男性の健康な飲食と質のよい出産 

April 23 [Mon], 2007, 18:40
男性の健康な飲食と質のよい出産


この競争の社会の構造の中で、体だけあるのは強健で、心理の健康と知力の発達している子供は未来の競争の中でようやく淘汰されないで1つの場所を占めることができます。しかし近代的な社会のハイテクが人類社会のいまだかつてない発展を創造しますと同時、自然環境にマイナス影響をも持ってきて、特に食物連鎖に対する破壊、直接人体の健康を損なって、最も恐ろしいのは人類が力の衝撃を出産することに対してで、災いと子孫後裔。質のよい出産と飲食の関係はとても大きくて、現在、都市の中で男性の精液の品質はますます低くなります。
科学的な飲食は有害物質の面と向かって検証する自分の体の傷つけることを免れて、精子を保護して健康で勢力が盛んな生命力を持ちます。もし1人の健康な赤ちゃんを要するならば、飲食の上で気軽になることができません。
たばこを吸って酒に酔わないでください以外、まだ次の通りの何時に注意しなければな
ません:

1、ある人はニラを偉の兄にして性を助けにきて、実はニラの農薬の含有量はとても高くて、毒を行きにくくて、男性の生殖対して危害を及ぼすのは大きくて、できるだけ食べません。
2、今育つ肥えていて大きいナス、出産を促すホルモンの促進でなるので、精子に対して成長するのは有害で、多くできるだけ食べないでください方がよいです。
3、水の果物の皮は豊富な栄養がありますが、しかし果物の皮の農薬の含有量は最高で、だからきっと皮を削って食べます。
4、先に皮に行く皮の野菜があって、それからきれいに洗って、更に鍋に入れます。しかし多くの若い人が求めるのが便利で、加熱を経ると思った後に、問題がなくて、実際の間違い、どのように燃やすのであろうと、毒今なお野菜の中。
5、普通の野菜は先にきれいに洗って、更に入れて清水の中でしばらくの時間を液体に浸して、それから更に鍋に入れます。
6、もし野菜を生で食べるならば、泡を洗う以外、食べる前にまだ湯を使って少しやけどをしなければならなくて、このようにして、ビタミンはいくつか破壊するかもしれなくて、しかし農薬の成分は更に少なくなって、これは人体の健康に対して更に安全です
7、過去中国の緑茶を飲んで人体の健康に役に立ってと、しかしここ数年来、茶の農薬の含有量が深刻で標準を超えて、だからあまりに多くヤムチャをするべきでありません。
8、近代的な青年は西方の生活を学んで、特にコーヒーを飲むことを喜んで、しかし国外を通じて(通って)表明を研究して、コーヒーの中のカフェインが男性に対して出産して一定の影響があって、特に毎日飲む多すぎる時、その危害はもっと大きくて、だから少なく飲みます。
9、発泡プラスチックの弁当箱の盛んな熱のご飯の熱い野菜を使って、生むことができてひどい物質のダイオキシンがあって、人体に対して危害を及ぼすのはとても大きくて、男性に対して発生を出産して直接影響します。発泡プラスチックの弁当箱で食事を入れないでください。
10、便利なため、若い人は電子レンジの加熱する食事を使うことが好きで、電子レンジの専用はエチレンの箱に集まって食事を入れて、その中の化学の物質は加熱の過程の中で依然として放出して、食事の中に溶け込んで、食用者にその害毒を受けさせます。ある人は磁器を使って、実は磁器が鉛をくわえるのが量ります高くて、人体に対して更に有害です。だからできるだけ電子レンジの加熱する食事を使わないでください方がよいです。

いかに正確なダイエット方法を選択するか 2 

April 23 [Mon], 2007, 18:38
いかに正確なダイエット方法を選択するか 2

余計な脂質の摂取を減らす

脂質はダイエットに大敵で、極力減らすべきである。1kgの脂質に9キロカロリー含まれる。油っこく感じる食べ物は実際脂質が多く高カロリーである。例えば、アーモンドには9カロリー、 クルミには3カロリー、カシューナッツには5カロリー、ピーナツには5カロリー含まれるので、以上のものはダイエットしたい人は摂取しない方がよい。そして 油で炒めたり揚げる調理方法は避け、脂身、豚、鶏とガチョウの皮のような高脂質の物を食べ ないようにする
食事の行動を記録する

多くの人々は、自分はさほど食べないのにまた太った、と思う。あなたが自分に正直になって、 毎日食事に関するメモを取り、栄養士に相談に乗ってもらって太っている原因を追求し、食生 活を改善してもらえることもできる。

食べ過ぎのせいで太ったのではない場合には、メモが医 師が病気を判断するときに参照になることもある。

一日三食を規則正しくとる

強い意志を持たない限り、ダイエットのために夕食をとらないのはよくない。一日一食とし、 お昼が過ぎても何も食べないまま夕食になったとき、人間の補償心理の影響で、必要以上に多 く摂取するようになる。人間の体は食べ物を消化吸収する過程でカロリーを消費し、吸収の段 階で起こる補償性が原因で、空腹は逆に小腸の吸収力を高めるため、むしろ三食で摂取する量 を一食でとるより、規則正しく一日三食にするほうことがよい
低カロリーの物をよく食べる

大きい、且つ見た目で満腹感がある低カロリーの食べ物、例えば、キュウリ、ナス、コウレイ菜、 大根、人参等の野菜と豆腐類をよく食べますと、ダイエットの役目があります。油なしとか油少々 で調理し(濃い目の骨汁、油なしのコンソメで煮ること)、食事の前に食べ、胃に満腹感を感じさせるという方法もあります。
一般には、肥満者の食事量は多いため、すぐ量を減らすのは無理なことですから、白ご飯、お肉 などに代わり、野菜汁をいっぱい飲んだ方がいいのです。このような汁が人に満腹感をもたせる 特徴を持つほか、豊富な植物繊維、ビタミンも含まれますから、体によい利点もいっぱいあります。

いかに正確なダイエット方法を選択するか 

April 23 [Mon], 2007, 18:34
いかに正確なダイエット方法を選択するか


「減量」とか「減肥」という言葉は現代人が良く使う言葉である。
アメリカのある研究統計によると、肥満症にかかっている6ヶ月の新生児の14%、7歳の児童の41%、10歳から13歳までの少年の70%は、成人した後肥満になるだろうということがわかっている。ダイエットしている人の数は日増しに増える一方、成功する率は非常に低い。その主な原因は本人自身の根気と気力が不十分であったり、方法の選択を間違えたということにある。
いかに正確なダイエット方法を選択するか

速成のダイエット方法を止める
 

まず、体内の脂肪は長い間に積み重なって出てきたものなので、少しずつ脂肪を減らさなければならない、ということを頭に入れておかなければならない。一週間に3kg以上減らす方法では、実際その中に水分と筋肉が多いため、一週間に0.5〜1kgまで徐々に減らすのが理想的である。

中断せずに持続する


ダイエットとは忍耐力と気力に対する試練だといえる。栄養士に従い、今の生活習慣に基づいて、問題点を挙げ、ゆっくりとやり直すのが適切だ。逆に以前の食事習慣を捨て、全く違う方法で行ったら継続できなくなり、中途半端で終わってしまう。

正確で健康な飲食に対する概念を導入する

ダイエットとはとても簡単で、少食を実行すれば効果が出てくるわけだが、不適当なダイエットは結局健康を害すことになる。様々な効果的な民間療法の多くは、通常の食事をとる代 わりに低カロリーの合成食品をとるということで、それによって栄養のバランスを崩すようになった。だからバランスのとれた食事をとり、低カロリーの料理を作るのが最も賢明なのだと考えている。

健康飲食 

April 23 [Mon], 2007, 18:27
健康飲食

日本は世界でも有数の長寿国となりました。しかし,すべての方が健康で長寿を維持できるというわけではありません。

人では加齢とともに老化という現象が必ずおこります。しかし,対応によっては老化現象を先送りすることは可能なのです。そのためには,健康についての巾広い知識を持ち,現在の健康な状態を悪化させず生涯現役の状態を維持していくために、いかに努力するかが、まず問題となつます。近年,漢方薬が再評価され,多くの医師が漢方薬を処方するようになってきています。また,薬局,薬店で漢方薬を求める方が増加していることは皆さんご承知のとおりです。さらに,漢方で用いられている植物などを食事でとろうとする考え方もでてきています。

これは「医食同源(お薬と食物の源は同じ)」、すなわち食事や日常生活を中心とする健康管理に努めることにより,健康づくりを進めようとする考え方です。
わが国では天然の物は化学合成した物と違って安全であると思っている方が多いようですが,トリカブトの毒やふぐの毒を思い出して預けば分かるように,天然の物にも作用の強いものや毒物も結構多いので。
正しい知識を身につけて健康の維持に努めて頂きたいと思います。世の中には、「医者嫌い」や「医者にかかったことがない」ことを誇りに思っている方がいますが,これは賢明な生き方とはいえません。自覚症状が何か出たときには既に手遅れであったという不幸な方があまりにも多い今日この頃です。常日頃より健康管理に注意して早期発見・早期治療することが大切です。近年,高齢者に交通機関の無料パスが贈られ,それが福祉だと思っている人が多いのですが,無料パスがあるため来り物を利用しがちとなり,僅かの距離でも歩かない人が増加しています。人間の臓器は使わないと機能は低下してきます。

老いは頭と足からくるとよくいわれるように、絶えず頭を使ううとともに、気温、気候に同題なければ自分の足で,自分にあった速さでできるかぎり歩くようにしましょう。


この本は,健康維持の頭の体操をするために助けとなる本です。健康食品や病気についての本はたくさん出ていますが、健康食品や食品の素材について詳しく、しかも気になる病気や身体の調子にあったものを選びたいときに実際に役に立つものはそう多くあるとはいえません。

このような食品は薬と違って長く続けることが重要なのですが、特定の物質を激賛するようなものばかりで、実際には余り役に立たないものが多いのが現状です。正しい中にも、「わかりやすく、楽しく」読めるように考えました。生涯、現役で有意義な人生を送られるためのお役にたてば幸いです。

食品と健康 

April 23 [Mon], 2007, 18:16
食品と健康


情報化時代の今日、インターネットの検索画面に「ダイエット」と打ちこめば、じつに300万件ものタイトルが並ぶ。医薬・美容・食品・家電・通信・個人、あらゆる産業また人々から発せられるダイエットという文字を含む情報は、もはや情報の域を越えて、パソコン画面の背景と言っても良いくらいにクオリティーの褪せたものになっている。
一方、健康上の理由から、また永遠のテーマである美しさの追求や不老長寿を「食」に期待する情熱は止まることを知らず、国を越えた人類共通の関心事でもあるようだ。

ダイエットの語源は古く、日本がまだ縄文のころ古代ギリシャでヒポクラテースが著述した「養生論」の中に見出すことができる。

適切な飲食により健康を維持、病気の回復を早めることをギリシア人は「ディアイタ diaita」といった。と記されている。今日、欧米諸国で、地中海式ダイエットはThe art of eating wellと呼ばれ、動脈硬化予防の模範的食生活の一例として挙げられているのも頷けるような気がする。

さて、日本に暮らす私たちのダイエットに目を向ければ、本来の意味とは少しかけ離れているのではないかと思える情報が氾濫し、何をどのように実用したらよいか迷うことも多く、意に沿わない結果や心と体の健康を害する程の状況を招いてしまうこともある。

そこで、少しでもそうした危惧を感じない、またきちんとした成果が期待できる、安心して進められるダイエットについて今日は一緒に考えて頂きたいと思う。

生物としてのヒトに必要な栄養と味覚、日本人の食性と食文化を基本に’70年代からダイエットコンサルティングを担当してきた経験を基に述べたいと思う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:swegr
読者になる
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる