どうなるの?

February 06 [Mon], 2006, 23:31

 今の会社の社長は大の中国好きで、今まで向こうの大学で奨学金を設立や企業との研修生派遣など、中日友好事業にかなり貢献して来たと思います。一昨年年末頃か、長年の腰痛で何回も転んだりしてつい通院生活が始まってから、体調の事を考えて、最後に自分が経済顧問となってた○○省に小学校を建設するためにお金を寄付し、それですべて中国での名誉称号などを辞任したそうです。

 その手続きが進んでいた時、社長は腰痛復発で入院中のため、長年信頼してた現地の中国人Sさんに全権代理を委任したそうです。そして去年秋頃小学校の落成式が行われて、その様子もVCD一枚に収めて送られたそうです。

 ところか、税金関係の申告で、税務署に上述のことを提出することになり、私もVCDの映像を翻訳してまとめてくれと頼まれました。その参考として、社長の寄付金の使い道に関する希望という資料と、代理人Sよる実費メモが添付されてあって、メモには寄付金(およそ3LDKマンション1軒分)の内訳にあたる大筋なものを書かれています。

 しかし、VCDをPCで再生して見る限り、映像も音声もかなりあらくて、小学校所在地の地名とかは良く聞き取れなかったです。ニュースで放送される(と思われる)位なら、新聞もきっと出てくるのではと、私はインターネットで調べる事にしてみました。

 そこで、小学校は希望の市の郊外あたりでなく、○○鎮○○村という田舎で建てられたとわかり、さらに調べてところで、所用資金もただ寄付金1/20しか使っていなかったと現地の報道などから裏づけできる資料も見つかりました。

 確かに話が聞いたのと随分違ったと思ったけど、私はあまり深く考えず、まずその小学校が寄付金で建てられた幾つかの学校の一つということで第一稿の訳文を提出しました。その時、貧しい農村でより多くの校舎を建ったほうが都市部で1校建つよりずっと有意義だとも自分で納得したりしました。

 しかし、社長がまとめた文章をみて、すぐ私を呼び出して、金額の確認などをされました。どうも、代理人のSさんが何千万円の寄付金の1/20で田舎の小学校を建てて、その残りのお金を横領した可能性は極めて大きいのようです。
 
 「もっと調べてください」と言われて、お金の振込先も受領人のことも...詳しいことが明日また教えてくれるけど、でも、こんなひどいこと、ありえるのですか。本当であれば、中国人としても人間としても私はかなり怒りを感じてます。もし本当だったり、かなりの罪になると思いますが…汚い手口!恥です!摘発すれば一発的中じゃない?でも、社長がSもかなり向こうでコネのある人で、とりあえず詳しく調べようと。

 私に事情経緯など全部知るわけないけど、でもあまりこのようなことに巻き込まれたくないのも本音ですが...
  • URL:http://yaplog.jp/sweetday/archive/628
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
*花うさぎさんへ

詳しい話はこれ以上blogで言いにくくなるけど、私もこの2〜3日ずっと矛盾な気持ちでいます。もし税務署に何の資料も要らなかったら、うちの社長も一「大善事」をした気分で、幸せな日々を過ごせるでしょう。けど、こんな事となって、信頼している人に裏切られ、ガッカリするし・・・金額も手数料レベルじゃなく、9割以上「私嚢」になんて・・・本当は「廉政」専用ホットラインのようなところに一発摘発してやるともできるならすっきりでしょうけど、立場的にそうはイケませんしね。
February 08 [Wed], 2006, 9:09
*えこらさんへ

昨日さらに振込先や受取人などの細かいことで調べましたが、私の直感だと、ほぼ間違いなく「貪汚罪」になると思います、もちろん一人でできないことだけに、共謀者もいるでしょう。けど、社長はその人との繋がりも複雑なもので、どこまで追及したいかイマイチ不透明です。変に「打草驚蛇」でもしたら、かなり面倒そうなことになるのではと心配しますが。
February 08 [Wed], 2006, 8:56
花うさぎ
私も以前、そういうのを発見してしまったことがあります。
私がいた会社の取引先だった日本にある中国の会社の出先機関が間違って私のところに請求書を送ってきたんです。

そこから、その会社ともう一つの中国人がやっている舟会社の担当者が、ありもしない経費を請求しあっているのを見つけてしまいました。それも合わせるとかなりの金額。そうやって口裏合わせて、会社のお金を引き出しあっていたんでしょう。

そのどちらの会社の社長も一緒に食事をしたりして知っている人だったので、一瞬教えてあげよう、と思いましたが、結局気がつかないふりをしてしまいました。

いまでも、それでよかったのかな、と思ったりします。
February 08 [Wed], 2006, 8:56
*銭衝さんへ

本当にこんなことを目にしたりするたびに、非常に残念に思います。私も一応ありのまま提出しました。

けど、相手は私というほぼ特定的な存在がいるのもよく知っています。電話を受けたこともあります。だから、これ以上騒ぎにならないように口止めでも何かの手を出すとしたら、私まで辿り着くのが早い気がしますので、その辺は結構不安に感じますね。はい、頑張ります:)
February 08 [Wed], 2006, 8:46
えこら
jasmineさんの怒りを読んでちょっと安心しました。
中国ではこのようなことは当たり前に行われていると思っていたもので。
翻訳者として透明なフィルターに徹することができるといいですが、私のような日本人に中国のビジネス感覚が進んでいることを知らしめることにもなると思うので、徹底追求できるといいですね。
February 08 [Wed], 2006, 8:37
残念ですが、このようなことはまま起こりうるようですね。Jasmineさんの「あまり巻き込まれたくない」というお気持ちもよくわかります。私が同じ立場でもそう思うだろうなあ。でもまあ私なら翻訳者に徹して、ありのままを上司に上げる……それしかできないでしょうね。頑張って下さい。
February 07 [Tue], 2006, 22:07
P R
2006年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
export_start AUTHOR:sweetday TITLE: {$BlogEntryTitle$} STATUS: Publish ALLOW COMMENTS: 1 CONVERT BREAKS: __default__ ALLOW PINGS: 1 PRIMARY CATEGORY: {$BlogEntryCategory$} DATE: {$BlogEntryDate format="%m/%d/%Y %H:%M:%S" language="us"$} ----- BODY: {$BlogEntryBody$} ----- EXTENDED BODY: {$BlogEntryExtend$} ----- EXCERPT: ----- KEYWORDS: ----- -------- export_end e_num_start{$BlogArchiveCount$}/e_num_end