奄美大島〜2日目〜 

July 12 [Thu], 2007, 21:31
今日の空は曇っていました。明日帰れるか心配な感じ。

一日、車で好きな所に連れて行ってくれるパックを旅行前からオプションで頼んでいたので、カヌーと金作原原生林に行くことにしました。
亜熱帯地域で見られるマングローブを初めて見て超感動!!
また夢が叶いました。写真を撮りまくりましたが、遠くからではちょっと分かりにくいです。 カヌーを降りて、陸になっている所で静かにしているとシオマネキと言う白い蟹が、穴から百匹ぐらい一斉に出てきて茶色い当たりが急に真っ白になります。ドタバタ走ってみると、さっと穴に逃げてしまいました。

そこに落ちているマングローブの一部の木の種を持って帰ってます。弟喜ぶだろうなぁ。

カヌーを楽しんだ後、コーヒーとパッションフルーツを頂きました。『ギリギリやったね。台風が近づいてるから、もうボートを片付けてるみたい。』と言われました。
ラッキーだった反面、帰れるか心配になりました。

それから鶏飯と言う島の名物を頂きました。

他の観光客の女の人二人も合流して、金作原原生林へ向かいました。

奄美大島への旅 

July 11 [Wed], 2007, 20:50
わかまみと奄美大島に行って来ました。出発前日から台風。行きの飛行機では、天空の城ラピュタのようなすごい雲の間を通り抜けて行きました。雲の中は風も少しきつかったです。
ホテルに着き、まず大島紬村に行くことになりました。長ズボンだったので、太ももまである長靴を履きTシャツを泥の中で染める泥染めをしました。泥の手触りが気持ちよかったです。
後で雑誌を見直すと泥染めを教えてくれた口下手なおじいさんがかなり大きく載ってたので驚きました。
それから、ホテルに戻り、夕方からすぐ前にある温かい内海で貸切状態で熱帯魚と泳いだりしました。わかまみは泳げるので結構深い所まで行ってしまったので、一人で波打ち際で打ち上げられた死体ごっこしてました。道行く人が驚いてこっちを見てるのを見てました。
晩御飯はデラックスコースにしたせいか、豪華!大満足でした。


でも夜は、何故か寝苦しく全然寝れませんでした。

こうして一日目は、無事大満足に終わりました。

誕生日ぱーてぃー! 

June 15 [Fri], 2007, 11:07
6月は、16日が誕生日の私も含め、私の周りに何故か誕生日の人が多いのです。

12日は、11日が誕生日のわかまみのぱーてぃーでした。
中華料理のバイキングを食べに連れて行ってもらいました。
写真は、そのトイレにいた住人。

以前は向かい合わせで座っていると、段々鼻先10センチの所まで近付いてきたらしいのです。今は、壊れて動かないと店の人が説明してくれました。


14日の深夜では、21日に仕事を辞める先輩(30日が誕生日)と私が最後の同じ深夜だったのでパーティーをする計画を立てていました。深夜は三人でするので、もう一人の先輩にそのことを伝えると、『その日、私の誕生日よ。』と言うことで、三人の誕生日パーティーが行われました。

辞める先輩がおいしい所のケーキをバイクで買って来てくれました。型崩れしていますが、美味しかったです。
三人の平均年齢を出し、27本のロウソクにつける火がなかったのでロウソクは、形だけ。

いくつになっても誕生日は、特別な日なのです。

紀香魂 

June 11 [Mon], 2007, 22:33
“紀香魂”本屋でふと見掛けて買ってしまった。
一気に読んでしまったが、読んでいると藤原紀香って本当にすごい人だなと思った。

完璧主義らしい。

そして嫌な、納得がいかないことが起こっても『腐らず、ふてず、前向きに。』『“負”のパワーに飲まれず、光輝いてないと』とという考えは、私もいつも心がけていること。
ある先輩が『あんたは白やから、絶対汚れたらあかんで。』と言ってくれた言葉もずっと忘れず心の中に残っている。
だから、嫌なことがあっても買い物など好きなことをして、出来るだけ限界まで自分で何とか対処している。

最近は対処できずよく泣いてしまうことが多いのだが。



本には陣内との結婚までが書かれていたが、私はその後のページの‘世界’と言う所の方が色々考えさせられるものがあり、面白かった。
今は仕事で精神的に余裕がないから無理だと思うが、いつか藤原紀香のようにアフガンやカンボジアなど世界の戦争でいつ死ぬか分からないような所で暮らしている人々を知りたいと思ってしまった。命の大切さを改めて学び、また、今の自分が悩んだりすることや大変で嫌になったりする仕事が何てちっぽけなものなのか知ることができるだろうと思った。

最強ドクター 

June 10 [Sun], 2007, 2:50
最近、テレビで名医のドキュメンタリーが多い。
観るのは結構好き。
今日も準夜終わった後、ビデオに撮っていたのをちょっと観る。

この脳外科医は、毎日朝5時に病院に行き、患者のオペ記録のビデオを編集するそう。
手術の時に使うかも知れないからだ。

…すごいと思った。

自分が自己の成長も兼ね、糖尿病の勉強会を依頼され、『やることがいっぱいで嫌なんです!』と泣いていたことが何てちっぽけなことなのか、とても反省してしまった。



もう寝よう。





準夜の後のお楽しみ! 

June 04 [Mon], 2007, 6:05
準夜が終わって、2時頃よりサーファーNSのRちゃんとご飯。

やっぱり最近の趣味の話に花が咲きます。


5時頃解散しましたが、もう朝日が見えていました。

何をどうしたらそうなるのか。 

June 03 [Sun], 2007, 21:08
深夜で先輩に、洗濯機事件のことを話していたら、『あるある〜!ショックよね〜。』と言ってくれました。
でも、洗濯機の上の棚が斜めになってて棚の上に置いてた洗濯機の説明書がなくなっている話をしたら、『一体何をどうしたらそうなるのか。』と逆に問われました。


その言葉は昔からよく人に言われる言葉であり、また私の永遠のテーマであったりします。

今日も明けでお昼寝してから、紙くず処理に追われています。コロコロしてたら段々楽しくなってきたりもします。

クリーニング屋でこんなことがあったら、かなり大事件となっているでしょう。どうするんだろうか。
…なんて色々考えながらもう一時間が経ちます。




写真は日勤終わって、急に食べたくなり、フラッと立ち寄ったサーティーワンのアイス。

朝からまた事件発生! 

June 01 [Fri], 2007, 21:21
今日は仕事が休みなので、大好きな洗濯をしました。
シーツや、でっかいイチゴのマットなど洗濯機がいっぱいになるまで入れ回しました。

終わった後、見てみると…。


何か紙くずかテイッシュの様な物を一緒に回したのでしょう。
埃まみれ様になってしまいました。

どうすればいいか分からず、ただボーゼンと立ち尽くしましたが、私がやらないと誰がする!

と考え、急いで玄関の外に持って行き、はたきました。どんどん小さくなった紙切れは増えます。

誰かに見付かったら怒られる!と、急いでホウキで掃き、それを繰り返し、結局一時間くらい潰れました
(;_;)

洗濯機の中のゴミも掃除機(小さくて細長いやつ)そのまま突っ込んで、吸いましたが洗濯機の中に穴があいているせいか、吸えず、テイッシュで取って洗濯機の槽内洗浄ボタンとやらを初めて押してみました。
棚の上に置いてた洗濯機の説明書がなくなっていました。もしかして説明書が洗濯機の中に落ち、粉ごなになってしまったのかも。。

色々機能が付いている洗濯機を買ったのに…ショック(;O;)。。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sweet-impact
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
みんなからのこえ
アイコン画像ママ
» 誕生日ぱーてぃー! (2007年06月15日)
Yapme!一覧
読者になる