100日目&お食い初め 

July 10 [Mon], 2006, 9:23
早いもので、るーたんが誕生して100日目を迎えました過ぎてみるとあっという間。夢中で過ごしてきた100日間。私も一生懸命だったけど、るーたんももちろん一生懸命大きくなってくれました。
無事ここまで大きく育ってくれてありがとう。また一つ節目が増えましたね。
記念写真は撮らなかったけど、夕食の時に立派なお食い初めの食卓を用意してあげました。
離乳食が始まっても使えるように、スヌーピーの離乳食用食器を用意し、お赤飯、塩揉みしたきゅうり(香の物の代わり)、里芋の煮っ転がし、いわしのつみれ汁をで用意し、メインディッシュの鯛の姿焼きは夫の会社のお客様のお店で作ってもらいました。料理屋さんで用意してくれた鯛は60センチもどもある立派なものほどよく塩がかかっていてしっぽはピンと立っていて。周りには紅白のかまぼこ、梅のシロップ漬け、伊達巻が添えられていて、更におめでたさUp
ハイローチェアを少し起こして角度をつけ、るーたんを座らせて始めてテーブルもセット。その上にお子さまランチ状態のお赤飯や煮物を並べ、鯛の大皿をその前のテーブルにドン
るーたんは…イマイチ意味不明状態
これからもおいしいものをたくさん食べて、好き嫌いなく、健康に育っていきますように。

3ヶ月です☆ 

July 02 [Sun], 2006, 22:49
今日でめでたく生後3ヶ月を迎えたるーたん。
今朝は7時にとっとが起きるまでぐっすり。
「今日も夜中に起こされること無く朝までぐっすり眠れた〜
ここ数週間、もう2階の寝室で夜中におっぱいやミルクをあげたことがありません。眠る前、9時〜10時頃におっぱいとミルクをたっぷり飲ませて、おむつを替えてあげるとたいてい朝までねんねしてくれます。
階下のリビングに下りて、おむつを替えるとごきげんにおっぱいを欲しがらないので先に私が朝食を摂ると、食べ終える頃に
「お腹すいたー
と泣き始めたのでおっぱいをあげます。飲ませ終わってげっぷをさせ、布団に降ろしたらいつのまにかかわいい寝顔になってました
その間に洗濯をして部屋を片付けて。外はせっかくのいい天気。そうだ、お散歩に行ってみようベビーカーにるーたんを乗せて出発歩いて10分ほどの私の実家と、更に5分ほどのけんちゃんのいとこのを周ってゴール。
午後から、毎月2日に撮影している「生後○ヶ月」の記念写真を撮影とってもごきげんだったのに、夕方になると時々やってくるたそがれ泣き抱っこは重いし、寝かせると泣くし…そこで、仰向けに寝た私のお腹の上にるーたんを寝かせてみたところ、腕の力ががすとんと落ちて、すやすやと寝息が可愛い寝顔を見られないのは残念だけど、いい方法かも。
今日は日曜日なのでお風呂はとっとと入る日。大好きなお風呂に大好きなとっとと入れて、るーたんは嬉しそう
今、るーたんは隣の寝室でとっとと仲良くねんねしてます。眠る時はおしゃぶりが必需品になってしまったるーたん。夜限定の必須アイテムです。このお陰でぐっすり眠れてるのかな?さっき育児日記を読み返したら、2ヶ月に入ってから夜中に起きることがなかったようです。今までは夜になると階下からミルクセット(ポット、ミルク缶、ミルトンケース)をわっせわっせと移動していましたが、今日は思い切って下においてきました。また一つ楽になりました。
こうしてるーたんはどんどん大きくなっていくんだね。あんまり早く大きくならなくていいよ。しばらくは今のかわいいるーたんを見ていたいから。

初山 

June 30 [Fri], 2006, 16:22
「初山」…地元の浅間神社に初めてお参りすることです。
旧暦の6月1日の早朝、子供に浴衣を着せてお参りに行く行事です。
今年は6月26日に行われました。
実家の母がお宮参りの着物と同時に買い、肩上げ、腰上げもして前日に届けてくれたのはかぶとむし、てんとうむし、せみの絵がプリントされた可愛らしい浴衣。るーたんもその浴衣が気に入ったのか、浴衣を見るとにっこりと笑います。
当日は朝5時に目覚ましをセット。アラームが鳴ってもつい「あと5分…」なんて思っていたらるーたんが泣き始めました。
「ちゃんと朝ごはん食べてから行くんだからおっぱいちょうだいよ
とでも言っているみたい。私は飛び起きてるーたんにおっぱいを飲ませると、手早く身支度をしてるーたんをリビングへ連れて行きました。
「さぁ、ここで浴衣に着替えるよ〜」
浴衣を見せるとやっぱりにっこり。この夏は着せる機会があれば何度でも着せてあげよう。
肌着の上から浴衣を着せ、三尺をしめるとなんて立派な男の子それも、ちょっと昔な感じの…(^^;
チャイルドシートにるーたんを乗せ、とっとの運転でイザ出発山の上にあるから一番近い浅間神社には、既に何台かのが停まっています。お払いを受ける頂上へは更に歩いて向かいます。ぱらぱらとの降る中、るーたんを私が抱き、とっとが傘を差しかけてくれます。
頂上には小さな鳥居があり、その中に向かい合って神主さんが二人立っています。るーたんのお宮参りの時にお世話になったけんちゃんの同級生の神主さんにまたお会いしました。
お払いをしてもらい、お神酒をるーたんに飲ませる真似をします。お金を供えてお供物をいただいたらおしまい。お供物は紅白の塩釜でした。
山を下りると、後から後から浴衣を着た子供達がお父さんやお母さんに手を引かれてやってきます。
少しタイムスリップしたような、不思議な光景でした。
この日は特別出店とかはなく、早朝5時〜8時までで終了でしたが、市内で1番大きな浅間神社では7月第3土曜日に出店も立ち並ぶ盛大なお祭りがあるようです。
また浴衣を着せてるーたんを連れて行こうと思います。

乳幼児健康相談 2回目 

June 21 [Wed], 2006, 16:09
月に1度の乳幼児健康相談に行ってきました。
今回は休日の重なったとっと(お父さん)も一緒です。
前回で勝手がわかっているのですんなりと受付を済ませ、呼ばれたら身長と体重をはかっていただきます。体重は前回より830g増えて5208g。身長は4cm伸びて56.2cm…えるーたんは生まれたときの身長が45cmだったから、2ヶ月半で11cmも伸びちゃったのこんなペースで伸びていったら、チェ・ホンマンみたいにでっかくなっちゃうかもなんて余計な心配をしたりして(・・。)ゞ
健診を終えて個別相談に呼ばれるまで再び待合室で待つことに。すると、前回も一緒になった、るーたんより2週間ほど早く生まれた女の子を連れたお母さんの姿が。私は嬉しくて声を掛けました。るーたんはずっととっとの抱っこで静かにいい子。私は女の子をお母さんと色々お話をさせてもらいました。
しばらくして個別相談に呼ばれると、とっとはるーたんを私に預けて先にに戻りました。母親と保健師さんだけの独特の空間には入りづらかったようです。
前回の教訓を生かして、今回は聞きたいことや気になることをメモして母子手帳に張っていったので、保健師さんはそのメモを見ながら答えてくれます。お陰で心配だったことも解消され、成長曲線も平均値に収まり、すくすく成長していることが確認できました。
次回は7月の第3水曜日。るーたんと同級生の子には会えるかな?

育児講座 

June 18 [Sun], 2006, 11:22
6月17日の土曜日に、市民センターで市立病院の小児科医の先生による講習会がありました。タイトルは『子供の急病時にはどうするの?』。無事るーたんを産んだものの、これからいつ病気になるかわからないもの。まだ口の利けない赤ちゃんのためにも勉強しようと、10ヶ月の女の子をもつママ友と一緒に参加してきました。
市立保育園主催の講習会なので、子連れの場合は保育士さんが預かってくださいます。当初るーたんは私が抱っこして講義を聞くことになっていたのですが、よく眠っているならということで、借りたお布団の上にねんねさせてもらえることになりました。さすがに1時間半抱っこする体力は無かったと思うので助かりました
自らも3人のお子さんをもつ先生はまだ30代後半くらいと熱心な先生で、パソコンで作った資料をスライド投影しながら説明してくださいました。熱や咳が出て、家で様子を見てもいい場合・早く受診した方がいい場合を具体的に説明しながら、合間合間に風太くんや先生の地元・静岡から見える富士山の写真を挟み込むなどの演出もあり、講義はあっという間に終わりました。
子供が病気をするのは当たり前のこと。小さなうちから少しずつ色々な病気を経験して強くなっていくのだと改めて教えられ、病気をするのは恐いことではないのだと思いました。また、銚子市では夜間小児急病診療所というものが今年の4月に市立病院内に設置されました。これは小児科を地域の主要病院に集約しようとする国の方針に逆行するもので、本来なら銚子市内に住む私たちの子供が夜間に病気になったら車で20〜30分ほどかかる隣市の総合病院へ行かなくてはならないのですが、市内にも小児科のある総合病院があるのに、急病の子供を近くで診られなくてどうする、という講師の先生を一とした多数の先生方の熱意で設置されたものだそうです。今子供のいる私たちにはとてもありがたいことです。
少子化だからこそ、いつでも子供をじっくりと診てくれるが近くに必要なのだなぁと思いました。

乳幼児健康相談 

May 19 [Fri], 2006, 7:56
先日、ママ友のKちゃんから教えてもらった健康相談に行ってきました。毎月第三水曜日に市役所の向かいにできた「保健福祉センター すこやかなまなびの城」で無料の相談会が開かれていて、身長や体重をはかってもらえるということで、日々るーたんの成長の気になるさくらは早速出掛けてきました。
ロビーでまず3ヶ月の男の子と2ヶ月の女の子に会い、ひと月ごとの成長の違いをお互いの母親どうしで確認しあいました。3人並べると徐々に大きくなっていてるーたんの1ヵ月後、2ヵ月後を想像してしまいました。そこで会った3ヶ月の男の子のママにコミュニティーセンターで開かれている「すくすく教室」を教えてもらったので、そこにも申込してきました。ただ、近所の小学生とのふれあいなど、首がすわってからの方が参加しやすいプログラムだそうなので、るーたんはもう少し先まで待つことにしました。
2階に上がっていよいよ健康相談です。おむつ1枚のほぼはだかんぼうにして体重を量り、次に身長を測ります。結果は体重は生まれたときより1500g増えて4300g。身長は・・・3週間前の1ヶ月健診より3mm減って52.2mm測り方の違いですよね…体重が増えていれば問題ないと言われました。
その後部屋を移動して保健士さんとマンツーマンで健康相談です。些細なことでも聞きやすく、とても丁寧に答えてもらえて安心しました。次回は気になることをメモして行こうと思います。
赤ちゃんを連れたお母さんともお話できたし、るーたんが大きくなっていることも確認できるし、ぜひ毎月行きたいと思います。ただ、今回会えた赤ちゃんは全員るーたんの先輩。4月2日に生まれたるーたんの同級生になる赤ちゃんには、次回会えるかな

お宮参りに行ってきました! 

May 08 [Mon], 2006, 8:51
昨日の日曜日、お宮参りに行ってきました。
正式には男児は生後31日目、女児は32日目にお宮参りをするらしいのですが、家族の都合や赤ちゃんの体調、天気などを考えるとなかなかその通りにはいかないものです。でも家族が揃って新しく増えた家族の健康をお祈りできれば多少ズレてもいいですよね
我が家で5名、私の実家から両親が来て総勢7名で、まずは記念写真の撮影に出発まずは着物を掛けたるーたんを私が抱っこして全員で撮影。その後夫と私と3人で。それから着物をベビードレスに変えて、真っ白なレースの大きめクッションにるーたんを乗せて一人で撮影です。一人の写真はちゃんと目を開けた写真が良いとのことで、るーたんを起こすことに。ところが全く起きないのですまず、カメラマンさん(女性)がけたたましい鳥の鳴き声のような、ターザンのような声で驚かしますがぴくりともせず。ほっぺをつついたり、写真屋さんの家族の7歳と4歳の女の子たちが周りで声を出したりおもちゃで音を出してみても全く動じず。最終手段としてほっぺに冷たいタオルを当てられましたが、それでも…(-"-;仕方が無いのでぐっすり眠っている写真を撮っていただきました。
その後自宅近くの八幡さまにお参りに。事前に電話で祈祷の予約をしておいたので、初めて神殿に上がってお祈りしてもらいました。ちなみにその時の神主さんは私たち夫婦の中学時代の同級生でした。
ところでこの時、祈祷のお礼を包んで行ったのですが、祝儀袋を前にしてなんと書いたらいいのか悩んでしまいました。祈祷してもらうのだから『御祈祷料』?それとも他に何かあるのかな?そこで物知りな伯父に聞いてみると『神饌料』という言葉を教えてもらいました。『神饌』とは神に供える酒や食べ物のこと。神様にお願いするのだからその代わりの料金でいいんじゃないの?ということでこの言葉を記入していきました。また一つ新しい言葉を学びました。
祈祷の後は食事会です。これは大人だけがご馳走を食べたりお酒を飲んだりするだけですが…銚子という土地柄もあり、鯛の焼き魚にキンキの煮魚、お刺身、牡蠣や海老の酢の物、お寿司と海のものがめいっぱいテーブルに並びました。昨日で何匹の海老を食べたか知れません。
こうしてお宮参りは無事終了しました。るーたんの成長の節目が新たに加わりました

3日目に。 

April 23 [Sun], 2006, 10:13
入院中は何かとスケジュールがたてこみます。私本人も、家族も。
私としては初めて母になった身体を労わることが先決。なるべく身体を横にして、できるだけ睡眠をとってでも、寝ようと思うとなかなか眠れないのです。でも、今思うとるーたんと同室になる前に無理にでも寝ておくんだったと思います私の出産したは中1日空けて同室になるので、午前1時45分に出産した私はほとんど2日間は自分のペースで過ごせたわけです。でも神経が昂っていたのか、骨盤や腰がきしんでうまく寝返りをうって好きな体勢で眠れなかったせいか、あまり熟睡できませんでした。
片や家族は赤ちゃんが無事産まれたことを親戚などに知らせると同時に、お菓子屋さんに「ぼたもち」を注文し、配らなくてはなりません。出産後3日目に近しい人にぼたもちを配る風習があるためです。これは昔、栄養状態のよくなかった時代に、「お母さんのおっぱいがよく出ますように」と貴重なもち米、小豆、砂糖をつかったぼたもちを母親に食べさせ、縁起物として周囲の方々にもお配りしたという流れのものです。しかし現在は栄養状態もよく、逆に「甘い物は乳腺を詰まらせる」とのことで『ぼたもち禁止令』を出しているもあるとか。でもこのではとくにそういった通達もなく、風習を重んじる実家の母たちは「ぼたもちを配る人リスト」を作って配り歩きました。私の家で配ったのは、双方の両親の兄弟の家だけです。ぼたもちはあまりたくさん配らない方が良いそうです。というのは、「ぼたもちを持って行く=赤ちゃんが生まれたからお祝い頂戴ねっ」という催促になるからだそうです
それから、大安など日のいい時にはお見舞いの方が多く見えます。その時、帰りにお茶菓子と飲み物を一まとめにして持ち帰っていただきます。病室ではのようにおもてなしできないので、その代わりです。そのお菓子などの準備も家族が行います。赤ちゃんが産まれてから買い物したり袋に詰めたりするので、スピードが要求されます。予定日が近くなったら日持ちのするお菓子を予め用意したりできたのですが、2週間も早く生まれてしまったため家族はあっちこっちへ奔走していたようです
でも私はまだ歩くのもままならない状態で、横になっているしかなかったのです…。家族に甘えっぱなしの入院生活です。

出席番号1番確定!? 

April 14 [Fri], 2006, 16:44
へ着くと、早速内診。子宮口は指1本半。
「帰ってもいいし、入院してもいいですよ」
と言われたらもちろん「入院させてください」と言いますよね
痛みと痛みの間に一気に階段を上がり、用意された部屋へ。旦那さんが二人の母に連絡を取り、義母が実家の母を乗せて来てくれることに。ベッドに横になるとだんだん痛みが増してくる。母達がいつどうやって部屋に来たのかよく覚えていないくらい。いつの間にか義母は帰っていて、夜11時頃から本格的な陣痛がやってきました(と私は感じている)。お腹の子は出てきたくて出てきたくてたまらないみたい。でも今日生まれたら究極の早生まれ。それでもいい。この子が選んで生まれてくるのだから。っていうより早く楽になりたい〜夜12時。看護師さんが様子を診に来ました。
「あと1時間したらまた来ますね」
1時間も我慢するのそれからはさらに修羅場。とても間隔の短くなった陣痛の度に母は私の腰をさすり、旦那さんはママパパ学級で教わったいきみ逃しの呼吸法に合わせて私の肛門を押さえます。そして私は母の脚にしがみついたり、旦那さんを蹴飛ばしたり。そしてようやく午前1時。看護師さんが内診しようとすると、私があまりにも暴れるので分娩室で内診することになり、痛みの谷間に走るようにして分娩室へ。でも、結局そのままお産に入ってしまい、外で待っていた旦那さんは「分娩中」のランプがついて義母に電話をし、「今分娩室入ったから」と言った瞬間産声があがったという状態でした。内診のために分娩室に入って45分後に、私たちの愛息子、るーたんは産まれてきたのです。

今は産後の養生中。おいおい入院中の出来事などを書き込んでいきます

いざ、いざ!! 

April 14 [Fri], 2006, 16:05
4月1日の早朝から前駆陣痛があり、へ行ったものの全然子宮口が開いておらずそのまま帰宅。でもその日はもともと診察を受けるよう先生に言われていたので朝の9時に再度へ。子宮口が指1本分開いていたようなのですがそれではまだまだ。分娩室でNSTを当ててみたもののまだ陣痛ではないとのことで再び帰宅することに。から帰宅後、ベッドに横になりながら「ひっひっふ〜」と市役所のママパパ学級で教わった呼吸法で痛みをごまかしていられたのは夕方まで。小腹が空いたのでキッチンへ下り、朝食べ切れなかったメロンパンをホットミルクと一緒にと思ったら立っていられないほどの痛みがなんとか椅子に座って痛みの間隔を測るとまだ10分以上。痛みと痛みの間にパンと牛乳を流し込んでやっとこさっとこ2階のベッドへ。義母のゆみちゃんが帰宅し、もう少し様子をみることに。携帯のデジタル時計を見ながら痛みの間隔を記録していくと、9時前には5分間隔に。本当は10分間隔になったら病院へ行くんだけど、もしまた帰されたら…と思うとなかなかふんぎりがつかない。でも。もうダメへ電話すると「入院の支度をして来てください」と。
大きな荷物を抱え、家でお風呂に入るつもりで用意していたパジャマを紙袋に入れて玄関を出る。靴を履きながら、「次にここに来る時は一人じゃない」という気がしていました。
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像さくら
» 100日目&お食い初め (2006年07月29日)
アイコン画像ななっち。
» 100日目&お食い初め (2006年07月25日)
アイコン画像さくら
» 3ヶ月です☆ (2006年07月15日)
アイコン画像Zizi
» 3ヶ月です☆ (2006年07月06日)
アイコン画像ななっち。
» 3ヶ月です☆ (2006年07月05日)
アイコン画像さくら
» 3ヶ月です☆ (2006年07月04日)
アイコン画像ななっち。
» 3ヶ月です☆ (2006年07月03日)
アイコン画像さくら
» 育児講座 (2006年06月20日)
アイコン画像ななっち。
» 育児講座 (2006年06月18日)
アイコン画像さくら
» 乳幼児健康相談 (2006年06月18日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sweet_7_cherry
読者になる
Yapme!一覧
読者になる