鼻高々 

January 10 [Mon], 2011, 20:53
僕は子どものころからかなりの鼻高々な人だった。ずっと以前からプライドの相当高い男の子だった。そりゃ、いじめられた。当たり前だ。プロレス技かけられて、泣いたりわめいたりしても、結局、最後まで負けなかったもの。

女の子からは、嫌わるように行動することで、格好いいと思い込んでいた。結局は興味を引きたい少年のひずんだ気持ちに過ぎなかったけれど。どうせ振られるくらいなら、こんちくしょう、もうこんな情けない気持ちになるんなら、やってたまるかてやんでぃ。いつか見てくれ俺だって、あんたをがっかりさせるようなすごい恋をしてやるんだ・・・なんて思いつつ、今もまだまだ独り者。人格者を演じ、誠実を装い、その隙を突かれ、ぼろを見る。ディープダウンにある薄汚い小市民根性を、見透かされ、さああんたはまだまだバチェラーよ。

僕は鼻っぱしをへし折られる前に、うまくするりと逃げ延びる術に長けていた。だから、思ったよりも、プライドを打ち砕かれるような目には遭っていない。あえて道徳的な表現をすれば、僕は傷つくのが嫌だったんだな。人間関係を学ぶ経験に乏しいといっちゃえば簡単でしょう。そういうことで、僕は性格的に問題があると思い込み、それを気取っていた。性格に問題があれば、それだけで個性になる。実際、手がかかる子ほどかわいいというか、覚えてもらえるもの。

僕は、大人になってから突然手がかかるようになった。子どものころは、こんないい子は見たことない、とよく言われたものだが、この変貌振りは、良心的と言われる方々にとっては、信じられないものだろう。だが、僕としては、ごくごく予想の範囲内。見てくれが不良っぽいなんて人はいくらでもいるが、そう見えない人ほど、とがった形で不良性を潜めているようにも思われる。

わがままでいるか、いい子でいるか。どっちに転ぼうが不良は不良。最終的に辻褄が合う。同じことさ。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:sweetsoya
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる