晚年の子供 

December 04 [Sun], 2011, 21:10

いらいらいら 

November 06 [Sun], 2011, 15:25
u-irairasuru-

なにもしないでお金払って平気なのかと
じゃー、さっさと帰れということなのか
帰ったらなんで帰るのーというくせに
うーん よっぱらってるからってもうすこし気をつけてほしい
いっしょうけんめいやってもめんどくさいていうし

よのなかみーんなじぶんかってだなって思う
そうおもうじぶんもじぶんかってなんだけど

めいわくはたっぷりかけてるけどそれはしってるけど
いらいらすんなーーー

zakki 

June 26 [Sun], 2011, 6:49
やることはやまほどあるんだけど・・・

ひっさびさにMixiを覗くと、
みんな充実していそうで、
わくわくどきどきした

うらやましかったり、
へこんだり、
じぶんがわからなくなったりもする

うらやましいのをうらやましいと言えない
うらやましいからってまねてみることもできない
こんなふうにしたらださいかな
こんなやつだとおもわれたくない

どこまでも意地っ張りで
格好良くみられたいんだ、わたしは。
それでいていつも不安でいっぱいなのもわかってもらいたいと思っている

だから、いっしょうけんめいがんばって
つっぱって生きていくっていうほうをえらんでいるんだけどね


じぶんのいきかたはきらいじゃない
がんばってるっておもう

だけどひび、うまくいかないことがやまほどあると
じぶんなにしてんのかなーっておもう


みとめられたい
ほめられたい
じぶん、そこそこやれてるっておもいたい

うまくいかないのはどうしてなんだろう
てをぬいているから?
どりょくがたりないから??
どうしてみんなはうまく、ちゃんとできているんだろうか・・・・
うーーーん、へこむ!!

ともだちとわいわい
だいすきなひととのんびり
そんなせいかつ、わたしだってしたい

けっきょくこういうがむしゃらないきかたをえらんでいるのはじぶんだし、
きらいじゃないんだけどねーーーー

あー、しごとしごと

ひさびさの 

May 15 [Sun], 2011, 21:23
ひさびさの投稿
うだうだしている毎日
でも、このくらいのペースでもいいのかな?
手を抜きすぎかな?

お偉い格好よいTHは自己犠牲ではないと言っていたと本に書いていた
私は好きに生きていると思う


連休中、ひさびさに美術館に行って、
一人で満喫。
写真は絵画よりも生々しく、
撮り手の気持ちがぐいぐい迫ってきたり、
または、それが気になって仕方がない
とっても苦しい時間だった

そして芸術とはなんと自分勝手なことだろうと思った
好き勝手に世を切り取り、自分の思いをそこに投影しているにすぎない
だけどそれに心動かされ、
結局はとても充実した時間を過ごしたと心底感じている私・・・・

すげぇなぁ・・・・


でもやっぱり絵画の方が好き・・・

ひさしぶりに良い時間を過ごしたなぁ




こんな趣味を理解してくれる友達に会いたくなった
会いたいと思える大切なお友達がいる
大事にしたい

でも日々の仕事も手を抜くわけにはいかない
もっともっと上手に生きられたらいいのに


もう少し、これまでとは違う方向に重心傾けてもいいのかな・・・・
(重心のしんって心なんだね)

・・・ 

July 06 [Tue], 2010, 23:15
たまーに起こるこんな感じ
どきどきわくわくそわそわ
そしてぽつん・・・

ぐわぁーとあそびに走りたくってたまらない
(現実逃避)
しかし足元にみる
(現実主義)

いつもここへもどってくる
じぶんのいきる道はどこだ


ぶわぁーっと突っ走ったり
ぽわーんと流されてみたり
若いってすばらしい


若さを理由にしちゃいけない

おくりびと 

May 03 [Mon], 2010, 12:13

2008年 滝田洋二郎監督 本木雅弘・広末涼子
前半気持ち悪くなったけれど
いい映画だったなぁ・・
悲しいわけではなく、せつないわけでもない
感動という感覚でもない
でもほろりと涙がながれた
私はあんなに夫を支えることはできないし
ひとつ夢を捨てて新しいものに熱中しようという気も(今は)起きない
夫も妻もいさぎがよい!

百万円と苦虫女 

May 03 [Mon], 2010, 12:06

2008 タナダユキ監督 蒼井優主演

就職浪人中の鈴子は、アルバイトをしながら実家で暮らしていた。彼女は仲間とルームシェアを始めるが、それが思いも寄らぬ事件に発展し、警察の世話になる。中学受験を控えた弟(齋藤隆成)にも責められ家に居づらくなった彼女は家を出て、1か所で100万円貯まったら次の場所に引っ越すという根無し草のような生活を始める。

うーん・・・ちょっと期待外れだったなぁ・・
私だってあんな放浪生活してみたい!
いいだろうなぁ、楽で。
身の上をさらさなくてはならない、自分と向き合わなくちゃならないころにちょうど100万円たまっている。
人生はそんなサイクル・・結局向き合わずに生きていくのか
弟くんへのメッセージとは乖離しているじゃないか
加害者にはまっこうしょうぶするくせに。

ピエールさんが素敵だったなぁ・・

クラッシュ 

May 03 [Mon], 2010, 12:01
2006
ポールハギス監督
サンドラブロックなどなど

ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。日常的に起きる事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購入し、アフリカ系黒人の若い2人は白人夫婦の車を強奪。人種差別主義者の白人警官は、裕福な黒人夫婦の車を止めていた。階層も人種も違う彼らがぶつかり合ったとき、悲しみと憎しみが生まれる。その先に、あたたかい涙はあるのだろうか。


人種差別。
映画好きの女性からのご推薦で観てみました。

この領域の映画はあんまり見ないから、
いつもとは違う悲しみを思う
人種まで大きなテーマじゃなくても、
差別はやっぱり身近にあるのだ
人の目が怖いという人は、
その時その場では被害妄想と言われてしまう現象かも知れないけれど、
本当にそのような目線を送られてきたかもしれない

すべての人がつながっているという構造がおもしろかった

BOY A 

January 03 [Sun], 2010, 22:59
2007 イギリス
監督:ジョン・クローリー
出演 : アンドリュー・ガーフィールド 、 ピーター・ミュラン 、 ケイティ・リオンズ 、 ショーン・エヴァンス 、 シヴォーン・フィネラン

イギリスの若手作家ジョナサン・トリゲルの同名小説を、ジョン・クローリーが映画化。
ジャックの幼いころは、家庭は不安定、母はガンにおかされ、学校でもいじめにあっていた。フィリップという少年に出会い、いつも一緒にいた。満たされない思いから少女を殺害。共に収監されたフィリップは先に他界(おそらく施設内で殺害されたのだろう)。退所後、ケースワーカーの中年男性テリーの指導のもとで新しい人生を歩み始めた彼は、運送会社で働くことに。職場の仲間に恵まれ、ミシェルと親密になる。真実を打ち合けたいが打ち明けてはならないと言われている。恋に苦しむ日々。テリーが息子以上にジャックを手にかけているため、嫉妬心からすべてをばらしてしまう。・・・・ジャックは自殺してしまう・・・。



ひじょうに暗く重い少年犯罪者のお話。
案の定、私は夢で苦しんだ。
大きな過ちは一生つきまとうのだ。
「スタートライン」は、近くに。何度でもチャレンジできるというけれど、
実際はそうでもないんだ。
犯した罪は大きい。
だけど、それには理由があるんだ。
秘密を抱えて生きていくこと、苦しむこと、それが彼の受けた罰なのだ。



2010年 

January 03 [Sun], 2010, 22:53
ともだちに会う
ひさびさに会えてうれしかった
みんなそれぞれに事情を抱えている
私は一生懸命生きていると
大きな声で言うことができるけれど

ともだちが、
昔の彼女だったら信じられないような経験をしていて
やっぱり会うたびに
私は全然成長していないな、と思ってしまう

こんなに頑張って生きていると思うのに



今年の目標:
去年は周りが見えず、
ただただがむしゃらに
押しつぶされないように走ってきた
今の自分はいやではない
だけど今年はもう少し心穏やかに
頑張る外側は変えず、
むしろもっともっと誠実に、真面目に、貪欲に
だけど心にはもう少しだけゆとりをもって
しなやかに生きたい
余暇は楽しむこと
いっぱい遊ぼうと思う
1W1本の映画を
もっと自分を磨こう

去年はひとつ目標を達成したのだから
もう少ししなやかに、しなかやかに
恋愛をしようと思う
P R
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sweeno-sweena
読者になる
Yapme!一覧
読者になる