プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sweetbox930
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
お土産〜 / 2005年05月14日(土)









彼からお土産をもらいました。
一つ一つ鞄から出して渡してくれたんだけどこんなにたくさん買ってきてくれるなんて期待してなかったからすごくビックリ
渡してくれてわたしが喜んでそれを見て嬉しそうに微笑む彼。"But, I'm not done yet!"と言ってはまたお土産を渡してくれました。それが計10回くらいあって驚いたけど楽しかったし嬉しかった

まず左の写真から。
これは3つともスカートです。
タイのバンコクで買ったそうです。東南アジア風のスカート。
今度おそらくバリに行くのでその時にたくさん活躍しそう
仕事用のスカートが欲しくて彼と探したことがあった。その時は良いのが見つからなくてあきらめたんだけど。まさかそれで買ってきてくれたのかな??嬉しいけど仕事にははいていけないよう

右の写真。
ネックレスが二つと指輪が二つとピアスが一セット。
そしてボディクレンザー。
以前わたしが彼と一緒の時にラッシュでフェイシャルクレンザーを買ったんだけどその値段に彼は「高い!」と驚いてた。それで買ってきてくれたんだって。「これでキレイになって!…じゃなくて維持して!」と言ってました(苦笑)

誰かに何かをプレゼントする時って相手のことを考えて何がいいかなーこれがいいかなー?ってすごく考えるよね。そういう気持ちを考えるとすごく幸せな気分になりますね
 
   
Posted at 17:16 / favorites / この記事のURL
コメント(0)
大事なネックレス / 2005年05月05日(木)






写真は今まで彼からもらったネックレス。
わたしはネックレスが大好きでたくさん持ってるんだけど、持ってるものがどんどんどんどん錆びていくんだよね。シルバーだからしょうがないんだけど

でも「シルバークリーン」というものがあると聞いて早速買ってみたよ。値段は500円くらいだったかな。あと拭く布も買いました。それは400円くらいだった。
シルバークリーンという液体に2,3秒ネックレスを浸してすぐに水で洗うとあら不思議!買った時と同じくらいキラキラに戻った!彼とも「もう付けられないね…残念。せっかくもらったのにごめんね」って言ってたからまた付けられることがとっても嬉しい。
21世紀だもんね、シルバーの輝きを取り戻すことなんて簡単なのかしら?
とにかく良かったです〜
 
   
Posted at 19:30 / favorites / この記事のURL
コメント(0)
nine months / 2005年05月05日(木)






出演:Hugh Grant,Julianne Moore
監督:Chris Columbus
原題:Nine Months
:ストーリー:(allcinema onlineより)
小児精神科医のサミュエル(グラント)は、長年同棲相手のレベッカ(ムーア)から、突然妊娠を告げられる。あまりに急なことで彼はうろたえるが、レベッカは産むつもりで、サミュエルもしぶしぶ同意。しかし、ふとした行き違いから彼女は家を出てしまう。次第に新しい命を育むことの大切さに気づいていくサミュエルは、レベッカのもとに向かい許しを請うと同時にプロポーズ。やがて臨月の“9か月”がおとずれる。

*
たまたま目に留まったので借りてみたらかなり良かった!わたしにはまだまだ子どもを産むのは早いからこういう話はずーっと先のことなんだけどね。
やっぱり男の人は突然「あなたの子どもができた」とか「あなたはパパよ」なんて言われても男の人の体にはなんの変化もないから実感するのに時間がかかるんだね。でも妊娠して自分の体がどんどん変わっていって、つわりで苦しい思いをしたりイライラしたりするのは妊婦。そういうことをもちろん実際に分かることは無理だけど、いたわってあげることってほんと大事だよね。精神的にも不安だろうし。

いろいろゴタゴタがあるんだけど最後はハッピーエンド。
映画を観て良いなあ、わたしもこういう時は来るんだろうかって一人考えちゃった。そしてむしょうに彼に会いたくなったよ。でも彼はまだラオスなんだけどね・・・。早く帰ってこーーい!
 
   
Posted at 19:11 / movie / この記事のURL
コメント(0)
NY式ハッピーセラピー / 2005年03月20日(日)







主演:アダム・サンドラー、ジャック・ニコルソン
監督:ピーター・シーガル
原題:Anger Management
:ストーリー:(allcinema onlineより)
ニューヨーク。幼い頃からいじめられ、気弱のまま成長してしまったデイヴは、今では恋人リンダと幸せな時を過ごしながらも相変わらず優柔不断で本音が言えない人生を送っていた。そんな彼はある日、飛行機の中で隣の男の迷惑な行動が発端となり、乗務員からあらぬ疑いをかけられ逮捕されてしまうのだった。後日、裁判へ出廷させられたデイヴは誤解を解くことも出来ず、判事から怒り抑制セラピー=“アンガー・マネージメント”の受診を命じられる。そして、彼は仕方なくセラピストの診療所を訪れるが、何とそこにいた医師は、あの迷惑男バディだった。

*
アダムサンドラーの映画を観たい!と思って借りたのがコレ。
いやー、かわいいです今ではBen Stillerよりスキかもしれない!アダムサンドラーLOVE同盟でも作ろうかと考え中(笑)

この映画は笑いっぱなしでした。観終わった後「グースフラバー」が頭から離れなかったよ(笑)最後の落ちとかは微妙なんだけど、全体的に笑えるし、何も考えずに見れて良いんじゃないかな。

昨日観た「ストーカー」もそうだけど、邦題が微妙。もっと良い題名つけられないのかな??まず第一に「NY式」っていらないよなあ…(苦笑)まあ、日本人向けだからね。この題名が引きつけられそう、なのかな??
 
   
Posted at 21:20 / movie / この記事のURL
コメント(0)
ストーカー / 2005年03月19日(土)






出演: ロビン・ウィリアムズ
監督: マーク・ロマネク
原題:One Hour Photo
::story::(allcinema onlineより)
プリントショップに勤める独身の中年男が、お得意さまのある家族に理想を抱いて妄想に耽るようになり、やがてはストーカー行為へとエスカレートしていくさまをスリリングに描いたサイコ・サスペンス。
サイはディスカウントショップの一角にある写真現像カウンターに20年以上勤める仕事熱心な男。1枚1枚の写真を真心を込めて仕上げ、お客には常に笑顔で対応する。中でも常連客のニーナとその家族はサイにとって特別な存在。彼女は夫ウィルと一人息子のジェイクとの3人で何不自由なく幸せに暮らしている。それはサイが現像する写真からも見て取れた。そう、サイはこの家族がこれまでに現像した写真を密かに自宅に飾っていたのだった。孤独なサイは、彼女の家族に理想を抱き自分を重ね合わせるようになっていた。やがて、その思いはエスカレートしていき次第に常軌を逸していく…。
*
邦題からとてもハラハラするような話を期待してたんだけどそんなにハラハラする映画ではなかったです。「ストーカー」という邦題がついてますがストーカーという行為よりも主人公の寂しさや孤独、「家族」というものへの憧れの思いに注目です。

おまけの知識
"Snapshot"とは元々、準備を極めず、獲物目掛けて素早く射る狩りスタイルの一種を指す。Shot(ショット)は撮る、射る、攻撃、打つ、ドキッ、などである。Snap the fingers(指を鳴らす)でも知られる動詞の Snap(スナップ)には、ピーンと張られていた糸(神経)が何かの切っ掛けでプツッと切れたの語意で、突然堪忍袋の尾が切れたり、「え、あの人が」と一驚されるような人物が突然、途轍もない行動で爆発状態に陥った状況表現によく使用される。
(http://trine.hp.infoseek.co.jp/onehourphoto.htmlより)
 
   
Posted at 16:37 / movie / この記事のURL
コメント(0)
離婚弁護士 / 2005年03月08日(火)
--再放送中--
4月から「離婚弁護士2」が始まるらしい!
《cast》 天海祐希、玉山鉄二、ミムラ、
((story))
大手弁護士事務所(大田原総合法律事務所)で企業間の橋渡しをする渉外弁護士として活躍していた間宮貴子(天海祐希)。弁護士としてさらなる飛躍をめざし、同僚の広澤善之(竹之内豊)と独立の手筈を整えた。ところが彼女を待っていたのは広澤の裏切りと大田原総合法律事務所の悪質な営業妨害だった。一緒に働くはずだった優秀な弁護士と顧問契約をするはずだった企業を一気に失った彼女は今まで経験したことのない「離婚問題」を取り扱うようになる。
*
時間がある時再放送を見てます。テンポがちょっと普通のドラマと違っておもしろいです。カメラのアングルや動きもちょっと普通のドラマと違くて新鮮。それに、天海祐希さんもとってもかっこいい!はまります。2が楽しみ。

わたしは4月から渉外弁護士の先生達と働きます。このドラマのような案件ではないのであまり参考にはならないのかな?だけど、今まで足を踏み入れたことのない世界なのでこういうドラマを見ると少し垣間見れた気持ちになって安心します。
 
   
Posted at 18:24 / favorites / この記事のURL
コメント(0)
Jack Johnson×Ben Stiller / 2005年03月08日(火)
海外のアーティストのwebsiteってスゴイですよねPVが見れたり、曲が全部聴けたりするんだもの!Jack Johnsonのオフィシャルサイトでも全部ではないけど、PVが見れます

いろいろ見てたらなんとわたしの大好きなBen Stillerを発見!!
http://www.jackjohnsonmusic.com/musicDetail.asp?galleryId=43
左下にtrack listがあるのでその中の"Tayler"を見てみてください結構おもしろいですよ

ハワイで撮影されてるんだけど、やっぱりきれいですね
 
   
Posted at 10:07 / music / この記事のURL
コメント(0)
スパニッシュアパートメント / 2005年03月01日(火)
L' AUBERGE ESPAGNOLE
THE SPANISH APARTMENT
邦題:スパニッシュアパートメント
主演:ロマン・デュリス、ジュディット・ゴドレーシュ、オドレイ・トトゥ 
*story*(all cinema onlineより)
パリで暮らす25歳のエリート学生グザヴィエ。将来への不安を感じつつも確たる意志も持てず漫然と日々を過ごしていた。そんな彼は、親に紹介されたエリート官僚から就職に有利になると勧められ1年間バルセロナへ留学することに。そして間もなく、恋人マルティーヌとのしばしの別れを惜しみながらも現地へ旅立った。やがて、バルセロナに着いたグザヴィエは、苦労の末に新しい留学生活の住まいとなるアパートを見つける。そこにはスペイン、イギリス、ドイツ、イタリア、デンマーク、ベルギーといういずれも国籍の違う男女6人の学生が暮らしていた。こうしてグザヴィエの騒々しくも楽しい共同生活の日々が始まった。

サイトつながりのお友達、xianchanさんのオススメでずっと前から見てみたかったんだけど、毎回貸し出し中だったのでもふら〜っと寄ってみたらあった!早速見てみたよ。

わたしはいつもラブコメばかり見てるからこういう映画はなかなかオススメされないと発見できないかも。観てる時、主人公に共感したり、あんまり共感できかったりしてたんだけど最後は
爽やかな気持ちになりました。恋、友情、自分探し。わたしは留学をしたことがないから分からない部分もあるんだと思う。留学したことがある人は自分と重ねてもっと思い入れることもできるんじゃないかな。

いろんな国の人との共同生活って映画のようにケンカとかあると思うけど、おもしろそう。英国人の子の彼が来るって知った時のみんなの助け合いが心に残ってます。また観たい1本です。
 
   
Posted at 19:35 / movie / この記事のURL
コメント(0)
Alex & Emma / 2005年02月23日(水)
久しぶりに映画を観た!ビデオを借りたのは3ヶ月ぶりくらいかもしれない。

今回はAlex and Emmaを観ました。
邦題:あなたにも書ける恋愛小説
主演:kate hudson, luke wilson
*story*(all cinema onlineより)
かつて結婚恐怖症をテーマにした小説で一気に華開いた新進作家アレックス。その彼も今ではスランプに陥り借金もかさんだ挙げ句、取り立てに来た連中に商売道具のパソコンを壊される始末。アレックスは、30日間で小説を書き上げるからと、何とか返済の猶予をもらう。期限内に小説を完成させるため、口述筆記を思いついたアレックスは速記係を雇うことに。やって来たお堅いタイピスト、エマは、アレックスが弁護士と偽っていたことで警戒するが、本の内容が“恋に魂を抜き取られて苦しむ男の話”と聞いて興味を持ち、仕事を引き受けるのだった…。

映画の構造が良かったと思います。現実→小説→現実と行き来してうま〜く両方が関わりあってておもしろかったです。kate hudsonもかわいかったし◎
 
   
Posted at 20:19 / movie / この記事のURL
コメント(0)
Mt. Fuji / 2005年02月22日(火)
わたしの家の周りには山はありません。彼の故郷のアメリカに行って自然が豊かで本当に驚きました。山があればサイクリングやキャンプ、ハイキング、冬にはスキーが楽しめるんだよね。すごくうらやましくなったよ。

でも、うちの家からもある山だけ、見えるんです。
それは富士山!
さっすが日本一高い山だね。特に母が喜んでいて富士山が見えると「華、写真、写真!」と言ってはわたしに写真を撮らせます。今日も夕日と富士山がきれいでした。

この写真じゃ分からないよね…





これだと微妙〜に分かるかな?実際はもっと大きく見えるんですが写真だと小さくなっちゃう。
とにかく、この富士山は大好きだし、貴重な景色の一つ!小学校4年生の時、あの頂上まで行ったなんて自分でも信じられません。もう登れないけど、良い思い出!
 
   
Posted at 17:30 / favorites / この記事のURL
コメント(0)
  | next  
 
Global Media Online INC.