RMS16。 

November 18 [Sat], 2006, 1:04


ラーメンズ第16回公演「TEXT」



……(´;ω;`)ブワッ



mjsk?


mjdsk?




テキストって……





あぁ、夢がひろがりんぐってこういうことを言うのか。

考えれば考えるほどRMS。

思えば↓のCMだって。

題目、教科書、そして文章。



「お前の教科書通りならな」



ほんとに泣きそうです。

擬人化萌え。 

November 11 [Sat], 2006, 20:21

MACのCM禿萌えーーーーー(´д`)!!!!!!




「こんにちはパソコンです」
「どうも、MACです」

二人でCMっていうのが珍しい上にこんな飢えてるときにいきなりっていうのが。

「去年なんて11万4千のウイルスがパソコンに出回ってたいへんだったんですから…」

仁たん鼻声舌ったらずハァハァ…。特に「11万」のへんハァハァ。
スーツ片桐にカジュアルなコバケンていうのがまたね。いいよね。逆だよね。
まぁCMなんだからパソコンがボケでMACがハンサムじゃないとアレなんでしょうけど。

「みんな…僕を家でプライベートに使うから…」

ハァハァハァハァ。
な、何に使われてるんでしょうMACコバヤ氏は。ほしいわ。

カラフルムーンエイト。 

November 01 [Wed], 2006, 18:53
百合萌界に由々しき事態が起こりました。


秘密ドールズ

メロディーズ(あややとミキティ)

秘密ドールズ

メロディーズ(あややと略


インスパイヤですかそうですか。声優なめんな。責任者出ていらっしゃいませと言いたいところですが編曲者が同じという微妙な繋がりが微妙です…。ジャケ写もそっくり。しかし品がないのがハ口プ口の売りとは言え本当に即物的で品がないよ。これがヘテロ男子向の百合なわけですね。

えろオンリーでなく男女模倣でもなく女の子同士の心の繋がりを求めるならやはり女子向作品になるかと思います。
中でもなかよしからゴールデン進出まで果たしたはるみち(ウラヌス×ネプチューン)は最高なんですよ。セラムンなんてほとんどペラい勧善懲悪の擬人化アンパンマンですが、アニメ中盤からをはるみち主役として見たときはとっても深くて美しいストーリー性を感じます。まぁえろ発言もさり気なくしてましたが。

以前目の前ではるみち風美少女同士のまじちゅーを見してもらったことが百合スキーとしての自慢です。

偶にはらしくない事も。 

October 31 [Tue], 2006, 23:24
KENTARO KOBAYASHI LIVE 『POTSUNEN』
KENTARO KOBAYASHI LIVE POTSUNEN 2006 『○〜maru〜』
 DVD 2枚組
 2007年1月17日発売
 税込¥5,000(税抜¥4,762)


でったーー、でましたーーー。というか出ます。ソロ公演。あぁ嬉しい。2枚組で出してくれると信じていたYO!SAY♪人だよってねー、テレレレッテレー、テッテレ。
たのしみー。

LOVE SICK 。 

October 22 [Sun], 2006, 6:09
きみの声も終わりの音も聞
こえない振りで走り続けた
僕はとうとう何も聞こえな
くなっていたからきみが手
をつないでもとの暖かい場
所に連れ戻して殴って罵っ
てくれるのをこうやってま
た待っています。
知らない女に冒されながら
正直でも誠実でも潔癖症で
もない僕は君を脳内で同様
に愛しました。
今日も夢の中で猫みたいに
雨みたいに子供みたいに大
人みたいに甘えてきてくれ
れば僕はもうそれだけでま
るで夢のように幸せです。


ストリングス。 

October 19 [Thu], 2006, 20:47
籠ぴか久しぶりに見た…


手帳をつけることにしました。
可愛かったのでなんとなくとっておいた初回レントゲンのシールを貼ってみました。2002年3月27日と書いてあります。
私のなかでこれを超えるアルバムには一生出逢えないと思うしそれでいいと思っています。

 ―貴方の隣に居る彼は 実は存在すらしていないかもしれない―

コーラスが厚くて、沢山の声が聴こえる。

 ―ああ おかしくなりそうだ―


何も届かないまま掴もうともせずにただ眺めていた風景と色彩。
形の無いものだけを残して無音と一人きり。
想いには羽根があるからもう何も怖くないといって笑った気がした。

しろい脳みそ。

Shout at the GOD。 

October 18 [Wed], 2006, 18:18
ハイドさんは朝生まれなんでしょうか。関係ないでしょうか。



息の根止めておけばよかったなんて思うだろうあの朝に!



確かにアレは彼への信仰を断ち切った最初のものとして紛れもなく彼の唯一の失敗作であり、アレが地上で煩く叫んでいる通り失敗作を産み出してしまった事実は完全であるはずの彼の支配が崩れだした現実を示す欠片の一つだったのだろう。
しかし彼の悲劇は初めてミスを侵したことでも自らが衰えていくことでもなく、ただ憎むべき失敗作が同時に彼の最高傑作であったことだ。
アレを殺せない。盲目な民ならいくらでも…美しい声が彼を罵倒する。
こぼれるような澄んだ瞳で彼の異常な欲望を暴き立て天を仰いではまた叫ぶ。至上の歌声を殺せない。
アレはいつしか白い体に羽根を宿しこの地に彼を引き摺り降ろして笑うのだろう。暴力的に美しい声で冷たい瞳で。彼はその日を怯えながら待ち望んでいる。初めての痛みを与えられるために。


「アレは本当に失敗作だったのか…?」








++++++++++

最高傑作の美しい反逆者に罵詈雑言吐かれて永遠の様な支配を終わらせられたらそれは神様にとってある意味一番幸せなのではないでしょうか。それとも神様なんてほんとは居なくて狂っているのは「アレ」の方なんでしょうか。この歌詞一番すきです。

タモリステーション。 

October 14 [Sat], 2006, 13:30
テレビでカレスー!可愛いー!
「それではラルクアンシエルでカレスオブビーナスです」
(きゃあ゙あ゙ああぁぁぁああ!) ←この人たちの気持ちがよく解りますね。
Mステ観覧いつか受かりたいです。
短かったけど、ねっとりこっくりでとても素敵で御座いました。なかなか上手かったし。
カレスサビはまぁいつも上手いですがそれよりAメロのギトギト感がたまりません。
楽器もカラヲケじゃなくなったら楽しいのにね、タモステ。
なんかこのおっさんら久しぶりに見たなと思うと泣けてきました。
出ると分かってるものに出るだけで感極まるのは久々です。
3年前のカレスを思い出しました。

ハイド氏の髪がふわふわになってて超可愛かった。さらに顔がでかく見えるけど。ふわふわ似合います。
それより全身真っ黒スーツにアネモネちゃんっていうケン様がありえないくらい素敵でした。様つけちゃいます。
はーしあわせだ〜。
ぐらまら映像が流れてぼーっと見てたはいたんが急に「あ、おれだ!」ってゆって急に照れたのが面白かった。アレは恥ずかしいよね。上手い人ぶって。カラヲケの音すらカズさんなのに。
あ、ヲタ間で物議を醸していたらしいハイドの日焼けですがなんか別にふつうでした。というか40近い男の肌のことで重要文化財が失われたかのような騒ぎになるということが凄いと思います。あんたすげーよ!

こっこは美女ですね。
くうたんとあゆがちさくて仲良しっぽくて可愛かった。

月の光は、愛のメッセージ。 

October 10 [Tue], 2006, 7:33
ニュースでつるっと言った「自殺しても何の解決にもならない」なんて有り得ないことでむしろ全てを解決します。後悔もしなくてすむしいじめもなくなるし、望もうと望むまいと復讐できる。
「生きていれば何かいいことがある」のは当然だけどそんな漠然としたものと現実を比較してこの言葉に希望を見いだせるのは今が楽しい人だけ。
「生きたい人が生きれないんだから生きなければいけない」なら死にたい人が死ねなかったら死ななければいけないのかと。
「自殺なんてただの甘えだ」は正にその通りですがちょっとくらい甘えてもいいじゃん。
メリットもデメリットも決定的なものは何もないから冷静に天秤にかけるだけで自分が我慢しても遺族が哀しむのが耐えられないなら生きればいい。転校したくなったらすればいい。自殺企図希死観念で精神科入院もやってみたかったらやればいい。死にたかったら死ねばいい。

kiss in the dark 。 

October 09 [Mon], 2006, 2:28
金曜キャスターめめさん。

うーん、可愛い。
準備サイトの動画が恐かったから劣化したのかと思ったけどちゃんと可愛かったです。もうほんとーに可愛い。髪が長くて生気がない。
そして見事に萌え要員っていうかうなずき要員っていうか、
村「はいそれでは参りましょう!」
こっくし☆
村「次は○○のニュースです」
こっくし☆
って君は何をしにきてんの?
毎度のことながら彼女の隣にきた人は問答無用で顔デカ低身長に見えてしまって不憫です。遠近がキモイ。

何が恐いってキャスターのブログが始まるみたいなんですけど…間違っても変なこと言い出さないように頑張って頂きたいと思います。どーかなにゆえ、おねがいします(白百合いちご)。

ニュースはスパモニがすき。


 メリア。
↓出没場所↓
1125東京
1126東京
0820大阪
0819大阪
0627広島
0625岡山
0620高松

↓みくし↓
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=7413995

2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる