俳優の小島秀哉さん死去 「渡る世間」など

December 11 [Sun], 2016, 7:22
経済産業省原子力安全・保安院は13日、日本原子力発電に対し、廃炉作業中の東海原発(茨城県東海村)の廃炉計画申請書で過去にあったデータ入力ミス問題の再調査を文書で指示した. 同社が再発防止の最終報告を出した後、また誤りが見つかったという. 3月13日までに報告を求める. 日本原電が2006年に申請した内容の誤りが10年にわかり、同社は原因調査と再発防止の最終報告を昨年9月にまとめた. ところが保安院が一部を抜き出して確認したところ、放射性物質などに関する計算データに誤りが多数見つかった. 同じ放射性物質なのに複数の半減期を記したり、同じコンクリートなのに、密度が違う条件で計算したりしていた. 大相撲の立浪一門は9日目の打ち出し後に一門会を開き、名称を「春日山・伊勢ケ浜組合」に変更することを決めた. 15日に北の湖理事長に報告する. 横綱白鵬や大関日馬富士らが所属する同一門は、看板名跡だった立浪親方(元小結旭豊)の離脱に伴い、新名称を模索. かつての「立浪・伊勢ケ浜連合」から「伊勢ケ浜一門」とする案や、1月の理事選で当選した前春日山親方(元幕内春日富士、現雷親方)の名称を取る案など、意見が分かれていた. 小島秀哉さん(こじま・ひでや=俳優、本名小嶋秀哉〈こじま・ひでや〉)が17日、右腎がんで死去、78歳. 通夜は18日午後7時、葬儀は19日午前11時30分から大阪府吹田市桃山台5の3の10の公益社千里会館で. 喪主は弟利信(としのぶ)さん. 広島県呉市生まれ. 松竹新喜劇を結成した曽我廼家十吾(そがのやとおご)に弟子入りし、1953年に新喜劇入団. 藤山寛美と共に「下積(したづみ)の石」「人生双六(すごろく)」など数々の名舞台を務め、「下積の石」(68年)で芸術選奨文部大臣新人賞を受賞した. 77年に新喜劇を退団し、小沢昭一さん主宰の芸能座に参加. 舞台のほか、テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」などでも活躍した. 今年5月にあった坂東玉三郎さん主演の舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」に出演予定だったが、体調不良で降板した.