待遇が全国の区庁で人気を呼んでいる。
出世や就職での際限のない競争が過度のストレスを生んでいる。
自殺志願者の相談を受ける生命の電話の主宰者はこう語る。
韓国の昨年の自殺率は人口10万人当たり人。
ここ年間で約倍に増え、日本を大きく上回る。
危機は大企業が飛躍し、韓国の成長を引っ張るきっかけエロ漫画となった。
だが、危機の温床となった経済構造や社会の不満はくすぶり続ける。
詳細はコチラこの内容はによりブログの記事の概要を自動転記したものですカテゴリ日記作成日時
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:swumj0fpkt
読者になる
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/swumj0fpkt/index1_0.rdf